So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
青森の話題 ブログトップ
前の5件 | -

奥薬研の紅葉と森林鉄道の隧道 [青森の話題]

例年は仕事の都合で紅葉の見ごろを終えての訪問となっていた奥薬研渓谷に行ってきました。

今年は紅葉も見ごろというかまだピーク前という印象です。
奥薬研は下北半島の中央部近く大畑川の上流にあります。

ここは少し下流の薬研地区とともに[いい気分(温泉)]温泉地としても有名でここ奥薬研にはちょっと前まで無料の混浴露天風呂がありました。
かっぱの湯と名付けられたこの露天風呂は付近にかかる橋からもバッチリと露天風呂が眺められるという奇跡のロケーションが災いして近年、塀が新設され混浴も時間帯別の男女別入れ替え制となってしまいました。
箸から露天風呂が見えるというのは県民や住民にとってはそれほど問題視していなかったようで何十年も放置されていましたが観光客から県への問い合わせで県も対策に乗り出したようです。
ただし現在でも入浴は無料。
どうも県によって条例が定められているところもあって混浴制限(年齢制限)があるようです。

公衆浴場も女児が父親と男湯(男児が母親と女湯)に入れる年齢の制限がある地域もあるようです。
青森はここら辺の規制って緩いはず。


1-DSCF0240.JPG
薬研から奥薬研に向かう途中には平日にもかかわらず結構車が停まっていました。
紅葉狩りには程よい天候でほとんどの人がカメラと三脚を持参でベストな撮影ポイントを求めて車道を彷徨っています。
私はどちらかというと温泉に浸かりに来たので急いで奥薬研にある[いい気分(温泉)]夫婦かっぱの湯へ。
夫婦かっぱの湯は元祖”かっぱの湯”とは違い最初から男女別の露天風呂となっていて入浴料230円が徴収されます。
私が初めて来たときはなんとこちらも無料で入浴できていました。
食堂を兼ねたレストハウスが併設されていて湯上りには食事もとることができます。

駐車場にはこれまで見たことのないくらいにクルマが停まっていたので露天風呂も混雑しているかなぁ~と覚悟をしましたがなんと私以外に誰もいませんでした。
40分ほど露天風呂の横を流れる渓流や木々の紅葉を眺めていても誰も入ってくる気配はなし。
平日の昼間といってもまさか貸し切り状態とは予想外でした。

誰も来ないので暇なので浴槽に沈んだ落ち葉を集めて掃除したりしてのんびりとした時間を過ごすことができました[るんるん]
皆さん紅葉狩り目当てで温泉には興味がないのかなぁ~もったいない。
散策後にひと風呂浴びてというパターンなのか・・・

入浴後に食事を済ませて渓流沿いの遊歩道を散策です。
今日は繁忙期メニューで目当ての山菜蕎麦はありませんでした(残念)

今回の散策のお供は富士フィルムのX20です。


1-DSCF0215.JPG
やはり平日のこの時間帯ともなると熟年者の姿ばかりで皆さん立派な撮影機材を持ち込んでいます。
60代くらいのご婦人たちのグループも皆さんデジタル一眼と高そうな三脚で熱心に紅葉を撮影されています。
でも吊り橋の上で三脚撮影ってひと昔の機材なら考えられませんね


1-DSCF0238.JPG
ところどころ真っ赤に紅葉していますがまだピーク直前といたところかなぁ~


1-DSCF0225.JPG
散策コース途中の乙女橋という吊り橋の上から上流方面を眺めたところです。
以前紅葉のピーク時に来たときはこんなもんではなかった印象なのでやはり今回は少し早かったのかも。


1-DSCF0226.JPG
清流の流れつく先は津軽海峡を臨む大畑という町(むつ市大畑町)です。
青森県全域ではかつて林業が盛んでここ薬研周辺の下北半島の深部から切り出した木材は森林鉄道を使って大畑まで運ばれていました。(大畑からは国鉄大畑線→大湊線→東北本線とつながっていました)

今では配線となった森林鉄道の痕跡がこの遊歩道で見ることができます。というか遊歩道自体が森林鉄道の廃線跡。


1-DSCF0228.JPG
このように遊歩道には現在でも森林鉄道の線路が残っている部分もあります。

この線路跡を下流に少し行くと・・・

1-DSCF0230.JPG
このような案内板が・・・木漏れ日で読みにくいですが・・・


1-DSCF0231.JPG
案内板はこの隧道(トンネル)の説明板でした。
突如として現れたこの隧道は森林鉄道のために掘られたものでなんとすべて手掘りです。
ちょっと先が真っ暗で入るのが怖いのですが途中でカーブしているので先が見えない状況です。

長さが100Mあるというので懐中電灯かスマホのライトがないと足元がおぼつかずに危険です。
何も持たずに中間地点まで行くと本当にブラックアウト!方向感覚が怪しくなります。
私は何度もこの隧道を通ていますが今回はスマホを車内に置きっぱなしできてしまったので途中で引き返しました。
隧道の構造を知っていないとちょっとこの闇の中を進むのは勇気がいりますね


1-DSCF0232.JPG
入り口近くをフラッシュで撮影。
ところどころ天井から湧き水が滴り落ちています。
隧道内はひんやりとして猛暑日なんかには最適な空間でしょうね
風の流れも感じられてなかなかいい感じです。
風呂上りには最高です。


1-DSCF0233.JPG
隧道の壁面にはツルはしやノミで手掘りで掘られた跡がはっきりとわかります。

表面にコンクリートを吹き付けているんじゃないかと錯覚しますがコンクリートは一切使っていないそうです。
この森林鉄道は乗客輸送も認められていたそうで薬研・奥薬研への湯治客をたくさん運んでいたそうです。
トロッコ列車でこのトンネルを通る気分てどうだったのかなぁ?


1-DSCF0237.JPG
隧道内部からの外の景色。少し外光が明るすぎたのが残念。
この隧道に来ると決まって撮影する構図です。


キャプチャ.JPG
グーグルアースで夫婦かっぱの湯画面下の開けた部分から遠く津軽海峡(大畑町)方面を望む。
川筋にある建物はほとんどが宿泊施設でここまで山奥だと民家はほとんどないと思います。

最近までここ薬研・奥薬研地区には温泉ホテル、旅館、民宿、企業の保養施設がたくさん存在していましたが今ではかつての賑わいも無くなりちょっとした秘湯の雰囲気です。
数年前に地区最大のホテルが施設の老朽化による建て替えを断念して廃業となってしまい一段と寂れてしまった印象です。


薬研温泉 薬研荘

薬研温泉 薬研荘

  • 場所: 青森県むつ市大畑町薬研14
  • 特色: 天然素材を愛情タップリの手作り料理で!山菜・キノコ料理はお任せ♪リピーターが多いのも自慢の1つです。
民宿あすなろ<青森県>

民宿あすなろ<青森県>

  • 場所: 青森県むつ市大畑町薬研2-10
  • 特色: かけ流し天然温泉で24時間入浴出来ます。食堂併設しておりますので素泊まりでも安心してご利用出来ます。

nice!(32)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋の稚貝(分散)作業中 [青森の話題]

毎年この時期はホタテ養殖の仕事・秋編ということでホタテの稚貝の分散作業を早朝からやっています。
ということで最近はブログ記事の更新や訪問はご無沙汰しております[たらーっ(汗)]

今日は風が強いので作業は中止になったので少し作業の話をします。


今回の作業期間は2か月以上にわたる春の稚貝の耳吊り作業に比べると2週間ほどという短期集中型でもうすぐ50歳になる身としては体力的にちと辛くなってきました[ふらふら]

この作業は一日を通して岸壁での作業となりますので天気のいい日は目のまえに広がる陸奥湾と釜臥山、下北半島を眺めながら気分よく働いています。(雨や風、気温が低い日は過酷)


陸奥湾でのホタテ養殖にも地域によってかなり形態が異なるのですがここでのホタテ養殖は海中にすだれのようにホタテ貝を吊るして成育させる方式で只今行っている稚貝分散作業というのは夏に海中で採集したホタテの赤ちゃんを養殖ネットで大きく育てる過程で密集化により成育が阻害されないように養殖かごに入れる稚貝の数を減数分散させる行程です。


1-IMG_7351-001.JPG
作業場所は船を横付けできる岸壁。
もう一歩足を踏み外せば海中に転落しそうな海際です。
沖に吊るしてあった稚貝の入った養殖かごを引き揚げて漁船で岸壁まで運び陸揚げして養殖かごから一旦ホタテの稚貝をすべて出して選別後に養殖かごに入れる稚貝の数を減らして再び養殖かごを沖の海中に吊るします。

この2台の機械は稚貝に付着した汚れを落とすドラム式の機械(左側)通称”がらがら”と稚貝の大きさをそろえる選別機(右側)。
選別機では設定したサイズ以下はふるい落とされます。


1-IMG_7355.JPG
選別機を通った稚貝がこんな大きさです。(おはじきサイズ)
生後3か月といったところでしょうか?
これでもホタテの形にしっかりなっていますね。


1-IMG_7349.JPG
選別した稚貝はカゴに入れて岸壁に置いてある水槽に・・
ここから養殖かごに決められ数を入れていきます。


1-IMG_7354.JPG
これが養殖かごです。
パールネットとかいうらしいけど誰もその名では読んでいません。
色は殆どこのような青色です。
ホタテ養殖をしている漁港近くに山積みになっている光景をよく見かけます。
ロープをほどけば10段ほどの養殖カゴが繋がっています。

家庭用の魚を干す網(天日干し)ネットのような感じですね。
パール金属 ひもの 干し網 3段 300×200mm H-45

パール金属 ひもの 干し網 3段 300×200mm H-45

  • 出版社/メーカー: パール金属(PEARL METAL)
  • メディア: ホーム&キッチン
ただしホタテ養殖には1段事独立したものが数珠繋ぎになっています。
そろばんの玉みたいなイメージです。


1-IMG_7356.JPG

このように1段ごと稚貝の数を数えて入れていきます。
それでもいちいち数えていたら作業がはかどらないのである程度”勘”で入れていきます。
秋の陽は短いので午後3時前にはその日の予定数をこなして作業を終えます。

稚貝を詰め終えた養殖カゴを再び漁船に積んで沖に戻します。
この作業を3回ほど繰り返すともう陽が陰ってきます。

昨日現在でほぼ作業は折り返し地点を迎えました。

このあとホタテ養殖の大きな作業は2月中旬から5月にかけての”耳吊り”作業までありません。

陸奥湾産のホタテは大きさこそ北海道産には負けますが味は勝っていると思います!

nice!(34)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

どぐうメロンパン [青森の話題]

現在、北海道・北東北(青森・秋田・岩手)の縄文遺跡群を世界遺産登録しようと青森県内でも様々な取り組みが行われています。

青森県には縄文時代を代表する三内丸山遺跡がありますがそれ以外でも県内各地に遺跡が点在していて弘前市にある十腰内2遺跡からは猪のかたちの土偶が発掘されました。(猪形土製品)
この猪形土製品をイメージした菓子パンがあのイギリストーストで有名な工藤パンから発売されました。
1-IMG_7347.JPG
その名も”どぐうメロンパン”
メロンパンとありますがお味はクッキー生地の中にマロンが詰まっているものでメロンパンとは言えないと思うのですが・・・
マロン(栗)は縄文人がよく食べていたらしい木の実で三内丸山周辺にも栗の木林があります。

1-IMG_7348.JPG
袋を開けるとただ楕円形のパンそのものでした[たらーっ(汗)]
もうちょっと一工夫欲しいですね。
パッケージデザインあっての猪形土製品をイメージさせるパンと言えそうです。
せめて脚か耳があればなぁ~


実際に出土した猪形土製品はこんな感じです。
jomonten02_666.jpg
パンにここまでの立体物は求めませんが実物はこんなにも愛くるしい形をしています。
う~んこれのお土産用レプリカって発売してくれないかなぁ~
なおこの猪には市の方で愛称をつけたそうで”いのっち”といいます。
なんとも安直なネーミングセンスですが先祖からのの受け継ぎの大切さとかを念頭に考えられているそうです。
しかし前足、後ろ足の造詣がそれぞれ異なっていて躍動感が感じられますね
縄文人の描写力って凄い!
ウルトラ怪獣のデザインにも通じるデザイン力。

同時発売で遮光器土偶のあんパンもあります。


nice!(31)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青天の霹靂 [青森の話題]

青森県内も新米シーズン到来です[るんるん]

青森でここ数年話題の新銘柄”青天の霹靂(へきれき)”の県内一斉販売開始日が今年は10月6日でした。

私は少し出遅れましたがこの青天の霹靂を使ったお弁当と塩むずびを買ってきました。
新米のおにぎりのこのパッケージを開けた時の香りがたまりません[黒ハート][黒ハート]
初めてこの銘柄のおにぎりを食べたときはこれが特A米かぁ~と感動しました。
普段はお米への頓着がない私でしかも冷や飯が好きなのですがこの青天の霹靂に出会ったときはまさにその名の通り”青天に霹靂を飛ばす”が如く驚きでした。

1-IMG_7345.JPG

青森県で初めてお米の食味ランクで”特A”を獲得したのがこの青天の霹靂です。(税抜98円)
なんともお米の銘柄としてはインパクトのある名前ですが全国各地で生産される先輩”特A”米に対抗するにはもうこうするほかなかった。
一般公募で決まった名前ですが最初は県内でも否定的な意見が多く、とくに漢字で霹靂なんて難しくて書けない!という意見が多数ありました。

私も見ないと書けません[あせあせ(飛び散る汗)]
霹靂フォントのポイントを拡大してみました。ヘキは書けそうですがレキは雨冠の下に歴史の歴の木の部分が木ではないので注意です。ここでみんな間違えます。
それでも最近はこの名前も定着してきて何よりも狙い通り名前のインパクトでメディアに取り扱われる機会も増えています。
パッケージデザインも従来のお米らしくないのが売り場で目立つようで県民の認知度も高いようです。
店頭価格は2kg袋で1,080円(税込)というお店が多いですね。
ことしの広告戦略はこんな感じです。
img-parper01@2x.png
「さっパリより、愛をコメて」ダジャレ好きな県民性が出ているなぁ

我が家も発売以来この青天の霹靂の新米2kg袋を買っていたのですが今シーズンは地元産の”まっしぐら”の新米を多くいただいたので先にこちらを美味しくいただくことにしました。


最近は青天の霹靂のレトルトパックごはんも発売されるようになりお土産に手ごろで良さそうです。


nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

稲刈り始まる [青森の話題]

この2日間ほど知り合いの稲刈りの手伝いをしていました。

これを第1弾とすると今年は第3弾まで予定があります。

ここら辺としてはちょっとだけ早目の稲刈りです。といっても今週末から10月上旬にはほかの田んぼでも始まります。

1-IMG_7306.JPG
コンバインを使っての稲刈り作業自体は短時間で済んでしまうので楽チン[るんるん]
上の画像の田んぼ1枚なら刈り取りだけで20分ほどで済みます。
刈り取った稲穂は籾となってコンバインのタンク内に貯められてタンクがいっぱいになったら大きなクロスコンテナ(大きな袋状のもの)に移して軽トラで精米所に運ぶのですが私はその運転手役でのお手伝いです。
田んぼから精米所まではクルマで10分ほど、これを10往復ほでします。
精米所ではすぐに刈り取ったモミを乾燥機に入れJAの出荷基準となる乾燥率まで水分量を下げます。

持ち込んだ時のモミの乾燥率(水分量)により乾燥機代が変わるので当然田んぼである程度乾燥した状態のモミを収穫すれば費用が抑えられます。

コンバイン内のタンクから刈り取った籾はコンバインのう上部にある長い筒がクレーンのように動き筒の中を籾が運ばれて筒先から出てきます。

これを軽トラの荷台の上でクロスコンテナに詰めるのです。

ちょっと前まではコンバインにタンクが買ったので刈り取ったモミをコンバイン袋という大きなチャック付きの袋にコンバイン上で詰めながらの作業でしたのでコンバインの運転手の他にこの袋詰めの作業員が一人コンバインに乗っていました。このやり方だと満杯になったコンバイン袋を田んぼの脇に仮置きして人力で軽トラックに積み込んでいたのでかなり体力をつかっていました(コンバイン袋は1袋40キロほど)。
私もこの人力での積み込み作業をするとしばらく筋肉痛は避けられなかったのですが今は楽チン楽チン[わーい(嬉しい顔)]


今回の田んぼはバイパスの山側(東側)にあって西側の陸奥湾の眺望は抜群[手(チョキ)]
1-IMG_7307.JPG
空が広く見えます。

1-IMG_7308.JPG
釜臥山を眺めながらの作業。
この山の北側にあるカルデラ湖の湖畔に霊場・恐山がありますよ。
いくつか見える頂きはこのカルデラ湖の外輪山。噴火活動はありませんが今でも恐山ではあちこちから硫黄臭が・・温泉もあります。
噴火されるとかなりヤバイ[あせあせ(飛び散る汗)]


1-IMG_7309.JPG
2日目は午後から雨の予報なので作業を急ぎます。
上お画像の左隅はあらかじめ人の手で部分的に刈っています。

コンバインで刈り取り難い四隅はこうして事前に刈り取っておきます。


1-IMG_7311.JPG
最後の1枚を刈り取って私の稲刈りの手伝い第1弾は無事終了。
このあと[雨]雨が降り出しました。(もうこの時点で空の雲がかなり怪しかった)

おっとお米の銘柄は青森県産米の「まっしぐら」です。
話題の特A米の「青天の霹靂(へきれき)」はこちらの地域では栽培禁止。
土壌が気候が青天の霹靂の栽培地域の津軽地域とは違うので品質確保維持のために栽培できる田んぼは厳しく制限されています。
でも「まっしぐら」や「つがるロマン」も以前の青森のお米とは比べ物にならないくらい美味しい銘柄になりました。

1-IMG_7313.JPG
おやつを買いにローソンに行ったら金農パンケーキが大量入荷中でした。
(ローソンの横の田んぼで稲刈りをしていました)
夏の高校野球で大躍進の金足農業のパンケーキ、大人気でローソンでしか買えないとか・・
私も初めて買えました[黒ハート]


1-IMG_7314.JPG
パッケージの裏面には金農の校是。
私の卒業した高校は「自主自律」だったかなぁ~

タグ:稲刈り 金農
nice!(32)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 青森の話題 ブログトップ