So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
読書録 ブログトップ

『がいなもん 松浦武四郎一代』河治和香 著 [読書録]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

さて、松浦武四郎という歴史上の人物をご存知でしょうか?

”北海道”の名付け親といったら「あぁ」と思い出される方もいるのでは?
幕末から明治初期にかけて蝦夷地と呼ばれていた北海道を6度にわたり調査探検した人物です。
健脚で旅好きの松浦武四郎は初めは個人的興味で蝦夷地を探検しアイヌと交流して知見を深めました。

次第に蝦夷地の有用性(豊富な資源)・重要性(ロシアの南下政策に対抗)が認識されるようにあると公務としてさっらに調査探検をするようになります。

松浦が各地のアイヌが”和人”により搾取され厳しい生活を余儀なくされこのままではアイヌ民族は絶滅してしまうと為政者にアイヌの窮状を訴えるも状況を打開できぬまま自分の無力さに晩年は自ら名付けた”北海道”には足を踏み入れることはなかったといいます。

私自身この松浦武四郎のことを知ったのはもうかなり前の話で池波正太郎の「菜の花の沖」という作品に少しだけ名前が出てきたことがきっかけだったように思います。

その後、彼の生涯を綴った「北海道人 松浦武四郎」という佐江衆一氏の著作を手に取ったのですが大作なのでなかなか最後まで読み切れませんでした。
佐江衆一氏の「北の海明け」という江戸時代に蝦夷地のアイヌを和人化するために幕府によって鎌倉五山の僧侶たちを蝦夷地に送り込み仏教徒へと教化する話にも当時のアイヌの実情が描かれています。
※松浦の時代よりも更に時代は古い話です。
北海道人―松浦武四郎 (講談社文庫)

北海道人―松浦武四郎 (講談社文庫)

  • 作者: 佐江 衆一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫
来年(2019年)は蝦夷地が”北海道”と呼ばれるようになって150年の年に当たるそうです。
明治2年(1869)に松浦が北海道と名付けたとされてからもう150年が建ちます。
節目の年ということで北海道では様々なイベントが開催されると思われますがNHKではこの北海道の名付け親といわれる松浦武四郎のドラマを制作するそうです。(放送は2019年予定・単発ドラマ)
北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎」詳しくはこちらを!
1-IMG_7064.JPG
ドラマの原作ということではありませんが河治和香さんの「がいなもん 松浦武四郎一代」を昨日読み終えました。
初めはてっきりドラマの原作と勘違いしていたのですが読んでみるとなかなか読みやすい内容でした。
もう少し蝦夷地探検旅行の詳細やアイヌとの関りが細かく描かれているのかと期待していたのですが松浦武四郎の入門編といったところですかね、読みやすさという点では夏休みの小中学生の読書感想文には最適だと思います。実際今年の夏休みの宿題で読む子も多いだろうなぁ~
ちなみに装丁のイラストはアニメ監督の”りんたろう”さんによるもので手に取りやすい親しみやすさがありますね。
表紙のイラストの中央に座る人物が松浦武四郎。
隣で紙と筆を持っているのが作中に登場する”おとよ”さん(日本画家でのちに女子美初の日本人教授になった人物で晩年の松浦老人の良き話し相手で物語は松浦老人がおとよに自分史を語る形で進行しています。
作品の中で松浦老人が当初”北海道”ではなく”北加伊道”と政府に進言したいと思っていたという一節があります。
海が加伊とあるのは”カイ”という言葉が古いアイヌ語で「この国に生まれたもの」という意味があるそうです。
迫害を受けるアイヌに代わりせめて土地の名前にアイヌの土地(国)であったという隠れた意味を持たせたかったようです。
今では当たり前の蝦夷(えぞ・えみし)という文字の音読みも素直に読めば”カイ”と読めるともあります。
蝦とはエビという漢字で音読みでは”カ”か”ガ”というのが普通というか蝦夷を”えぞ””えみし”と読むよりも”カイ”と呼ぶ方が本当は普通のような気もします。
ちょっとこれは目からウロコでした。
私の住む青森県も古代は蝦夷と呼ばれた東北アイヌんが多く住んでいた土地で北海道のような変わった読み方をする地名が今でも多く残っています。
近場では尻屋(しりや)、尻労(しつかり)、奥内(おくない)、奥戸(おこっぺ)、浅虫(あさむし)などちょっとアイヌを身近に感じています。

さてドラマの方は松潤と深キョンの共演ということで放送が今から楽しみです。
がいなもん 松浦武四郎一代

がいなもん 松浦武四郎一代

  • 作者: 河治 和香
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/06/08
  • メディア: 単行本

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【集英社】『短編工場』 [読書録]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

[サッカー]祝・日本代表決勝トーナメント進出[サッカー]

開幕前は殆どの人がこの結果を予想していなかったと思いますが・・・
ここまで来たら、もう思い出作りだけじゃ終わらせたくない記念すべき大会にしたいですね!
・・ということでカルビーの日本代表ポテチですが1次リーグ敗退ならもう投げ売り状態かと思われましたがまだまだローソンでは定価販売中。しかも在庫僅少。

1-IMG_7021.JPG

今回は代表落選組の組み合わせ。

川崎Fの小林悠選手をゲットできたのが収穫です。

川崎の選手はフィジカルが弱いのが玉に瑕、大島僚太選手はここま出番なし、開幕直前に痛めた腰の具合が気になりますがちょっと今大会は出場機会に恵まれなさそうな予感。


さて今日は珍しく書店で文庫本を購入しました。
出版各社は夏休みも近くなってきたということで夏のフェアを開催中ですね。
1-IMG_7011.JPG
最近は目も悪くなってしまったので以前のような読書量はもうこなせないのですが気になった作品は図書館で借りて読んでいます。ということで書店で雑誌以外に書籍を購入することは本当に久しぶりです。たぶん「君の名は。」の文庫本以来かな?

今回購入したのはその名も「短編工場」という人気作家さんたちの夜短編作品の競作。
集英社の「ナツイチ」キャンペーンの吉岡里穂ちゃんのオリジナルカバーVerです。

※出版自体は2012年で装丁替えした模様です。
※夏目漱石の「こころ」も吉岡里帆ちゃんのカバーバージョンあり
短編集なら歯医者さんや病院の待合室で読むのによさそうです。

1-IMG_7015.JPG

作家陣も豪華です。
この中では乙一さん村山由佳さん以外の作家さんの作品は読んだことがあります。
特にテーマとかは決めてないようなのでバラエティー豊かな内容の一冊のようです。
これから読むのが楽しみです[わーい(嬉しい顔)]


珍しく書店で文庫本を買った大きな理由の一つはこの夏キャンで店頭で無料配布される各出版社のミニ目録です。
1-IMG_7018.JPG
無料配布ということなのでレジに一声かければ誰でも貰えますが何も買わずに貰うのはちょっと気が引ける昔ながらの日本人を自負する私は毎月買っている模型雑誌を買うついでにと思っていたら今月号は豪華付録付きで2千円近い価格に・・・日ごろからプラモと書籍は財産と思っている私が次善の策で選んだのが前出の一冊。

夏の書店の風物詩となっている出版社の夏キャンは恐らく学校での読書感想文の宿題対策としての一面が強いのでこうした販促のミニ目録は掲載作品の解説が短く簡潔にしかも読みたくなるような見事なフレーズで近年、私の読書バイブルのようなものです。(古いものも捨てずにとってあります)


レジでの会計時にこんなものを頂きました。

1-IMG_7019.JPG

集英社のキャンペーンのノベルティで栞のようですね。
貰えるとは気が付きませんでしたので嬉しい(しかもネコ)

最近は図書館で借りている本に栞代わりに付箋紙を貼る人がいるそうです。

いくら粘着力が弱いノリだからといっても付箋はダメです。
自分で購入した本なら何をしても構いませんが時々図書館で借りた本にも書き込みをしたものがあってびっくりです。

1-IMG_7016.JPG
ここの書店の本店は青森県内ではなく隣の岩手県にあるようで書店の紙カバーは宮沢賢治の「春と修羅」の一節でした。
購入した本にカバーを無料でかけてくれるサービスは日本だけだそうですがこうしたオリジナルティ溢れるものなら一層嬉しいですね。
短編工場 (集英社文庫)

短編工場 (集英社文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/10/19
  • メディア: 文庫

nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『劇場』又吉直樹 著 [読書録]

こん〇〇は! いつもご訪問いただきありがとうございます。


先日ようやく読むことができました。
直木賞作家・又吉直樹の2作目『劇場』です。

1-IMG_6479.JPG

図書館だ貸出予約のリクエストをして何ヶ月経ったのだろう?
先日ようやく借りることができました。
本当はまだまだ先の順番だったのですが図書館で蔵書を増やしてくれたようです。


直木賞受賞作となった処女作『火花』も読んだのですがどうも私の中の評価はよろしくなかった。
ラストシーンがどうしても受け入れられない”生理的にダメ”でしたが


本作は個人的には『火花』よりも面白さ200%UP[グッド(上向き矢印)]って印象。


プレッシャーのかかる2作目で恋愛小説という普遍的題材を選んだというのは作家としての力量が試されるところ・・・と思ったら『火花』よりも先に書き始めていたのをしばらく放置していた作品らしいです。

NHKスペシャルで放送された「又吉直樹 第二作への苦闘」というドキュメンタリーを録画していたのを思い出して独後に改めて視聴してみたらそのような言及がありました。
また同番組内で編集者の方が作中の印象的なシーンが取り上げていたのですが私も気になっていたシーとも重なっていてなんだか嬉しかった。


『火花』の評価があまりにも高く衝撃的だったのですがもし私のように「『火花』はそれほどでも・・・」という感想を持った方はこの2作目を読んでみてください。


『火花』ではどうしても芸人さんで読書好きの作家さんが書いた”もの”という先入観が邪魔をしていたのは否めませんが本作では”普通に直木賞作家の新作”として安心して読めます。
いや安心ではなく既に安定した文章力は流石に天才といわれる所以か?

前作同様に本作も映像化は必至だとおもいますがどのように映像化されるの楽しみ[黒ハート]
劇場

劇場

  • 作者: 又吉 直樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/05/11
  • メディア: 単行本
火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

  • 作者: 又吉 直樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/10
  • メディア: 文庫

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『カレイドスコープの箱庭』海堂尊 著 [読書録]

こん〇〇は[手(パー)]
ここ数日はずっと雨降りで関東北部・東北南部では河川氾濫で甚大が被害が出ましたが私の住む地域はそれほどでもなくただただ被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
1-IMG_4741.JPG

この間、こちらでも風雨が強く湿度も高止まりなので模型の塗装作業は中断しています。
屋外での作業もできない状態が続いたので久しぶりに集中して読書。”晴耕雨読”といったところです。
昨年の2度にわたる網膜症の手術後は医師からは止められていたわけでもない読書ですがやはり術前と同様にとまではいかずしばらく自主的に遠ざけて来たのですが模型製作と合わせてリハビリを兼ねて本当に久しぶりに海堂尊氏の作品を手にしました。
 
1-IMG_4740.JPG 
「カレイドスコープの箱庭」
お馴染みチームバチスタの田口・白鳥コンビが活躍する医療ミステリーです。最近の氏の作品は同じ世界設定のなかでも医療をめぐる(とくにAi)壮大なドラマが多かったのですが本作は原点に帰って大学病院内での事件(医療事故)を解決。派手さはありませんがこっちの方がどちらかというと私が好きな方向です[黒ハート]

海堂尊作品ファンとしては巻末の付録である海堂ワールドの作品世界の整理(相関図、人物図鑑等)にうってつけの資料もあります。作品相関図をみるとほぼすべての作品を読破しているのがわかりました[わーい(嬉しい顔)]

目のリハビリとしては術前よりも読むペースは遅くなり、ところどころ字が消えて見えたり[あせあせ(飛び散る汗)]もしましたがあっという間に読破できたのでまずまずといったところでしょうか[手(チョキ)]
カレイドスコープの箱庭

カレイドスコープの箱庭

 

読書録 ブログトップ