So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
飛行機プラモ ブログトップ
前の5件 | -

【ズヴェズダ】Yak-130 ロシア アクロバット訓練機 [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

全く買う気はなく予約もしていなかったのですが・・・

ズヴェズダから発売されたロシア空軍の高等練習機Yak(ヤコブレフ)-130のアクロバット機バージョンの模型を買ってしまいました[わーい(嬉しい顔)](スケールは1/72です。)
1-IMG_7198.JPG
ロシアといえばフランカー・シリーズ戦闘機が大好きな私ですがこのYak-130という機体については全然知識がありません。
このキットはロシアのズヴェズダ(ZVEZDA)というメーカーのものです。
ズヴェズダ社の製品は日本国内ではGSIクレオスが輸入販売していてクレオスのFBページで出荷開始の告知宣伝を偶然見るまでYak-130という機体については全く存在自体も知らなかったのです。

昨年に先行発売されている高等練習機・軽攻撃機バージョンがあまりにもカッコよかったのでアクロバット練習機バージョンのこちらを思わず買ってしまいました(本当に衝動買いです)
※この記事を書いている現在ではこの先行発売済のキットは入手困難でした。
Zvezda 1 / 72ロシア空軍yak-130トレーナーマシンプラスチックzv7307

Zvezda 1 / 72ロシア空軍yak-130トレーナーマシンプラスチックzv7307

  • 出版社/メーカー: Zvezda
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ネット検索などではロシアのYak-130は現在最新鋭の高等練習機であるとか書かれていますね。

この赤いカラーリングとスタイリングは私も製作経験のあるイギリスのBaeホークを使ったアクロバットチーム”レッドアローズ”に似ていますね?
どの国も複座の高等練習機となると外観はこんな感じに落ち着くのかなぁ~

恥ずかしながらキットを購入してから実機の素性を調べることになったのですがネット検索であまりキット製作にの資料になりそうな記事や画像を集めるのことができていません[あせあせ(飛び散る汗)]
そもそもYak-130のアクロバット飛行自体のデータが少なすぎます。
WikipediaでもYak-130の項目中にアクロバットについては触れられていませんでした。(Yak-130のNATOコード名は“ミットン”ということでした)
ただYak-130を使ったアクロバットチームが結成されたという数年前の記事は見つけましたが・・


いいなぁと思った検索画像は丁寧に作られた模型や大型のRC飛行機の画像だったりして・・・
それでもYoutubeにこのアクロバット機仕様の機体の動画がアップされていました。


再生回数がそれほどいっていないというのはやはりマイナー機体ということか?

ほぼ即決で購入と先にかきましたがちょっと躊躇したことがありました。
それはこれまで作ったことのないロシアのメーカーのキットということです。
品質は?組立説明書は理解できるのか?


1-IMG_7212.JPG
ZVEZDAと書いてズヴェズダ(ズベズダ)と読みます。
ロシアを代表する模型メーカーがZVEZDAです。
もし仮にこれが旧ソビエト時代にソ連国内で作られたキットなら品質に問題がありそうなので絶対に買わなかったと思います(笑)が新生ロシアとなって欧州の他国のキットメーカーの技術を取り入れている今ではごく普通の欧州キットメーカー水準の製品を作っているようです。
それでも米ソ冷戦時代に生まれた私にとってはロシア語にはちょっと恐怖を感じるところも・・・


さてそれでは私にとって初のロシア製キットの開封の儀[黒ハート]

1-IMG_7199.JPG
海外キットのパッケージを開けるときはなんだかワクワクします。

このキットはパッケージの下に更に段ボールボックスが・・・

ボックスアートは機体の描写は素晴らしいけど背景がもうちょっと丁寧だとパケ買いするかも・・・


1-IMG_7200.JPG
昨年、Yak-130の通常版(高等練習機・軽攻撃機)版が発売されているので今回のキットは色変えバージョンらしいです。
デカール変更とパイロットフィギュアが2体から1体になっているだけ?


キットのパーツ構成です。
1-IMG_7205.JPG
赤い成型色のランナーが3枚とクリアパーツランナーが1枚にデカールシートが1枚。
この内容なら以前製作したAirfixのキットと変わらない印象です。

ランナーとパーツの接点であるゲートも太い部分もあるけど細い部分もありますが模型製作の鉄則であるいきなりパーツぎりぎりでニッパーを入れない!を守っていれば問題なしですね。


最大の懸念はロシア語?

1-IMG_7206.JPG
[るんるん]組立説明書にはロシア語の小さな文字~(By大瀧詠一:うそ)[あせあせ(飛び散る汗)]
ロシア製キットなので組立説明書は当然ロシア語がメイン表記です。
私、全くロシア語は読めません[たらーっ(汗)]

でもところろどころ英文表記もあるので何とかなりそうですね

グーグルの翻訳アプリでもロシア語の日本語訳ができましたがこれを使わなくても何とかなりそうです。


1-IMG_7207.JPG
このパッケージの商品開設にはパイロットフィギュアの有無の表記がなかったのですが1体分ついていました。
先行発売済みの高等練習機・軽攻撃機版には2体のフィギュアが付属しているようです。

コックピット内部の資料画像がなかなか見つけられません。
飛行姿勢でのディスプレイ用スタンドも付属します。


1-IMG_7210.JPG
組立説明図は製作経験のあるAirfixのものとさほど変わらない?
パーツ同士の”合い”とかは実際に組んでみないと・・・・


1-IMG_7203.JPG
別紙で塗装図とマーキング図(デカール図)が添付されています。

国内メーカーもバンダイ以外でカラー版の塗装図とかはあまり見ないですけど欧州製では時々美しいカラーチャートを見かけます。


1-IMG_7209.JPG
▲使用塗料指示

よくわからない3BE3дA?という文字は”ズヴェズダ”のロシア語表記でした。
カラーに自社番号をふっているというこてゃ模型用塗料も製造しているのかなぁ?
この番号に対するHumbrolカラー(右側)の対応表があるのでHumbrolからMr.カラーに再変換して使用する塗料を決めようと思います。

実際に色味(特に機体色の赤)についてはレッドアローズと比べると全然資料が不足しているのでどうしたものか・・


1-IMG_7211.JPG
▲付属デカール。
1/72スケールなのでコーションデカール類はやたらと小さいです。

ロシア語で書かれていたら上下はもうわからなくなりそうです。

新発売の初回ロッドなのでデカールの劣化はないはずですがデカールの質は全く持って未知数です。


1-IMG_7204.JPG
各国語による注意書きには最後に日本語がありました。

塗料という表現でなく”ペンキ”と書かれていますが塗料とペンキは実際には同意語ではなく全く別物なんだそうです。
使用成分の違いで対候性・耐久性があるのは塗料で模型で普通使われるのは塗料です。
海外では模型用塗料の使用には年齢制限があるのでしょうか?




もう少し資料を集めてみないと製作へのテンションが上がらないかも?って積みプラへの言い訳ですね


最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング
So-netブログユーザーの方のみ下のnice!ボタンをクリックできます。
コメントについてはどなたでも大歓迎です!


nice!(30)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【ハセガワ】F-35ライトニングII 航空自衛隊 臨時F-35飛行隊(1/72)を購入 [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

ハセガワから発売になったばかりの1/72スケールの空自F-35Aを手に入れました。

1-IMG_7190.JPG
ハセガワからはこれまでもF-35のキットは数種類発売されていますが今回は航空自衛隊三沢基地に編成される臨時飛行隊所属機です。(空自初号機についてはすでに発売済)
また導入がうわさされだした空自のF-35B型についてもハセガワさんが妄想設定でキット化するとか・・・

こちらは岐阜基地の飛行開発実験団所属という設定らしいです。


1-DSC00051.JPG
今のところ空自のF-35は予算化した全機全てが三沢基地への配備となるので三沢に近い場所に住んでいる私にとっては買わずにいられないキットです。
いつもの流れだとこのまま積みプラに・・・ということになりそうですが流石に正式配備が始まったばかりのF-35についてはすぐにでも組み立てたい気持ちでいっぱいです。
現在製作中のキットが完成したら順番を繰り上げてこのキットを作りたいですね


キットの中身はこんな感じです。
成型色ランナーとクリアパーツに分かれて袋に入っています。

クリアパーツがちょっと多そうに見えるのはスタンドパーツ用にランナーが1枚あるからです。

1-IMG_7191.JPG
普段ガンプラを見慣れているとちょっと価格の割にパーツ点数が少なく感じます。

1-IMG_7195.JPG
機体そのものは上下2分割の一体成型式ですね。
考えてみればステルス戦闘機なのであまりパーツがごてごてと付くはずがないですね~
パネルラインとかもステルス機なら浅目でいいのかなぁ?あまりスジ彫りをして強調しない方が自然ですかね


1-IMG_7192.JPG
ステルス機のマーキンギは地味なもので基本塗装をした上にこちらのデカールを貼っちゃえばそれらしくなりそうですがデカールでは再現していない塗り分けラインとかもあってお手軽とまではいきません。
グレーの日の丸というのもステルス機いならではです。
なお付属デカールで再現できる機体番号は89-8706と89-8707号機です。


1-IMG_7193.JPG
▲パーツ図と仕様塗料表

機体の基本色はMrカラーの⓭ニュートラルグレーでした。

そういえば臨時飛行隊には部隊マークって無いんですかね~



最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
 よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


nice!(29)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三沢基地(2018/08/22)その2 [飛行機プラモ]

前回からの続きとなります。
米軍と航空自衛隊&民間機との共用飛行場である三沢基地には航空自衛隊のF-2A(単座)とアメリカ空軍のF-16という兄弟機種が展開しています。
それぞれカラーリングや垂直尾翼の部隊マークとかを確認できれば比較的容易に区別できるのですが一旦空に上がってしまうと地上からはなかなか判別しにくいのがこの両機種です。
真下から見ると主翼後端のラインが胴体に対して垂直に一直線に見えるのがF-16で少し斜め(前進角がついている)に見えるのがF-2とか・・・
そもそも機体サイズ自体が若干F-2の方が大きいようですがこれは並べてみても判別できないくらいの差しかないようです。(主翼の面積もF-2の方が大きい)
1-DSC00185.JPG
しかしこのような逆光でしかも主翼形状がよく見えないとさてどちらなのか?
戦闘機初心者の自分にはどうにも手上げです。
なんだかレドーム(機首)が白っぽく見えるのですがそうなると航空自衛隊のF-2なのですが・・・
キャノピーの分割もF-16が2分割なのにF-2は三分割となっていて計器類の上あたりにもう1本分割ラインが見えればF-2です。(画像を拡大したら3分割キャノピーでしたのでこれは空自のF-2Aです。


ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ハセガワ 1/72 アメリカ空軍 F-16CJ ブロック50 ファイティング ファルコン プラモデル D18

ハセガワ 1/72 アメリカ空軍 F-16CJ ブロック50 ファイティング ファルコン プラモデル D18

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



この日は航空自衛隊による三沢基地航空祭向けの展示飛行の訓練でしたがF-35Aの雄姿を見ることができて私はそれだけで満足でした。
青森県では珍しい真夏日ということもありクルマの中でエアコンをガンガンにかけながら持参したエアバンドレシーバーの設定を弄っていたら遠くの方でクルマのクラクションがちょこっと鳴りました。
音の鳴った方を車内から見ると航空科学館のスタッフをされているYさんが手を振って空を指さしてこちらに合図をしてくれていました。
そういえば今日はC-130 が2機飛来すると情報を教えていただいていたっけ[あせあせ(飛び散る汗)]
1-DSC00143.JPG
C-130輸送機は自衛隊も運用していますがこちらはアメリカ空軍所属機です。
よ~く見ると垂直尾翼に星条旗がマークされています。
横田から飛来してきたのかなぁ

私にエアバンドの楽しみを再認識させてくれたYさんに折角の撮影チャンスを逃しそうになった私に「ちゃんとエアバン聴いていたの?」と言われちゃいました[たらーっ(汗)](面目ないです)
なんかいろいろ設定を変えていたらまともに受信できなくなって焦って取説と睨めっこ状態でしたので車外の爆音に気付くのが遅れてしまいました[ふらふら]
今日は手持ちのカメラとレンズでどこまで航空機(戦闘機)に迫れるか?という目的もあったのでなるべく多く撮影して帰りたいところです。

1-DSC00168.JPG
2機のC-130 はまもなく三沢を後にしていきました。
4発プロペラ機の離陸は迫力がありますね~。
大型機しかもプロペラ機という鈍足な機体ならまぁまぁ撮れるかなぁ(あくまでも個人の主観です)

1-DSC00244.JPG
軍用機の離発着の間に民間機も見えるのが軍民共用空港の面白いところで様々な機体を見ることができます。
私はまだまだミリタリーバンド(軍用無線)の聴き取りは不得手なのですが民間機の航空管制のやり取りなら何とか理解できるので三沢は本当にエアバンドの勉強には最適と思います。

アイコム IC-R6 エアーバンドスペシャル

アイコム IC-R6 エアーバンドスペシャル

  • 出版社/メーカー: アイコム
  • メディア: エレクトロニクス
私のエアバンドレシーバーはアイコム社のベストセラー機IC-R6です。
バッテリーの持ちもよく小さくて使い勝手が良いです。
初心者にもおすすめということなのですが....
どうも私はまだ初心者の域にも達していないのかもしれません[がく~(落胆した顔)]

さて三沢基地の訪問記でたびたび登場する航空科学館のスタッフであるYさんですが何度も触れますが軍用機ファンの間ではとても有名な方です。
初対面の時はYさんが駐車スペースに停めていたクルマの中でエアバンドを聴いていいたのでてっきり近くの人が仕事の合間にここで趣味に興じているんだなぁという早合点でお話をしていました。
これが2度ほど続きやがてYさんはここ航空科学館の大空ひろばの監視員(スタッフ)であると気が付きました(本当に失礼しました)
この日はもう何度もお邪魔して顔を覚えていただいていますのでいろいろプライベートなお話を伺うことができました。
Yさんはとても気さくな方で私のような軍用機初心者の馬鹿な質問にも親切に教えてくれます(感謝です)
空自OBのYさんは子供ころから航空機模型を作り続けておられて航空科学館の2Fには三沢に飛来した全航空機(軍用機)の1/72スケール模型を展示されています。
訊いたところ今でも月に2機ペースで制作されているとのこと
積みプラの山を日々増やしている私にとってはまさに”ネ申”さまに見えます。
お仕事の休息の合間にこれまで制作された航空機模型の完成写真のアルバムも数冊拝見させていただく機会に恵まれました。
あまりプライベートな話も書けませんがこんな凄い人が三沢にいるんだ!とお会いするごとに驚愕しています。

1-DSC00230.JPG
さてこちらの3機編隊は米軍の電子戦闘機グラウラー(EA-18G)です。
この日は特に米軍のデモフライトの予告はないのですが・・・
1-DSC00241.JPG
こんなのを見せてくれました[黒ハート]

1-DSC00266.JPG
う~ん私のカメラセットでも着陸態勢に入った戦闘機はこのくらいまで撮れました。
まぁ愛好家の方には”こんな程度で”と一蹴されてしまいますがこの程度でも自己満足はちょっとあります。

グラウラーのベースとなったスーパーホーネットのキットは持っていますがグラウラーもいいですね~
でも、ちょっとここは我慢です。

今日はハセガワから発売になったばかりのこれが届きました。
目の前で飛んでいる姿を見てきたばっかりなので珍しく作る気満々なのですが・・・
海自のシーホークの仕掛品を先に作らねば・・・

[ひらめき]お詫び
今回の記事について当初投稿したものを手違いで削除してしまいました。
何とか記事そのものは復元したうえで再投稿しましたがSo-netブログユーザー様から頂いたnice!そしてコメントについては復現手段がなく再現できませんでした。
せっかくのnice!とコメントを頂いた方には大変申し訳ありませんでした。
なおコメントの再投稿まではしていただかなくてもOKです。
また別の記事にていただければ幸いです[もうやだ~(悲しい顔)]

最後までお読みいただきありがとうございます。 
人気ブログランキングに参加していますので 
 よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング
 

タグ:F-35 三沢基地
nice!(35)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三沢基地(2018/08/22) [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

今年の青森の夏は涼しくて過ごしやすいなぁ~と油断していたらここにきて真夏日(30度超え)[晴れ]
そんな暑いなかクルマを走らせて向かった先は三沢基地(空港)に隣接するお馴染みのあの場所です。
1-DSC00177.JPG
青森県立三沢航空科学館・・・の屋外展示スペース”大空ひろば”ですね。
今日は三沢基地所属機による来月に迫った航空基地祭向けの飛行訓練が予告されています。
この日の三沢は今年最高気温だそうで確かに暑かった[たらーっ(汗)]

今日は自衛隊機のデモフライトを前回あえなくギブアップした300mmズームレンズを使っての撮影に再挑戦するのが主な目的です。

1-IMG_7178.JPG
▲これが私の所有する最強コンビです。
本体はSONYのA55でオークションで数年前に購入したものでズームレンズはミノルタ製AF100ー300mmで35mmフィルム用の古いものです。
もう25年以上前に北海道旅行に行く際に購入したレンズで当時はミノルタのα3xiというフィルム一眼に装着していました。
当時は手ブレ補正なんて便利なものはなかったので三脚なしで最大望遠で撮影しようとするとブレまくりで結局殆どんど使わずじまいになっていたのですがSONYのαシリーズには本体側に手ブレ補正機能があるおかげでこちらのレンズも手持ちでもなんとか使えるレベルに......

APS-C規格のA55にこのレンズを装着すると35mm換算で300mm→450mm(SONYの場合は×1.5)と結構な倍率になるのですが古めの本体に古いレンズの組み合わせなので流石に戦闘機のスピードにはちょっと向かない・・・のは重々承知の上であえて限界に挑戦?


青森県内の小中高の始業式は24日ころなのでこの日の大空ひろばには家族連れが予想通り夏休みにもかかわらず少な目(宿題に追われているのかも?)
意外だったのは高級レンズ(超望遠)のカメラを持った航空機マニアの数が全然少なかったことです。
正直私のこのカメラで彼らと並んで撮影するのはちょっと恥ずかしいのでこれはチャンスです!

1-DSC00005.JPG
予告のあった訓練時間前に空自のチヌークが任務から帰還。

まずは比較的近距離に着陸するこれを撮影してみました。

ヘリなので速度は遅いので私のカメラでもなんとか対応できそうです。

こいつはうちの家の上空をよく飛んでいくヤツですね(ここに通うようになって分かりました)

1-DSC00006.JPG
空自のチヌークの格納庫は大空ひろばに最も近くてiPhoneのカメラでも十分撮影できるのですが・・・

チヌークの格納庫の奥手にF-35Aの格納庫があるので着陸後に格納庫までタキシングしてくるF-35Aもここから撮影可能です。


この大空ひろばの監視員のAさんは私がエアバンドを再び始めるきっかけを作ってくれた恩人です。
かなりその世界では有名な方のようで最近私はネットの情報でその事実を知りました。

この日も今日の訓練飛行にはF-35×1、F-2×2、T-4×2の5機が上がるとの情報を頂きました。


早速、爆音を響かせながら離陸直後の滑走路上空を急上昇する機体が・・・

1-DSC00018.JPG
あ~やっぱりこのシルエットは・・・

1-DSC00016.JPG
トリミングでこんな感じまで・・・
かなり距離があるので私のレンズではこれがめいいっぱいですね~
なんか領空侵犯機の超望遠画像みたいになっています。

見慣れてきたらF-35A、かっこいいです[黒ハート][黒ハート]

500mmのレンズがあればもっとましな画像が取れるのかなぁ?
さすがに金額が張るのでお小遣いの範囲で買おうとすると長期にわたるレンズ貯金をしないと買えそうにありません。
今のところ優先順位は低めに設定するしかないなぁ


1-DSC00021.JPG
F-2も続いて離陸していきます。
F-35Aの配備が完了して正式な飛行隊が編成されるとF-2飛行隊は配転が決まっています。

1-DSC00034.JPG
トリミング拡大でこの程度[たらーっ(汗)]


1-DSC00250.JPG
こちらはT-4ですかね


暫くして訓練で上がった空自の5機が編隊を組んで空港上空をパスしていったのですが見事に撮りわすれました[ふらふら]
エアバンドレシーバーのセッティングを夢中で調整していて今日一番のビッグショットを逃してしまいました。
でも肉眼ではちゃんと見ましたよ~
来月開催の三沢基地航空祭には来ないつもり(駐車場の大混雑とエアバンド禁止措置のため)なので訓練飛行を見て楽しんでいます[るんるん]


1-DSC00051.JPG
訓練を終えたF-35Aが目の前をタキシングして格納庫へ向かいます。
かなり近く見えますね


1-DSC00067.JPG
模型製作の資料画像に使うのにはちょっと粗いですね。

まぁ私のカメラでここまで取れたら御の字と思わないといけません。
もう少し続きます[わーい(嬉しい顔)]

最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
 よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


nice!(30)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そろそろ製作再開です [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。
先日、フィルム時代の写真を整理していたらこんなものが出てきました。1-IMG_7128-001.JPG
J
ALと経営統合する前のJAS(日本エアシステム)の搭乗券の半券ですね。
今更ながら名前が思いっきり間違って入力されていました。(まぁよく間違われるけど)

ハイジャックや万が一の時にはテレビのテロップには違う人の名前で流れていたかも・・・

さて搭乗時期はたぶんまだ20代のころに関空から羽田へ戻ってきたときのものだと思われますが搭乗券って搭乗月日は記載されるけど年は記載されないんですね~
当時は京都旅行からの帰途に利用したのを覚えています。

なんで新幹線を使わずに京都から関空特急”はるか”に乗ってJASのこの便に乗りたかったのかというとちょうどJASでMD90の黒澤明によるデザインのスペシャルマーキング機が就航していたからでした。
当時、JASのMD90には7つのカラバリがあって各地の空港を彩ってくれていたのですが果たして私の搭乗した機種のカラーリングの記憶は夜間便ということもあり全く記憶に残っていません。
通路が一つのいわゆるナローサイズの機体に乗るのは初めてだったのでこれまでに乗ったジャンボ(B744)やA300-600Rと比べてちょっと心細い感じがしたのを覚えています。
JALUX 1 / 200 JAS md-90 5ユニットレインボーカラー











さてさて本題。
かなり放置したままになっていたハセガワの海上自衛隊のSH-60Jですが製作再開しました。

1-IMG_7130-001.JPG

前回までに内部のインテリア(操縦席やコックピット回り)は塗装を済ませていました。
作業が中断したのは仕事の超繁忙期に差し掛かったのとちょっとキットのままでは現状の海自で活躍しているSH-60Jにはならないことが判明したため行き詰った感が・・・


まずキットでは下の画像にあるように25門のソノブイ投射器をオミットします。
画像のように投射器が装備されている機体もありますが圧倒的に通常はオミットされているのでパテで埋めちゃいます。
また画像にある通りバブルウインドウはキットでは再現されていないのでこれも何とかしないと・・

1-20160816232801.jpg


1-IMG_7126.JPG


1-img_0.jpg

▲このようにSH-60Jの画像を調べてもキット通りにソノブイ投射器がそのまま装備されているものはなさそう・・・
バブルウインドウはこうのように上下左右の視界確保に効果的。


1-IMG_7131-001.JPG
▲ソノブイ投射器を埋めた状態。ホワイトサフ塗装後。
投射器の外枠まで埋まってしまったので後でスジボリしなおします[あせあせ(飛び散る汗)]


1-sh60j_43.jpg

前述のバブルウインドウは透明プラバンを熱加工(変成)させて作るしかないかなぁ~
まぁぼちぼち進めます。

ハセガワ 1/72 海上自衛隊 SH-60J シーホーク プラモデル D13

ハセガワ 1/72 海上自衛隊 SH-60J シーホーク プラモデル D13

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
 よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 飛行機プラモ ブログトップ