So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
青森の話題 ブログトップ
前の5件 | -

桧木八幡神社のお祭り [青森の話題]

9月16日に横浜町の総鎮守である八幡神社のお祭り行列(神幸祭)がありました。

八幡神社は桧木地区にあるので桧木八幡神社ともよばれていて私の散歩コースのゴール地点でもあります。

1-DSCF1226.JPG
9月15日が例祭(本祭)でした。

数年前までは神社のお祭りはお盆休みの期間に開催されていました。

過疎の町に人が集まるお盆の帰省時期に故郷の祭りを楽しんで帰ってもらいたいとのことだったと思います。

住民としてはお盆の仏事と祭りの神事とごちゃごちゃなったりしていましたが花火大会なども重なって賑やかでしたが今ではお祭りは本来の時期(9月)での開催となりました。


16日から18日にかけては神幸祭とよばれるお神輿渡御行列があります。

町の中心地から少し外れた桧木八幡神社から神様がお神輿に乗って町の中心部の浜のお宮(御旅所)へとお越しになります。
2Kmほどの道のりを途中で休憩をとりながらの行列となります。

1-DSC00009 (1).JPG
一応、町のメインストリートを通行止めにしての行列です。
天狗様を先頭にお神輿、各町内会の神楽会が続きます。
下北地方は神楽や能舞いの文化が今でも盛んです。


1-DSC00022 (1).JPG
こちらではお神輿を担ぐという習慣はなく御車に乗って・・
神輿行列の前を横切る行為はご法度なので注意して撮影場所を決めます。

私が生まれ育った町(関東地方)はお神輿を担ぐスタイルだったので”わっしょいわっしょい”の掛け声が響かない行列は少しもの寂しく感じます。


1-DSC00149.JPG
行列には馬に乗った神官さんと町長さんも・・

今年の先頭の馬の柄はちょっと珍しい模様をしていました。
それにしてもこれでもかなり短くなったという行列、個人的な感覚では町内の半分くらいの人が参加しているような気がします(もちろんそんなことはないのですが)
結構私の限られた交友範囲の中でも多くの顔なじみさんが参加していました。
過疎化や少子化の影響で参加者を確保するのが大変だそうです。

最近は小中学校の児童生徒が授業の一環として参加しているようですね。
今年の場合、浜のお宮(御旅所)から神社へのお帰り行列日は平日(18日)でしたが参加する児童生徒は登校扱いとか・・


1-DSC00068.JPG
行列の合間に路線バスだけは通ります。


神様が浜のお宮(御旅所)へご到着されると町の中心地にある商店の駐車場で神楽の舞いが披露されます。

今回は舘町(たてまち)神楽会と百目木(どめき)神楽会の披露となりました。

1-DSC00037 (1).JPG
各町内ごとに神楽の舞い方やリズムが違うようですがIターンの私にはさっぱりわかりませんが町民は神楽にみんな詳しくてどこの神楽が上手だとか話しています。


1-DSC00096.JPG


1-DSC00114.JPG
獅子頭に頭を齧られると無病息災ですね


1-IMG_7273.JPG
今年は町制施行60周年ということでこの場で餅まきがおこなわれました。
餅に混じってお菓子も飛んできました。


1-IMG_7274.JPG
17日は行列はお休みで各町内で門打ち。

町内各戸を神楽(獅子舞)が訪れて玄関先で舞いを披露してくれます。
私の町内は歴史が浅い新興地なので神楽会はなく他の町内の神楽会が毎年交代でやってきてくれます。


現在、うちの町内会から町の中心部へ抜ける踏切りが長期工事中で人も車も通行禁止となっているので18日のお帰りの神輿渡御行列は今年に限り当町内会には来られませんでした。

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

緊急告知!NHK 「鶴瓶の家族に乾杯」9月10日(月)放送は当町(横浜町)が紹介されます [青森の話題]

NHK地上波で毎週月曜日の夜7時30分から放送されている「鶴瓶の家族に乾杯」で9月10日の放送回で私の住んでいる町が紹介されます[ぴかぴか(新しい)]

キャプチャ.JPG
▲NHKの番組フェイスブックより

私もよく「青森にも横浜ってところがあるんだ~」と言われるのですが横浜市にはない”横浜郵便局”も”横浜消防署”も横浜町にはあります。
横浜郵便局ではなく”横浜郵便局”や”横浜消防署”もちろん小中学校も”横浜小学校””横浜中学校”の名称です。
JR大湊線の駅だけは”陸奥(むつ)横浜”なんですがこれは日本最初の鉄道が新橋~横浜間だったのでしょうがないです。

私は毎回欠かさずこの番組を見ているというわけではないのですが他の放送回をみていると有名なグルメのお店や史跡旧跡など観光スポットなどが多く紹介されていますが人口5千人程の過疎の町にはそれほど全国の人に自慢できそうなものはないので果たしてどうやって番組の尺を稼ぐのかちょっと不安ではありますが・・・日本一の菜の花畑、横浜ナマコ、ホタテは県内では有名ですが(てっきり1時間番組だとおmっていたら1時間13分もあります)

今回、鶴瓶さんと来町したのはハマの番長こと元プロ野球選手の三浦大輔さんです。なんでもやはり”ヨコハマ”が気になったようです。
この番組はいわゆるアポなし取材が売りだというのですがNHKで本当に民放バラエティのような取材をするのか?と思っていたのですがどうも本当に事前連絡なしでの撮影だったようです。
ロケ日は土曜にだったようなのでもしかしたら私も映るチャンスがあったかも・・部屋の積みプラを見せるしかネタはないですが・・(田舎の模型店ほどの在庫はあります)
FBで交流のある方や以前の勤め先でお世話になった方々、友人に告知をしたところ興味を持っていただいたようで皆さんもよろしければ是非ご覧ください[るんるん]
ちなみに私はどこにも映り込んでいません[あせあせ(飛び散る汗)]


[TV]番組公式ページはこちらから


nice!(29)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千石船見学会 [青森の話題]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。
隣の野辺地町の常夜灯公園に復元された千石船が陸揚げされています。
ちょっと歯医者さんの帰りに立ち寄ってみたらちょうど見学会が開催されていました。

1-IMG_7156.JPG

なんでここに千石船が?と思われるかもしれませんがここ野辺地町はかつて南部藩の藩港として北前船の寄港地として大変栄えた港町なのです。(最近は日本代表MFの[サッカー]柴崎岳選手の出身地としても有名)
青森県内には北前船の寄港地が数か所あって陸奥湾内だとここ野辺地と下北半島の川内とかが有名です。

青森といえばねぶたやねぷたまつりが有名ですがむつ市やここ野辺地には京都の祇園祭の山鉾と同じようなものが祭りに登場します。
これらの山鉾は北前船が運んだ文化の名残りだそうです。
さてこの千石船は十数年前に県内の財団が北前船文化の伝承を目的に復元建造されたものでつい最近までは海上で実験航海をしていた現役の千石船です。(最近まで青森港に係留されていました)
ただ海上に係留していると船体の痛みが激しくなるので野辺地町が譲り受け陸揚げして展示することになったようです。
実験航海の様子は県内ニュースでも何度も取り上げられたので私も知っていたのですがこうして実物を見るのはこれが初めてです。
この復元船はNHK大河ドラマ「篤姫」にも登場したようです。
また「たたら侍」という最近の映画にも・・・こちらは完成後に役者の不祥事で公開中止になったりして・・・
たたら侍 Blu-ray(通常版)

たたら侍 Blu-ray(通常版)

  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ
  • メディア: Blu-ray
***************************************************
1-IMG_7153.JPG

こうしてみると独特な形状をしていますね。
子供に船の絵を描かせたらこんな感じになりそう。
海外の海賊映画に出てくる帆船とも全然違いますね。
積み荷を千石(150t)積載できるので千石船というのですがこちらの復元船には”北前型弁才船”という名称が使われえています。

北前船に使用された船は江戸中期以降は弁才船という型が主流になりとくに北前で建造された船を北前型弁才船と呼ぶそうです。

比較対象となるものが少ないので大きさを実感できないかもしれませんが全長32m、全幅8.5m、深さ3m、帆柱までの高さ28mだそうです。
千石という単位も今の私たちにはピンとこないのですが私がよく読んでいた歴史小説などに登場する千石船のイメージとはちょっと実物は小ぶりな印象です。

1-IMG_7152.JPG

そうそうこの復元船の名前はみちのく丸です。


今回の見学会は船内見学もできます。
工事現場で見かける仮設足場を3階分ほど階段で上がると甲板です。
船内ではガイドさんの案内付きです。

船の前方方向”みおし(水押)”方を見たところ

1-IMG_7147.JPG
先端の柱は“弥帆(やほ)柱という小さな帆を張るもので船の方向転換や風上への航行(間切り)時に使ったようです。
当然、野辺地町町旗では代用できません。


1-IMG_7140.JPG
船尾側(とも)方を見たところ。
ともとはこう書きます艫”。
前出のミオシもトモも今でも使われている船の用語です。
手前に見えているのは舵とつながっている”舵の頭”で手前に伸びる舵柄を数人で操舵して船の舵を切ります。
1-IMG_7141.JPG
手前に伸びているのが舵柄で現代の航海では7人がかりで操舵するのがやっとのことです。
当時は何人で舵を操作していたのかなぁ?


1-IMG_7144.JPG
帆柱は円柱形ではなく角柱形です。
西洋の帆船のようにマストが何本もあるわけではないので船上は意外とスッキリ。
帆自体は船倉にしまっているそうですが陸上で帆を張ると風の力で船が横転してしまうとのことなのでもう帆を張った雄姿は見ることができないのかも・・・


1-IMG_7137.JPG
帆柱は1本の木からできているわけではなくブロック単位で繋がれています。
江戸時代とはいえもうこれほどの大木を調達するのは容易でなくなったのと非常時に帆を倒す際にも都合がよいとのことでした。
帆柱の頂上日ている滑車は”せみ”と呼ぶそうです。
滑車の回転時の音からきているのでしょう。


1-IMG_7136.JPG
甲板の踏立板を外すと船倉が見えます。
ちょうど発動機が見えていますが排水用ポンプを動かすのに使うのかなぁ?

重い荷物は船底に積んでバランスをとっていました。
甲板の踏立板はほぼ取り外しが可能な構造らしいので積み込み時はもっと開口部を広くとれるので荷役などの作業性は意外とよかったのかもしれません。


今回の見学会は陸揚げされてまだ一般効果展示用の整備が整っていない状況なのですがもう少し整備されると一層ロマンを掻き立てるような展示になりそうです。
パンフレットによると北前船が最も栄えたのは江戸後期~明治40年代ということです。
私はてっきり文明開化とともにこのような千石船はあっという間に廃れて様式船にとってかわったのだとばかり思っていましたがほぼ明治期を通して活躍していたなんてちょっと意外でした。


私は司馬遼太郎の「菜の花の沖」で高田屋嘉平と千石船を知りましたが自分の目で千石船の大きさや構造をいくらかは知ることができたのでもう一度機会があれば読み返してみたいと思いました。


1-CCI_000001.jpg
見学会のスケジュールは上のチラシをクリックして拡大表示してください。
なお見学会開催時以外は船の外周は見学できそうです。


1-IMG_7157.JPG
千石船が展示してある常夜灯公園のシンボルである常夜灯です。

千石船のすぐそばに設置されています。

昔の灯台の代わりになった石灯篭で実物です。
以前はちょっと離れた海岸線に当時と同じ場所に設置されていたものを公園の整備に合わせて移築した模様。
この常夜灯を含めた北前船関連の史跡が日本遺産として認定されているそうです。(世界遺産じゃないよ)
ウッディジョー/木製和船模型 1/72北前船(塗料付)

ウッディジョー/木製和船模型 1/72北前船(塗料付)

  • 出版社/メーカー: ウッディジョー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(32)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

二ツ森貝塚 [青森の話題]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

先日ユネスコの世界遺産の国内推薦が決まった"北海道・北東北の縄文遺跡群”を構成する遺跡の一つである”二ツ森貝塚”に立ち寄りました。

青森県には三内丸山遺跡の他にも縄文時代の遺跡が複数あって我が家から一番近い遺跡がここ七戸町にある二ツ森貝塚です・・といっても県内でもあまり認知されていないというのが実情でわざわざここを訪れるという人は少ないと思います(少なくとも私の周りにはいません)。

私は以前から名前は知っていたのですがなかなか立ち寄る機会に恵まれなかったのですが最近私がよく通るようになった道から少し入った場所にあるようなのでちょっと寄り道をして立ち寄ってみました。

1-IMG_7057.JPG
二ツ森貝塚は今から5,500年~4,000年ころまで1,500年ほど続いた縄文前期~中期の定住集落跡で貝塚も同じ場所で発掘されています。
年代的には三内丸山遺跡と同年代。

人々がここで暮らしていたころは現在の小川原湖は太平洋に接する湾として海岸線(湖岸線)は現在よりもかなり内陸にあったようです。

この二ツ森貝塚は現在は台地の上に位置していますが当時はちょっとした岬のようになっていてすぐ脇の海岸まで下れば豊富な魚介類が手に入ったと思われ貝塚からはハマグリ、ホタテ、牡蠣、シジミなどが出土しています。
現在の小川原湖はシジミ漁が盛んで私もこの付近の道路を通る理由の一つが新鮮なシジミを買い求めるためなのです。
1-IMG_7056.JPG
▲当時の海岸線の解説板
ここは木の実や魚介類が豊富に間近で手に入る”まほろば”だったとのこと


1-IMG_7059.JPG
現在の二ツ森貝塚はこんな感じで道路脇に広がった草地といった印象です。
この道路自体はあまり交通量も多くなく地元住民の生活道路といった様相で交通の便は至極良いのにあまり知られていない要因になっているようです。
二ツ森貝塚は国の史跡に指定されていてこの草地は遺跡の東地区にあたり史跡公園となっています。
史跡公園の中央部に竪穴式住居の復元モデルが建っているので何も知らずに偶然この道を通った人は驚くかもしれません。

ちなみに二ツ森遺跡の西側地区も国の史跡に指定されていますが現在は集落が存在する私有地が大部分を占めているように見えます。
縄文時代の遺跡の上で暮らしているなんてどんな気分なのかなぁ~


1-IMG_7055.JPG
この史跡公園には道路を挟んだ反対側に見学者用のわずかな駐車スペース(自家用車サイズ)があるだけで特にこの遺跡の出土品等を展示している建物はありません。
代わりにこのプレハブ小屋(案内所)に遺跡を紹介するパネル展示とパンフレット類が置かれていました。
常駐の案内人とかはいない模様で室内は蒸し風呂状態[あせあせ(飛び散る汗)]なのでパンフレットを数種類もらって退散。
出土品等の一部は七戸町の公民館で展示されているようですがここからはちょっと離れているので車で移動しないといけませんようなので今回はパス(もらったパンフレットで確認するのみ)
案内所の脇に展望台がありましたが全体を一望する意味もなさそうな広さの史跡公園なので展望台には上がらず遺跡公園の中央にある復元された竪穴式住居まで歩いてみました。


1-IMG_7054.JPG
この二ツ森貝塚では道路の遺構も見つかっているようですが案内所から復元された竪穴式住居へと続くこの道がそうなのか?

右側の林のあたりで台地は終わり崖になっています。
よーく見ると林に向かって傾斜していますね
発掘の形跡はもうよくわかりません。埋め戻したのかなぁ?
やはり現地に出土品の展示施設があったらいいのに・・・


1-IMG_7052.JPG
復元展示されている竪穴式住居は2棟のみでちょっと寂しい感じです。
もし世界遺産に認定されたらもう少し展示や解説方法を考えないとちょっと物足りません。
三内丸山は現在では県内を代表する観光名所となって立派な展示施設も隣接してちょっとした縄文テーマパークのようになっていますが遺跡規模を考慮してももう少しこちらはなんとかならないものか?
バスの駐車スペース程度の整備は早急にした方がよいのでは?

1-IMG_7051.JPG
復元された竪穴式中のの内部です。
私はこの手のものはかなり見学しているので正直それほど新鮮な発見はありませんでした。


1-IMG_7060.JPG
頂いたパンフレットの表紙にもなっているこの鹿の角でできた髪飾り(櫛)がこの遺跡を代表する出土品のようです。

左右対称(シンメトリー)というのが当時の美的センスを代表するデザインなのかなぁ~

食料を採取できないような荒天の日に竪穴式住居で誰かが一生懸命に作ったのかなぁ
ヒスイや角のような固いものに長い時間をかけて穴をあける行為自体が当時の人々にとって特別な価値のある行為(生産物)だったとかなんかの本で読んだなぁ


1-IMG_7061.JPG
もう一つこの二ツ森貝塚で発掘された有名なものに子犬を手厚く埋葬した形跡があります。
当時から犬は人間に身近な狩猟の際の相棒でケガをした犬も大事にケアして天寿を全うさせていた形跡もあるようです。(骨折の治癒痕とかでわかるらしい)
ケガをしてうまく働けなくなっても餌を与えて飼い続けていたようです。


ちょっと遺跡のある地形について説明。
前述の通りこの遺跡は台地の上にあります。1-IMG_7063.JPG
グーグルアースの3D衛星画像でみると現在の小川原湖西域によくみられる台地の端部付近にこの二ツ森貝塚はあります。(画像中央の開けた平地部分)
この台地の先端部は当時の海面が今よりも高かったので台地の周りは海ということになりまさに岬だったと思われます。

上の画像で台地の周りの平野部(当時の海面)には田畑が広がっています。
古代の集落遺跡というと川のそばの開けた土地というイメージが私にはあるのですが農耕が本格的に始まる縄文のこの時代でも飲料水の確保というのは必要だったはずですが川筋のない台地の上でどのやって飲み水を確保していたのか?
現在の小川原湖は吃水湖ですが当時は湖ではなく海(湾)でしたので真水の確保は湾(小川原湖)に注ぎ込む川まで汲みにいていたのかなぁ?
それとも台地を下って海岸線付近に湧き出る湧き水でもあったのかなぁ?
ブラタモリで調べてくれないかなぁ?


下の画像は遺跡を含む周辺の広域画像です。

二ツ森.JPG
画像の右に広がる水面が現在の小川原湖です。
画像の左から小川原湖に注ぎ込むのが七戸川(高瀬川)で右下の道路が交差するあたりが旧東北本線(現在の青い森鉄道)の駅で周辺部はここら辺では人口が集中してる地区。
一方、遺跡のある左側の地形は細長い台地が幾筋もあります。
水面が上昇したらこの辺りは三陸のようなリアス式海岸になっちゃいそうです。
面白いのは周辺に広がる平地部には現在でも集落があまりなくて田畑として利用されていて台地の上のわずかなうsペースに道路が通り現在でも集落が点在しています。

まとまった平地がない狭い台地の上に現在も人が住み続けているのがちょっと不思議。

湖周辺の平地は低湿地なので灌漑(排水)をして農耕には何とか利用できたけど人が住むのには向かなかったのかなぁ?全然このあたりの町史とか知らないので勝手に想像そています。


遺跡自体は報道によると国内推薦候補になってもユネスコの審査にどう対処していくのか?難関だそうです。
しかしそうなれば二ッ森の住民の皆さんは世界遺産の上で暮らすことになるんですねぇ~羨ましいけど家の増改築とかいろいろ規制を受けそうで心配。






知られざる縄文ライフ: え?貝塚ってゴミ捨て場じゃなかったんですか!?

知られざる縄文ライフ: え?貝塚ってゴミ捨て場じゃなかったんですか!?

  • 作者: 譽田 亜紀子
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 単行本
縄文発掘セット(土器発掘・復元体験キット)

縄文発掘セット(土器発掘・復元体験キット)

  • 出版社/メーカー: エコール教材
  • メディア: おもちゃ&ホビー
NHKスペシャル アジア巨大遺跡 第4集 縄文 奇跡の大集落 ~1万年 持続の秘密~ [Blu-ray]

NHKスペシャル アジア巨大遺跡 第4集 縄文 奇跡の大集落 ~1万年 持続の秘密~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コロンビア戦 [青森の話題]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

初戦のコロンビア戦、見事勝ち点3をゲット![サッカー][サッカー]

WCup.JPG

いきなり相手DFのハンドによるPK獲得。
ちょっと一発レッドとは敵ながら不運としかいいようがありません。
試合のほとんどの時間を11人対10人で戦うことができたのは本当にラッキーでした。

同点に追いつかれた時点で引き分けでもOKと思っていましたが勝ち切れるなんて・・・

ワールドカップ初戦はどのチームも難しい試合になるのですが初戦の最序盤で試合の主導権を握れたのは本当にラッキー、ラッキー[黒ハート]
コロンビアは思っていたよりもガツガツ来なかったのはちょっと意外ですが・・・

ちょっと決勝Tに色気が出てきたぞ~[るんるん]


そんな激勝から一夜明けた今朝の地元紙(東奥日報)の1面はこちら。
1-IMG_6989.JPG
代表メンバーの柴崎岳選手(MF7)が野辺地町出身(青森山田高校卒)ということもあり全面柴崎推しの紙面構成です。

1-IMG_6991.JPG
長谷部選手と組んで先発出場を果たしましたが試合終盤にケガで交代してしまいましたが地元でおこなわれていたPV会場に集まった野辺地町民も大いに盛り上がったことでしょう。
普段はあまりサッカー熱の高くない青森県民ですが柴崎フィーバーは続きます。(続いてほしい)
大島僚太選手には次戦以降期待しています。
次は日曜深夜24:00からのセネガル戦です。

さて日本代表選手のカード付ポテチですが近所のローソンにて大量に販売中でした。
小さなパッケージなので50円程度かと勝手に思っていたら倍ほどの価格で大人買いは断念[あせあせ(飛び散る汗)]

1-IMG_6992.JPG
2袋買って4枚のカードをゲットしました。

注目の乾選手のカードをゲット(半端ないって)

1-IMG_6993.JPG
昌子選手のカードはちょっと違うデザインですた。

残りの1枚は高萩選手でした。

とりあえず日曜日まではウキウキで過ごせそうですね[るんるん][るんるん]


最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキングに参加していますので  

よろしければポチっとお願いします。

 [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 青森の話題 ブログトップ