So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
自動車&カーモデル ブログトップ
前の5件 | -

【アオシマ】スカイライン2000GT-R(KPGC110)’73 [自動車&カーモデル]

例年、2階にある自分専用のトイレには「世界の車窓から」カレンダーをヤフオクで入手して飾っていたのですがどうも送料が高くなってきたので今年は親戚の工場から頂いてきた自動車バッテリーメーカーさんのものを飾っています。

1-015a77602d1a26661a5e4d8d40e95c0a97736eb9a1.jpg
国産の名車といわれる旧車のイラストが描かれたカレンダーです。
1.2月のイラストは三保の松原を背景に
日産スカイライン2000GT-R(KPGC110)です。

1日数回はこちらのイラストを眺めることになるのですが毎日見ているうちにこのクルマのキットが欲しくなりamazonでポチリました。
若い人にはどのように映るかは分かりませんが私も昔は何とも思わなかったこうした旧車に最近になって魅かれるようになってきました。(昔からいすゞの117クーペは別格で好きでしたが・・)

こちらのスカイラインKPGC110型はスカイラインとしては4代目にあたるタイプで当時大流行したCMキャンペーン(ケンとメリーのスカイライン)から通称”ケンメリ”とよばれるもの。
先代(3代目)が”ハコスカ”と呼ばれるタイプでこちらも名車で今でもファンが多いのですがこのケンメリも人気のがあります。(私はケンメリの方が好き)

排気量2000㏄の2ドアハードトップクーペというスタイル今でももう街中でなかなか見かけないシルエットですが私が子供のころはこうしたクルマがたくさん走っていました。
またこのケンメリからテールライトが丸形4灯式というスカイライン伝統のお尻が採用されました。

なかでもこのGT-Rは走り特化した仕様この形式のGT-Rはわずか200台にも満たない生産販売量なので現存する車両は大変貴重なものです。(ケンメリ以降しばらくGT-Rを冠したスカイラインは登場しませんでした)

今年の東京オートサロンで開催されたオークションに赤色のケンメリGT-Rが出品されたようで予想落札価格が1億円に迫るとか(結局、オークションは不調に終わったようです)

さてキットの方は人気車ということで結構各社から発売されていましたが比較的入手しやすい青島のキットを購入しました。

1-013e5703bcec216308d59fe788d95d3344e77cedb8.jpg
こちらのキットはカタログベース車ということですが冒頭のカレンダーのイラストもレース仕様ではないノーマルタイプのようなのでこれで当初の目的は達成です(作れよ!)
エンジンこそ再現されていませんがエッチングパーツもついていて1500円ほどで買えるキットとしてはコスパ高し。
パッケージに表記があるように1973年仕様のようで私が幼稚園に入園したころに街中を走っていたものらしいですがGT-Rは生産数の少なさから当時都会に住んでいた自分も実際には目にしていない可能性が大ですね。

▲私が買ったのはこのキットです。


1-01945677665802c23ee9d3492400a6b995c598dd3f.jpg
▲こちらは付属のエッチングパーツ。
GT-Rのエンブレムは赤で塗り分ける部分もあってこの極小パーツにどうやって?と今から思案中。
ちなみにメーターコンソールもデカール再現でなく塗り分け再現が要求されるという老眼殺しキットでした。

こちらのエッチングパーツは同じものがデカールでも再現できるようになっているのですがせっかくなのでここはエッチングパーツを使いたいところです。

この先カレンダーはホンダS600とかトヨタS800、スバル360、マツダ・コスモクーペなど往年の名車が続くのですがカレンダーをめくるたびに新しいキットが欲しくなるのは困りものです。
次の1枚をめくるまで(2か月間)のうちにキットを完成させれば積みプラにならない計算なのですが・・・
それにしても最近の模型界の旧車ブームの中、いすゞの117クーペは発売されないのかなぁ~
ハセガワのジェミニはシリーズ(バージョン違い)展開までしているからちょっと期待[るんるん]


最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング So-netブログユーザーの方のみ下のnice!ボタンをクリックできます。
コメントについてはどなたでも大歓迎です!

nice!(32)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ようやくフルモデルチェンジ [自動車&カーモデル]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

今朝は大阪で大きな地震が発生しました。(最大震度6弱)

ここ最近は大きな地震でも人的被害はあまりなかったのですが今回の地震では残念ながら犠牲になられた方がおられます。

犠牲になられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。


今朝は事前に予約していたハスラーの定期点検日でしたのでTVから流れる地震のニュースを気にかけながらスズキのディーラーさんへ。

今回は法廷2か月点検の2回目です。

つまり新車購入から丸2年が経過したことになります。

購入時に安心メンテナンスパック(3年)に加入しているので点検にかかわる費用は無料(前払い済)です。

安心メンテナンスパックでの定期点検は6か月ごとでそのうち法定12か月点検にあたる点検ではエンジンオイルとオイルフィルターの交換費用も含まれますので今回はエンジンについてはリフレッシュしました。

特に不具合も見つからずに2時間弱で点検完了です。

今日は作業中に代車としてワゴンRスティングレーを借りて近くのスーパーで時間つぶし。

このクルマは私のきらいなセンターレイアウト式メーターなのですがハンドル正面のダッシュボード上に小さなヘッドアップディスプレイがせり上がってきて速度表示等をしてくれるのであまり違和感を感じません。
近々MC予定のハスラーにも採用されるとの噂です。


さてディーラーの店長さんにハスラーのMCについて話を振ってみたところ全く情報がないとのことで変わりに今日から配布開始という新型ジムニーのテザーパンフレットをいただきました。

1-CCI_000011.jpg

もう数年前から噂になっていたジムニーのフルモデルチェンジがついに来月実施されます。

私はハスラーを購入する時も噂になっていたのですがなんとも息の長いモデルですね。

今回は兄弟車種である登録車仕様のジムニーシエラも同時発表です。

どうやら4代目ジムニーの推しカラーはキネティックイエロー、シエラはジャングルグリーンなのか・・・


1-CCI_000013.jpg1-CCI_000014.jpg1-CCI_000015.jpg

見開き3ページ分の画像をつなげてみました。
懸念されたジムニーの大きな特徴であるラダーフレームは今回も変更なし
縦置きエンジンレイアウトもそのまま

ボディスタイルは現行の3代目ジムニーの少し角丸なデザインから先祖返りして角のあるパネル構成になって武骨さがUP。

1-CCI_000016.jpg

高校時代の生物の先生の愛車は2代目のジムニーでした。

ちなみに担任はワンダーシビック(時代を感じるなぁ)


1-CCI_000012.jpg

こうしてみるとハスラーが軟弱にみえるほどワイルド~実用車とはこうあるべき。

雪国最強の乗り物はジムニーともいわれていますので発売されれば割と身近に溢れるくらい目にすることでしょう。
最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【フジミ】CAR NEXT002 スズキ ハスラー(1/24)を買いました。私の希望も叶えてくれた。 [自動車&カーモデル]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。


フジミ模型さんからCAR NEXTシリーズの第2弾として私の愛車"スズキ ハスラー"の1/24スケールキットが発売されました。

ハスラーのキットとしてはアオシマの1/32スケールキットに次いで2キット目となります。
amazonで予約開始直後に注文していたので発売直後に届きました。
1-IMG_6778.JPG

アオシマのキットがかなり残念な内容だったのでフジミのキットにはかなり期待しています。
何といっても1/24スケールというカーモデルの標準スケールでのキット化なのが嬉しい。
最近の模型業界電は現在進行形で売れている人気車種がなぜかキット化されずに旧車キットの発売ラッシュが続いているのですが現行型のハスラー、しかも軽自動車がこうしてキット化されるのは珍しいことです。

1-IMG_6779.JPG
キットの中身はこんな感じです。
このキットは最近流行りの接着剤不要&色分け済みパーツで塗装不要のお手軽簡単キットなのですが同じコンセプトのアオシマのキットに比べると精密さはスケール違いとはいえ格段に上です。
パーツ点数もかなり多くサスペンションも再現されているまぁ当たり前のカーキットですね。
但しエンジンレスです。

モデルとなったハスラーのクラスはXターボだったはずですがオレンジボディ(ボディ色がブルーも併売)のオーナーさんなら絶対買うべきキットだと思います。

1-IMG_6780.JPG
色分けの再現具合を確かめるにはデカールを見れば一目瞭然。
黒のデカールはピラー再現用とモールかな?
ここまでくればピラーも成型色で再現してくれれば最高だったのに・・・
オレンジのデカールはダッシュボードのアクセントカラー再現用ですね。
カーステ(ナビ)初期型ですね。
ホイールもメッキパーツにデカールを貼って再現かぁ(メッキパーツには塗装できないから)
他にも細部再現用のデカールが多数ありますね。

ボディ色がキットと同じならもう手を加える部分はなくストレートに組むだけで愛車が手に入るから羨ましい。
ボディカラーが赤白ツートンの私の場合は塗装が必須です。


そして何気なくこのデカールを眺めていたら番号の無いデカールを発見!

もしかしたらこれって

1-IMG_6781.JPG
私が発売前の試作段階のものをフジミさんのブログで見てカスタマーサービスさんにメールでお願いしたあのデカールではないですか~



スクリーンショット (130).jpg

スクリーンショット (129).jpg

昨年私は上記のような内容で特別仕様車やオプションで取り付け可能なフロントグリル上部のHUSTLERの英文ロゴをなんとか”デカールの余白にでも印刷して欲しい”と要望のメールを出していましたがフジミさんが実現してくれたようです[わーい(嬉しい顔)]
もともと私の愛車はJスタイル2という限定仕様車で通常のハスラーとまずフロントグリルの形状が全然違います。

バンパーも少し拡張されタイプでまずこの2点はパーツを加工して改造しないといけないのですが次に問題になるのがこのフロントグリル上部の英文ロゴです。
実物は立体のロゴエンブレムを貼り付けているだけのようです。(オプション装着方法がこうなっていました)
なかなかこのスケールで立体的なものは難しいので当初から自作デカールで再現するしかないかなぁ~と考えていましたがどうせならキットにおまけでつけてくれないかなぁとダメ元でお願いしたのでした。
ガンプラでいうところのホイルシールベースなのですがこれはこれでありがたいです。
文字以外のスペースはボディカラーに合わせてオレンジですがここを私のボディカラーの赤のペンで塗って文字単位で切り出して貼ればそれなりに様になりそうです[るんるん]
まさか後でボディカラーの赤いものが追加発売されないだろうなぁ[ふらふら]
この英文ロゴは当別仕様車に標準装備の他オプションでも追加装備できるので結構装着率は多いと思うのですが・・

エッチングパーツとかで発売されることもなさそうなのでこのおまけは嬉しい。


1-IMG_6783.JPG
組立説明書にもHUSTLERのデカールを貼る一の指示がないので本当のおまけということですね。

1-IMG_6784.JPG
Jスタイル2の大きな特徴であるフロントグリルの改造はこのD8パーツのメーカーエンブレム”S"マーク部分を除いて水平方向のルーバー型グリル(メッキ色)に改修が大前提で他のバンパー形状とかは省略しても気が付かないレベルですがこのグリル形状のへ行は絶対です!
1-IMG_6098.JPG
フロントグリルの形状とバンパーガーニッシュの形状(サイドまで拡張されている)がノーマル型との違い。
HUSTLERのロゴエンブレムはおまけデカールで何とかなりそう。


1-IMG_6782.JPG
先に発売されたアオシマの1/32スケールハスラー(下)とフジミの1/24スケールキットの比較。
こうしてみると1/32スケールで私の想定しているJスタイル2への改造はちょっと無理はあったかなぁ?
マツダのOEM車種であるフレアクロスオーバーに乗っている知人に作ってあげたいけどマツダのエンブレムをどう自作するか?
トミカのハスラーの改造はもっと無謀だったか・・・やめよう[ふらふら]



当初は改造に手間がかかりそうなので製作は後回しにしようかとも思っていましたがちょっと早めに作りたくなってきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
  [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作 その12(追記) [自動車&カーモデル]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

先日一応完成させたタミヤのFORD FOCUS WRCですが

”MICELIN"のタイヤデカールを失敗したので4輪すべて削り取っていたのですがタミヤからデカールをパーツ購入してあらためて貼ってみました。

1-IMG_6738.JPG
タイヤメーカー”MICELIN”のタイヤデカールを貼っていませんが無くてもそれほど違和感はありませんが、4輪の内1つだけホイールのブランド名とFordのロゴのデカールが恐らくタイヤ装着時に指についてしまったらしく後日気が付きました[たらーっ(汗)]ちょっとこれは目立つなぁということでパーツ購入することに・・


1-IMG_6735.JPG
キットオリジナルのデカールはかなり古いキットということもあってもうメーカー在庫が無いようですが少しだけ発売時期が遅かったFOCUS RSのキットのデカールに必要なものがあるのでこちらを送ってもらいました。

1-IMG_6736.JPG
送ってもらったデカールと共に送料改訂のお知らせが同封されていました。
2018年1月17日より適応だそうです。
組立説明書に記載されている送料とは今後ことなるものが出てくるようです。
(上の画像をクリックで大きな画像で表示されます)
[かわいい]タミヤ公式のお知らせ(画像と同じ内容です)はこちら[ぴかぴか(新しい)]


1-IMG_6740.JPG
タイヤでカールはちょっと貼り方が他のデカールとは違うのでネットを参考に貼ることに・・
ネットでは”簡単に貼れる”とあるのですが結構コツが要ると思います。
(だから一度失敗しています)


1-IMG_6741.JPG
慎重に作業を進めてタイヤでカールと欠けていたホイールのデカールを貼り終えました。
タイヤデカールはちょっと余白の糊が残ってしまいましたがマークソフターが使えるのどうか分からないのでこのまま放置。(シルバリングになっています)

1-IMG_6744.JPG
タイヤデカールに触れないように慎重にタイヤ元に戻します。


1-IMG_6742.JPG
ダイソーで買ってきたコレクションケース(¥300)に収めて完成。

もうこれ以上何も手を加えるつもりはありませんのでこのまま棚に飾ります。


タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
  [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作 その11(完成) [自動車&カーモデル]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

今回で昨年から制作していたタミヤのFORD FOCUS WRCも今回で完成です。
途中長い中断期間がありましたがやはり完成させないと意味がないですよね


前回の続きの作業から・・・
塗装作業はシャーシ裏側のクリアパーツ製のエンジンアンダーカウル等の塗装で終了。
今回は先日購入した乾燥ブース代わりの食器乾燥器を使っての塗装済みパーツの乾燥を体験。
1-IMG_6656.JPG
塗装済みパーツの他に細かいパーツを接着したシャーシとボディも一緒に換装ブースへ。


1-IMG_6657.JPG
この食器乾燥器は今回が使い初めなのでなんか製品自体からの樹脂臭がけっこう出ます。
まだ食器乾燥機をドライブースとして使う際の定番改造のパーツ落下防止策を講じていませんので中止してパーツを乗せます。


やはりドライブースの効果は絶大であっという間に塗装パーツも組めるほどに塗装面が乾燥しています。
ただスペースが確保できなかったので模型を作っている部屋とは別の部屋に食器乾燥機を仮置きしているのでちょっと不便。
なんとか作業スペースに置けるように部屋を整理しないと・・・


そして上下(シャーシ、ボディ)が完成。

1-IMG_6658.JPG
ここでシャーシとボディを組み合わせるのですが何となく嫌な予感が・・・

1-IMG_6659.JPG
やっぱり・・・左のフロントが側のシャーシがボディ側とどこか干渉しているらしくピッタリはまりません[たらーっ(汗)]

1-IMG_6664.JPG
どうにかこうにか力業で嵌めこんでもボディ側の下端とシャーシ側の縁が面一になりませんがどうもこのくらいは仕様なのかなぁ、ボックスアートもそんな風に見えるし・・・
タイヤハウス(シャーシ側)とフェンダー(ボディ側)はちゃんと合っています。


1-IMG_6680.JPG
ルーフのアンテナ2本は伸ばしランナーで作るようにとのことです。
黒のランナーを使って無塗装で済ませることにしました。
※アンテナ基部(ボディ側)もX-18で塗るようにとの指示ですが省略。

どうもこのまま飾っておけばアンテナを何回折るかわからないのでダイソーでコレクションケースを買ってきます。


これで一応完成ですね[わーい(嬉しい顔)]

1-IMG_6673.JPG


1-IMG_6668.JPG


1-IMG_6667.JPG


1-IMG_6685.JPG
早々に失敗したナンバーデカール。8の文字がイビツになりました。
デカールが経年劣化しているようで非常に切れやすいです。
タミヤのサービスセンターでももうこの初期型のデカールは在庫なしとのことでした。
再生産時に予備デカールの在庫も復活すると思われますが再生産されるのかなぁ(期待薄)
組み上がったあとでホイールの1つだけふFORDマーク他が剥がれているのに気が付きました。
この失敗した”8”番のある右側はなるべく目につかないようにするのでシールが剥がれたホイールを右側に交換。
【追記】
その後タミヤのカスタマーサービスに問い合わせしたところフォーカスRS WRC02(パフォーマンスブルー)のデカールの在庫があることがわかりました。ホイールは同じものでデカールの流用ができるようなので注文してみようと思います。


1-IMG_6690.JPG
ホイールのデカールはもちろん隠れているブレーキパッドカバーにもブレンボのロゴデカールが・・・
タイヤ側面のミシェランのロゴは貼るときに失敗してボロボロになったものがあったので全部削り取りました。
これも含めて再生産になった際はデカールをサービスパーツで取り寄せたいものです。
【追記】
タイヤデカールは同じものがまだサービスセンターで在庫があるようなので注文します。
※タミヤのサービスセンターさんはいつも日曜日にメールフォームで問い合わせをするとその日のうちにすぐ回答いただけるので休日モデラ―さんにはありがたい対応です。


今回は初めて”研ぎ出し”モドキの行程を加えてみましたが出来としてはムラが散見されたりとまだまだですが、研ぎ出しの効果というのも実感できたのでもう少し勉強してリベンジしたいです。


タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

今回制作したキットはかなり古い部類に入るキットでタミヤでもカタログ落ちしている絶番アイテムです。
古いとはいえタミヤのキットなので今でも十分楽しませてくれる良いキットでした。
デカールは流石にかなり慎重に扱わないと簡単に切れます。
台紙からのデカールの剥がれ具合も悪く上手くキット自体の生産ロッドが新しいものを手に入れられれば・・
ちょっと再生産は難しいのかなぁ?カラーリングとスタイリングがかなり私の好みなので再生産されたらとりあえず手に入れたいですね(サービスパ―ツの予備デカールも手に入れて今回のキットの不足箇所に貼りたい)
タミヤからは今回制作した初期型の他に2種類(RS型)発売されていましたがいずれもカタログ落ちの絶版状態です。
どうもパーツ自体は共通のようです(デカール以外は)
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.241 フォードフォーカスRS WRC 01 プラモデル 24241

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.241 フォードフォーカスRS WRC 01 プラモデル 24241

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.261 フォード フォーカス RS WRC 02 プラモデル 24261

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.261 フォード フォーカス RS WRC 02 プラモデル 24261

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

【追記】[カメラ]
少しだけ撮影ブースを引っ張り出して撮影してみました。
1-DSCF0151.jpg1-DSCF0165.jpg
1-DSCF0166.jpg1-DSCF0163.jpg
最後までお読みいただきありがとうございます。 
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
 [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

nice!(27)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 自動車&カーモデル ブログトップ