So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
飛行機プラモ ブログトップ
前の5件 | -

三沢にF-35を見に行ってきました。 [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

今日は歯医者さんの帰りにちょっと足を延ばして三沢にF-35を見に行ってきました。
今年(2018年)の1月下旬に航空自衛隊三沢基地に次期主力戦闘機であるF-35Aの1機目が配備されました(当ブログの記事はこちら)。

すぐにでも実機を見てみたいという衝動にかられましたがその後仕事が忙しくなりなかなか実現できずにいたのですがちょうど今日は日米合同のF-35を使った訓練が10日から行われていてアメリカ海兵隊のF-35Bも加わりF-35の遭遇率はUP[グッド(上向き矢印)]しているはずです[黒ハート]

見学場所は三沢基地(三沢空港)に隣接する”大空ひろば”です。
ここは県立三沢航空科学館の隣にある無料開放の公園です。

1-IMG_6823.JPG
公園内には退役した米軍機や自衛隊の機体が展示してあります。
奥に見えるのが県立三沢航空科学館で入館料がかかりますがここ大空ひろばは無料。


1-IMG_6818.JPG
F
-4EJ改も展示されています。
模型製作の時の参考にとここの展示機の中で目ぼしいものはすでに写真撮影済みです。
監視の目が行き届かないので一瞬だけなら柵を超えて機体下の撮影なんかも・・・

今日は途中で仕入れたお弁当を食べながらの見学。
天気も良く到着時にはすでに空自のF-2、T-4練習機、米軍のF-16などが頻繁に離発着を繰り返していました。
ここに来る途中でも運転している車内から目の前をF-16が3機飛び立つのを目の当たりにしていたのでもうテンション上がりっぱなしです。 

見学といっても今回は撮影機材はiPhoneだけだったのでF-35を見ることができたとしてもうまく撮影することもできないのでなるべく肉眼でその雄姿を楽しむつもり。

今回の合同訓練にはアメリカ海兵隊岩国基地所属のF-35Bが8機と空自三沢の虎の子のF-35A1機の計9基のF-35と空自浜松基地の早期警戒管制機1機に千歳のF-15が4機、三沢のF-2が4機参加しているようです。


しかしF-35以外の戦闘機は頻繁に上空を飛び交っているのですがお目当てのF-35の姿は見ることができずあきらめて駐車場まで戻ると隣に停車中の車からエアバンド(航空無線)の音が聞こえてきました。

ちょうど最近、フライトシュミレータ―に嵌っていてまたエアバンド熱に少し火が入って来ているので車に乗っていた方に使われているエアバンドラジオのこととかいろいろ聞いていたらどうやら3時にF-35が見られそうだとの情報を教えてもらいました。

「小牧を予定通り離陸したらしい」との情報も・・・小牧?なんで小牧から飛んでくるの?と不思議に思っていたら本当に3時になったら上空にF-35が飛来!(あぁやっぱりエアバンドラジオ欲しい!)

F-2との音の違いは私にはさっぱりですが一目見ればその独特の形状ですぐにわかります。

あぁ、これがF-35かぁ~とちょっと感動[たらーっ(汗)]


慌ててiPhoneで動画撮影(ここでの撮影は逆光になるので良い機材をもったカメラマンは周辺にいません)


この動画に映っているのは海兵隊所属のF-35Bです。

フェンス際で一緒に見ていた年配のご婦人はF-2の方がかっこ良いと言っていましたが確かにF-2とかユーロ・タイフーンとかシルエットはいかにも強そう・早そうにみえますね。

私の中ではフランカーが最強なのですが・・・・


実はこの動画撮影の直前に空自のF-35Aは着陸して我々の目の前を格納庫へ向けてタキシングして行きました。


1-IMG_6829.JPG
フェンス越しでiPhoneで撮ったのでこんな感じですみません[あせあせ(飛び散る汗)]


帰宅して分かったのですが先ほどの”小牧基地云々”という話なのですが実は今日、まさにこの時間に三沢に2機目のF-35Aが配備されたのです。(もうとっくに複数機配備済みだとばかり思っていました)

午前中に閣議の後の記者会見で防衛大臣が公表したようで先ほどのエアバンドを聞いていた方は私がこの情報を知って駆け付けたものと勘違いされたようです。


実際には今日ここに私がいるのはただの偶然なんですけどね~


こんな画像では機体番号がわかりませんがもしかしたらこの機体が配備ホヤホヤの2番機なのか?

県内の夕方のローカルニュースではF-35の2機目の三沢配備のニュースが大きく取り上げられていました。


ニュースの中で今月(5月)26日にもう5機のF-35Aがアメリカからやってくるとのこと。

う~ん、エアバンドラジオを買ってまた行こうかなぁ~[揺れるハート]

ちなみに欲しいのはこれです。
アイコム 【受信改造済】 IC-R6 広帯域レシーバー

アイコム 【受信改造済】 IC-R6 広帯域レシーバー

  • 出版社/メーカー: アイコム
  • メディア: エレクトロニクス
大体2万円ちょっとで買える人気の機種だそうです。

今持っている中古のオークション品は流石に古いし大きいし・・・・

さてどうしたものか?お財布と相談です[わーい(嬉しい顔)]
なんか買っちゃうパターンだなぁ~


タグ:F-35 三沢基地
nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【ハセガワ】海上自衛隊 哨戒ヘリ SH-60J (1/72)その1 [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。


我が家の上空は海自・大湊基地、空自・三沢基地、陸自・八戸駐屯地所属の各種ヘリやドクターヘリ、防災ヘリ等がよく飛んでいきます。
昨年は三沢に飛来したオスプレイも北海道での訓練に向けて我が家の上空を飛んでいきました。
(この時は下から見上げてもエンジン音と独特の機体シルエットで判別できました)
多分、今回製作する海自の哨戒ヘリSH-60Jも飛んでいると思われます。
ヘリのキットは子供のころにも作った記憶がないのでこれが初体験になるのかなぁ~

SH-60Jは海上自衛隊が護衛艦に搭載する対潜哨戒任務にあたるヘリです。
現在は後継のSH-60Kに徐々に置き換えが進んでいるようですがまだまだ主力機種です。
[かわいい]SH-60Jについて(Wikipedia)


1-IMG_6758.JPG

ベースは米国・シルコスキー社のSH-60Bという米海軍の向けの多用途ヘリだそうです。(愛称:シーホーク)
日本仕様だから末尾に”J"がつくのですが後継機のSH-60Kの”K"は”J”の続番という意味ですが紛らわしいことに韓国軍仕様もSH-60Kと同じ型式名とのこと。(中身は別物)

ハセガワからは1/72スケールでキット化されていますが組立説明書やデカールの表記では1987とあるので海自での導入時期と同時期の発売らしいです。
組立説明書にある実機解説の一文には「1991年から艦上搭載ヘリコプターとして部隊配備する予定・・」とあります。

今から30年ほど前に発売されたキットのようですが海自のSH-60Jのキットとしては別スケールも含めてこのハセガワのキットしか選択肢がないようです。

私は近くの大湊基地での艦船見学によく出かけるのですがヘリ甲板にSH-60Jが着艦している状態での見学は一度もありませんが毎年開催される基地でのイベントでは展示や体験搭乗もできるようです(私は混雑しそうなので行ったことがありません)

前述の通りかなり古いキットなので製作にはちょっと手を焼くかも・・・


1-IMG_6760.JPG

とりあえず機体を合わせてみました。
機体はこのように2分割の最中割りなので合わせ目消しは必須。
最新のキットでもこのような分割になるのかなぁ


1-IMG_6762.JPG

機体底部にあるこの円形部分はHPS-104対水上探索レーダー。
これも一体成型なのでレーダー側面と機体底部色とは別色なので塗り分け必須。
※レーダー下面は機体底部と同一色です。


1-IMG_6759.JPG
付属デカールはこんな感じです。
現在はロービジ塗装の新塗装となっているのでこのデカールは旧塗装用となってしまいます。
新塗装はコーションマークとかは目立たないグレーに日の丸も少し小さめ。

機体番号は01,02で両機とも三菱重工の国内ライセンス生産機ではなく米国からの輸入機に該当。
私はデカールを切り貼りして”21号機”にしようかな?と思っています。
(多分10、12、20号機にもできそう)


【製作開始】

1-IMG_6763.JPG

飛行機キットではまずコックピットからの組立&塗装です。
乗員3名分のフィギュアも付属しますが、さて塗り分けが大変だなぁ~
塗り分けが上手くいったらフィギュアを乗せますが上手くいかないときは乗員なしで・・・


さすがに1/72スケールの飛行機は細かい塗り分けとかがあると大変そうです[あせあせ(飛び散る汗)]

一見すると真っ白な機体のように見えますが実際には機体底部のグレーとの2トーンカラーです。

細部の塗り分けもけっこうありそうなのでちょっと覚悟して取り掛かることになりますね。


ハセガワ 1/72 SH-60J シーホーク #D13

ハセガワ 1/72 SH-60J シーホーク #D13

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
▲今回制作するキットはこれ


最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
 [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

F-35Aが三沢にやってきた! [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。


寒い寒い青森ですがついに三沢にF-35AライトニングIIが配備されたとのことです。

地元紙や地元局のトップニュースで大きく報道されました。

配備初日(2018年1月26日)は我が家周辺は天気が荒れていたのですが
少し離れた三沢の空はそれほど荒れていないようだったのでF-35Aの出迎えに行けばよかったかなぁ。
でも寒いしなぁ[雪][雪]

基地周辺でカメラを構える人たちがけっこういたようですが私のカメラだとちょっと気が引けるくらい皆さん素晴らしい機材をお持ちですね。


ステルス機というだけあって形状だけでなく塗装も渋いですね。
グレーの日の丸がなんだか斬新。

F-35Aは古くなったF-4戦闘機の置き換えを目的に配備されるということですが現在はF-4飛行隊が配備されていない三沢基地に最初にF-35Aの飛行隊(新第302飛行隊)が創設されるようです。

これにより伝統ある第3飛行隊が三沢から配置換えになってしまうのが少し残念です。
発注済の42機のF-35Aの全が三沢基地に配備される予定で近い将来三沢はF-35Aだらけになってしまう?
※F-35AとF-35Bとは単座か複座の違いでなくF-35Bは短距離離陸と垂直着陸で運用するSTOVL機です。
海自のヘリ空母『いずも』の艦載機として導入が噂されています。


この日、三沢にやって来たF-35Aは愛知県の小松基地(三菱重工の工場に隣接)から飛んできた国内組立2号機だそうです。

三沢配備の最初の1機は機体記号(レジ)は”89-8706”でした。

空自の機体記号(〇〇-〇〇〇〇)の振り方を調べたら

最初の数字”8”は受領した西暦の下一桁だそうっですので2018年受領ということ

次の数字”9”は登録順位というものらしくよくわからない分類ですがF-35Aには9が当てられるようですね。

ハイフン”-”の直後の数字”8”は機種区分で戦闘機を意味する8。

残りの3ケタの数字”706”が製造番号で706号機であることが分かります。
初号機が701号機なのでF-35Aシリーズは700番台が当てられるようなので706号機は6番目の機体ということですね。

昨年(2017年)11月に三沢に初飛来したF35Aは機体記号79-8705号機で現在アメリカ本土で訓練中で三沢に2018年度中に配備される残り9機のうちの1機。


私は暖かくなってから訓練の様子を見に行く予定です。(5月頃かなぁ)

実機を見ればキットも欲しくなるんだろうなぁ[わーい(嬉しい顔)]
我が家の上空も時折、米軍のF-16か空自のF-2(下から見上げると同じようなシルエットなので判別出来ない)が爆音をあげて飛んでいきますがF-35なら下から見上げても形状が独特だからきっとわかるかなぁ。


配備初号機が就役したので模型も初号機(701)でなくこの706号機がキット化される日も近いかも?

has02222 1 : 72 Hasegawa F - 35最初II ' JASDF航空機' [ Model Building Kit ]

has02222 1 : 72 Hasegawa F - 35最初II ' JASDF航空機' [ Model Building Kit ]

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
 [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

タグ:三沢 F-35
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ダンケルク」 [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

1-IMG_6601.JPG
映画「ダンケルク」のレンタルが始まったので早速借りてきました。


ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray
今年公開された戦争映画の中で最も期待されていた作品がこの「ダンケルク」だと思います。
ミリタリーモデラ―の方や戦史に詳しい方ならダンケルクの戦いといえば説明しなくてもいいくらい有名な話。
第二次世界大戦の序盤、ドイツ軍の電撃戦の前にフランスは陥落寸前。
フランス国内でドイツ軍相手に奮戦していたイギリス軍はフランス軍と共にダンケルクの海岸まで押しやられ包囲されてしまう。
目の前に広がる海峡の先はイギリス本国、英首相チャーチルは包囲された40万の兵を脱出(撤退)させるダイナモ作戦を命令。
撤退を阻止しようとするドイツ軍との陸海空での激しい戦いを描いた大作がこの「ダンケルク」です。
でも戦争アクションものとはちょっと違う人間ドラマ。

1-IMG_6603.jpg
ちょうモデルグラフィックス誌でスピットファイアの特集が組まれたこともありレンタル開始日を心待ちにしていました。
そう、映画「ダンケルク」にはスピットファイアが登場しています。
これがなかなかいい感じにスピットが描かれていて「空軍大戦略」以来、久しぶりに”スピットかっけぇ~”となってしまいます。
零戦よりも断然スピット派の自分にはたまらない映画でした。
そこら辺のことも誌上でちゃんと語られています。
しかし「スピット参上、スピット解決!」なんて懐かしい特撮ヒーローものの”快傑ズバット”からの引用なんてわかる人はかなりの大人ですよ。
モデルグラフィックスはここ数年、英国軍特集が定期的に組まれるので個人的には嬉しい[黒ハート]

モデルグラフィックス 2018年 01 月号 [雑誌]

モデルグラフィックス 2018年 01 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2017/11/25
  • メディア: 雑誌
丁寧なスピットの作例記事も読めて大満足な1冊。

作例はこのタミヤの1/48を紹介。

スピットの雄姿をもっと見たいという人はやはり「空軍大戦略」は外せません。
空軍大戦略 [Blu-ray]

空軍大戦略 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
英国本土決戦(バトル・オブ・ブリテン)を描いた超大作。
かなり古い作品、私が生まれた頃の公開ですが今見ても古さを感じないのが不思議な作品。
もうこんな戦争大作は製作できないのかも・・
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

nice!(16)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ 三菱 F-2A ”3SQ 60th ANNIVERSARY"(1/72)を購入 [飛行機プラモ]

こん〇〇は! いつもご訪問いただきありがとうございます[手(パー)]

ハセガワから先日発売された三菱 F-2A”3SQ 60th ANNIVERSARY"(1/72)購入しました。
航空自衛隊 三沢基地の第3飛行隊(3SQ)のF-2A支援戦闘機に飛行隊創設60周年記念塗装のスペシャルマーキング機を再現したキットです。
2016年の三沢基地祭でも一般展示されています。

1-IMG_6404.JPG

垂直尾翼に部隊マークの伝統の”兜武者”が描かれデジタル迷彩の洋上迷彩パターンが採用されています。



キットでは付属のデカールを基本塗装の上に貼るだけであの複雑で緻密なデジタル迷彩が簡単に再現できるようになっています。


1-IMG_6407.JPG
▲キット付属のデカール


1-IMG_6408.JPG
▲デジタル迷彩部の拡大
流石にこれを1/72スケールで塗装再現は厳しいですね。

三沢の第3航空隊にF-2が配備されたのが2001年からだそうです。
私が三沢のすぐそばに引っ越してきた前年からの配備となります。
2016年に三沢のもう一つのF-2部隊である第8飛行隊が九州の都築基地に配置転換となりました。
F-35の国内最初の配備も三沢となるようです。
第3航空隊に配属になるとF-2はまたどこかへ転換?あるいはF-35だけの新設部隊を創設?
そこまでは軍事オタクではないので分かりません[ふらふら]

1-IMG_6405.JPG
ハセガワのF-2キットは通常版といえるE帯のキットも所有(未製作)していて
今回の特別塗装機キットと比べてみました。


1-IMG_6406.JPG

組立説明図を見て一目瞭然。(左:3SQ60th、右:通常のE帯キット)
組立説明図のサイズが違いますが組立手順もランナーもほぼ一緒。
E帯キットはF-2A(単座)、F-2B(複座)のコンバチキットなので一部余剰パーツやランナーがあるものの本当にデカールを差し替えただけらしい。

※3SQ60thキットはF-2A(単座)
どうも同一金型ですね、配備から15年以上経過していて細部は変化(改造)されていると思うのですが・・

これまでF-2だけでもスペシャルマーキング機キットが何度も発売されてきていますがデカール差し替えで対処してこれたのですね。

これはちょっと期待外れでした。

何とか三沢からF-2飛行隊が転属してしまう前に完成させたいなぁ
ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
よろしければポチっとお願いします。
         ↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 飛行機プラモ ブログトップ