So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ガジェット ブログトップ
前の5件 | -

続・ミニチュア灯器コレクション [ガジェット]

以前nuke_sveさんのブログで見たカプセルトイ”続・ミニチュア灯器コレクション”をようやく店頭で見つけました。

nuke_sveさんの当該記事はこちら


灯器とはいわゆる信号機のことでこのカプセルトイ企画は実際に各種信号機を製造している日本信号の製品を商品化していて私のはその第2弾(続編)です。

[かわいい]タカラトミーアーツのサイト(第1弾)へ(クリック)(第2弾)はこちら(クリック)


1-IMG_7344.JPG
続編全5種類のうち私が引き当てたのは・・・
1-IMG_7342.JPG
3現示式色灯信号機(鉄道用)
このタイプは青色が点灯します。
種類ごとに光る色がことなるようです。


1-IMG_7343.JPG

このタイプは付属のオプションをつけるとこんな感じになります。
左下の▲マークはどんな意味なのかなぁ~

販売元のタカラトミーアーツのカプセルトイの商品ページを見ると紹介されているカプセルトイの種類が4500シリーズほどありますので見ていて飽きません。

この日もたくさん並んだカプセルトイマシンの前で子供連れのお父さんが熱心に物色していました。

子供に買い与えるには1回300円はちょっときついかも知れないけどお父さんの小遣いのうちならお安いものです。

日本信号 続 ミニチュア灯器コレクション 全5種セット

日本信号 続 ミニチュア灯器コレクション 全5種セット

  • 出版社/メーカー: タカラトミーアーツ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(22)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

自作デスクトップPCのSSDを換装しました。 [ガジェット]

自作したデスクトップPCに今月になって配布が始まったWindows10 恒例のオータムアップデートをしようとしたところシステムデスクの容量不足によりインストールエラーとなってしまいました[たらーっ(汗)]


システムディスクのCドライブには5年前(2013年2月)にHDDからSSDへと換装したのですが当時はまだSSDの価格が高かったのでOSとよく使うプログラムが動くぎりぎりの容量である120GBのものを使って来たのですがここにきてどうしても容量不足が避けられなくなってきました。

Cドライブ.JPG
空き容量が1%程しかないのは無限回ですね


すっかりSSDの速度に慣れてしまっているので今更HDDには戻れません・・ということで今よりも容量の大きなSSDへ換装することにしました。


現時点で1万円ほどで500GBのSSDも買えてしまうことが分かったのですがHDDも今年になって大容量(3TB)のものに換装しているしここ最近出費続きで少しでもお財布にやさしくということで500GBのSSDの半額ほどで買える256GBのSSDを購入しました。(将来悔やむことがないといいのですが)

いつもお世話になっているドスパラの通販で買ったのがこれです。

1-IMG_7328.JPG
Palitというビデオカードとかではちょっと有名なメーカーのものでドスパラが工場直送仕入れでコストを下げて販売しているという品です。

Palit社は昨年春にSSD市場に新規参入したらしくこちらの製品はその第1弾・・というのがちょっと不安なのですが私はドスパラを昔から利用していて個人的には信頼しているお店なのでこれにしました。
アプリで使える300円引きクーポンのコード入力を忘れて決済してしまったので購入価格は送料込みで5,680円(税込)でした。


1-IMG_7329.JPG

筐体はプラスティックぽいです。

HDDとは違い高速回転するパーツがないので堅牢性はあまり問題にならないということか?
これまで使っていたサムスン製のものは金属筐体でした。

早速、現在のシステムディスクのクローンを新品のSSDに作ってSSD換装は無事作業完了。
クローン作製には有名なフリーソフトを利用しました。
移行作業は1時間もかかりませんでしたね。


SSD248.JPG
現状では256GBの容量の半分程度はすでに埋まっています。
計算ではこれだけあれば再拡張の必要はなさそうに思われます。


新しいSSDにしたらWindowsの起動時間がちょっと早くなったような気もします。
SSDも時間とともに劣化して速度が落ちるそうなので最近ちょっとWindowsの起動が遅いと感じていたのはこのせいだったのかもしれません。

Windows10のオータムアップデート(1809)についてはインストールに失敗しました・・というログが表示されていて未だに最新版にはアップデートできていません[あせあせ(飛び散る汗)]


今年はPCの電源ユニット、HDDとSSDとパーツを交換することが多かったです。

今使っているマザーボードとCPU(Core-i3)ももう5年使っているのでそろそろ更新したほうが良さそうなので来年あたりアップデートですかね


サムスン Samsung SSD 860 EVOシリーズ 500GB(ベーシックキット) MZ-76E500B/IT

サムスン Samsung SSD 860 EVOシリーズ 500GB(ベーシックキット) MZ-76E500B/IT

  • 出版社/メーカー: 日本サムスン
  • メディア: エレクトロニクス
▲本当はこちらの500GBのSSDにしようか迷いました。
これで1万円以下(この記事を書いている時点)です。

タグ:SSD
nice!(24)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HDDがRAW化(老化) [ガジェット]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。
お盆を過ぎても猛暑、酷暑のニューズが続きますが青森ではそこまで暑くない日々が続きます。

県内では30度越えともなると大騒ぎなのですが・・・今年の夏は少し肌寒い日が多い様な気がします。
うちの母親なんかは寒い寒いといって片づけたはずのコタツ掛けを出してきてつい数日前なんかはスイッチを入れて団をとっていました。

さすがに私はコタツには入りませんでしたが子供のころにTVで見た真夏の我慢比べを思い出しました。

綿入りのちゃんちゃんこを着こんでコタツに入って鍋を食べるとか・・・(懐かしい)


さてさてお盆の忙しさ(田舎はお盆は忙しいのです)も一段落した途端にデスクトップPCの内蔵HDDが故障してしまいました。

データのみ記録の1TBのHDDがRAW化してしまったようです。

通常はNTFSとかのフォーマットで使うHDDが何故かRAWと表示されてシステムから認識されない状況です。
HDD.JPG

Windows10のディスク管理画面でみてみるとディスク2(問題のHDD)内の2つパーティション(H:とJ:)にRAWの表示があります。
RAWというのは”生のHDD”の状態ということで初期化以前の状態らしいです。

とはいってもデーターはRAW表示になる以前のままHDD内に残っっている場合もありこの場合システム側のHDD情報を管理するファイルに不具合があったりしてHDDが読めない状況になっているらしいです。

HDDが物理的に破損して使えない状態なら上の画像のようにHDD自体を認識しないと思うので恐らくディスク管理ファイルのトラブルのような気がします。
もともとこのHDD自体は以前エラー表示が頻発したためあらたに3TB のHDDに買い替えたため用済みになるところを暫くしてHDDチェックソフトで検査したところ不思議なことに以前あった不具合が消えていたので再度実装してサブディスク扱いとして使っていました。
(ということで再度トラブルになるのは必然かなぁ)
このHDD内のデータは消去しても全然かまわないものばかりなので簡単にHDDを初期化して再度使いたいところなのですがWindowsのシステムのHDDの初期化プログラムが拒否されて初期化できません[あせあせ(飛び散る汗)]


ネット検索で”HDD"”RAW"を調べてみると様々な解決方法が教示されます。
その中でフリーウエアを使っての解決法がいくつかあったのでその中の一つ”Testdisk”というものを使ってみることにしました。
TESTDSK.JPG
Testdiskの画面はこんな感じでキーボード上のカーソルキーとEnterキーのみ受け付けるキャラクターベースのインターフェースです。

Testdiskの使い方についてはほかのサイトに詳細に説明されているので割愛させていただきますよ。

Testdiskはパーテーション復元のフリーウエアですのでまずはRAW化しているパーテーションを本来のフォーマット形式に回復(今回はHDDの中身のデータはどうでもよいのですが・・・)させる作業から・・
上手くいくとHDDが認識されて中身のデータもそのまま(これは理想)


この作業は非常に時間がかかるようなのでしばらく放置[ふらふら]


でもなぜかH:,J:と2つあるパーティションのうちH:のみ画面に表示されています。

H:ドライブが回復すればJ:ドライブも出現すうるのかなぁ?

このまま不調のHDDを内蔵したままだと起動に時間がかかったり操作中に変な挙動がでてフリーズしたりと良くないことだらけなので早急に結果をみて判断せねば・・


(以下後日追記)
とりあえずTestdiskでドライブH:(500GB)をdeepserchまでかけてみました。

所要時間は約12時間[あせあせ(飛び散る汗)]
結局、見つかるはずのパーティションが見つからずに終わり打つ手なしでした。

しかも相変わらずHDDの初期化もできず放置しておくとPCんp起動時にシステムがHDDの復元を試みたりしているので起動時間がやたらと長くなってしまいました。

なんかソフトの挙動もおかしくなってきたので結局、問題のあるHDDを取り外すことに.....

以前、外付けのUSBのHDDケースに入れて初期化をしようとしてもダメだったのでこれはもう大人しく破棄するしかなさそうですね。


タグ:HDD_RAW]
nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

自宅Wi-Fi親機を更新しました。 [ガジェット]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます[手(パー)]

[サッカー]ワールドカップも終わりJリーグも再開しましたね。

ワールドカップの決勝戦はやはりクロアチアに少し疲れが出ていたように見えました。

あとクロアチアに少し運が無かったかなぁ~
良くも悪くもVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の目立った大会でした。
でも日本の大相撲なんてもう何年も前から物言いがつけばビデオ確認しているしなぁ
そのうち大相撲もゴールラインテクノロジーのようなハイテクでさらに微妙な判定の可視化もあるかも?
相撲協会って保守的なイメージがあるけど結構先進的です。

先日、フルメタルパニック!を1stシーズンから見始めたとこのブログに書きましたが更に超時空要塞マクロスも1stマクロスから見始めています。
両シリーズともamazonのプライムビデオで無料視聴しています。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • メディア: エレクトロニクス
amazonのFireTVStickを自室の32型液晶につなげて見ているのですがこれがまぁよく接続が切断されます[あせあせ(飛び散る汗)]
FireTVStickはWi-Fiでしかネットに接続できないのですがどうやら今使っている無線親機の性能限界なのかもしれません[ふらふら]

1-IMG_7032.JPG

これがこれまで使っているWi-Fi親機です。
NECのAterm WR8165N(PA-WR8165N-ST)という型番。
IEEE802.11n、11g、11b規格に対応。2.4GHz帯のみ。
最新の11acには非対応です。
伝送速度は11nで最大300Mbpsということですが自宅のネットはまだADSL回線なのでここまでの速さは使えません。
以前はBUFFALOの製品を長年使っていたのですがこの機械からNECのものに変更しました。
機種選定については単にNECのこのモデルの価格が最も手ごろだったという理由でした。
私の家庭内LAN環境で接続している無線子機はiPhone8、iPhone6、Androidタブ、VAIOノート、amazonのEcho Dotと今回問題のFireTVStickと結構多めかな?
この状況でFireTVStickで30分のアニメ番組を視聴するとだいたい10分おきに接続が切れます[たらーっ(汗)]
こうなるとしばらく放置するかFireTVStickを再起動するか無線親機を再起動させるかしないといけないのでこの状況では満足に視聴できません。
ただiPhoneやandroidタブで視聴すると切れることはないのでFireTVStick側の問題の可能性もあります。
なんかFireTVStickは熱暴走しやすいとかいう話もあってヒートシンク(放熱板)を貼っている人も・・・
アイネックス チップ用ヒートシンク YH-3820A

アイネックス チップ用ヒートシンク YH-3820A

  • 出版社/メーカー: AINEX
  • メディア: Personal Computers
でも私のFireTVStickはそれほど熱くもないのですが...。

他の機器では視聴中に回線が切断されることがないので回線自体がADSLだからってこともなさそうなのでこの機会にそろそろ古くなってきた無線親機を換えてしまおうと新しいものを買いました。

1-IMG_7037.JPG
新しい無線親機はこれまでと同じNECのAterm WG1200CR(PA-WG1200CR)
私が購入した時点では価格ドットコムのランキングにて上位にランクインしています。
一応現状では最低限のスペックを備えていてIEEE802.11acまで対応。
有線LANポートもGiga対応(自宅のネット回線を光回線に切り替えたら有効なんだけど・・)
ということでちょっと将来を見据えた先行投資要素もありますね。
これで3千円台で買えてしまうのが凄い。

NEC 11ac対応 無線LANルーター 親機 (867+300Mbps)Aterm PA-WG1200CR

NEC 11ac対応 無線LANルーター 親機 (867+300Mbps)Aterm PA-WG1200CR

  • 出版社/メーカー: NEC
  • メディア: エレクトロニクス
比較検討したのは現在人気ランキング1位のバッファローの▼こちらの製品でした。
私が買ったNECのものより500円ほど高いのですが本体の有線LANポートはGigaポートではないようです(WAN側ポートはGogaポート対応)
このぐらいの価格差なら皆さんバッファロー製を選んでいるのかなぁ?
1-IMG_7035.JPG
サイズは前モデルよりも少し大型化したけど設置場所には困っていないので問題なし。
設置場所はこれまでと同じ自室(2F)の窓際です。
ここに親機を置くと自宅脇の倉庫(車庫兼作業場)までWi-Fiが届くので作業しながらネットラジオ(ラジコやNHKらじる)をLAN環境で視聴できます。

親機を更新した後はアマゾンのプライムビデオでの視聴時にもうWi-Fiの切断が頻繁に起こることは無くなったので満足しています。
実は新しい親機を注文して到着を待っている間にこれまで使っていた親機のWi-Fiの電波をFireTVStickだけプライマリからセカンダリに移したところ電波の切断が発生しなくなっていました[がく~(落胆した顔)]
単に使用子機の使用する電波を分散したらデータの混雑が改善されて解決する話だったのかも?
もう少し待てばよかったような気もしますがやはりそろそろ親機は買い替え時でしたね

せっかくなので気になる我が家でのWi-Fiの電波状況(速度)を少しチェックしてみることにしました。
iPhoneでアプリを使って計測するのが簡単なのでRBB SPEED TESTというアプリで計測してみます。


まずは今はLTE回線では使っていないiPhone6で古い親機での接続状況です。
iPhone6_旧.PNG

下り12Mbps前後、上りが1Mbps未満というところです。

一応下り10Mbpsあれば動画の視聴で困らないレベルだそうです。


次に最新のiPhone8で古い親機に接続した場合・・・

iPhone8_旧.PNG
IEEE802.11acまで対応のiPhone8ですが古い親機は11acには未対応なので新旧iPhoneではあまり差が出なくて当然か?

それでは今回買った新しい親機(11ac対応)の電波をつかませるとどうなるのか?


それではiPhone6での結果は...

iPhone6_新.PNG

う~ん。あまり変わりません。iPhone6は11acには未対応なのでこんなもんですね。

それでは11ac対応のiPhone8では・・・・。
iPhpne8_新.PNG
あれっ?
ちょっとは早くなるかなぁ~と思たけどやはり大元のネット回線自体がADSLなのでそれがボトルネックになって高速Wi-Fi対応の親機を設置したところで環境は変わらないということがはっきりしました[ちっ(怒った顔)]
ということで自宅でのWi-Fiは新旧親機ともに下り12Mbps程度で上りが1Mbps程度ってことで確定。
iPhoneの位置を狙って電波に指向性を持たせるというビームホーミングの効果に少し期待かな?

ちなみに昨日、病院で無料開放されている公衆Wi-FiでiPhone8を接続したら・・・
IMG_7039.PNG

上の履歴の最上段が病院での公衆無線LANにつながった時のデータです。

病院での長い待ち時間の間にこの無料Wi-Fiのおかげで退屈せずに済んでいます。

これまで計測したことがなかったのですが114Mbpsほど出ています。
どうりで動画の視聴でも複数の人が同時接続していても途切れることがありません。
さすがに高速インターネット回線(おそらく光)。

この結果を見ると光回線を導入したくなっちゃいますが現状では12Mbpsでも動画視聴時のの中断や切断がなくなっているのでまだ光回線にするのは様子見です。
戸建てだと現状のADSLプランよりもまだ1,000~2,000円/月ほど光回線の方がコストがかかります。
ケチ臭い話ですがメリットはほとんど感じません。

数年前にこんな田舎にも光回線が開通してネットを利用していない人まで電話加入で光回線にしているので交換局でのADSL利用者が減ったせいかどうか我が家のADSLは年々高速化しているような感じです?(あくまでも個人の感想)


※ちなみに上の履歴の2~4段目は自宅でのLTE回線での結果です。
格安SIMのmineoのdocomoプランでのデータ通信です。

上り回線の速度がWi-Fiよりも上がっていますが下りはほぼ同じ速度。

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SoundPEATSのワイヤレスヘッドフォン [ガジェット]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。
先日機種変更したiPhpone8用になにかよさげなヘッドフォンを探していたらネットの書き込みで高評価のものを見つけました。

1-IMG_6900-001.JPG
SoundPEATSというブランドで販売されているBluetoothヘッドフォン Q30 Plus
iPhone8にはヘッドフォンジャックが無いので通常の有線ヘッドフォンは変換コネクタ経由でしか接続できません。

特に音質とかにこだわりがない私は高額な音響メーカーのヘッドフォンなんて持っていないので付属のライトニング端子対応の純正ヘッドフォンで十分です。(iPhone付属のヘッドフォンもかなり評価が高いようなので)

それでも有線のヘッドフォンは取り回しが面倒、カバンの中でコードが絡んだり、コードの長さがちょうどよい長さでなかったり・・ということで以前は私もBluetoothのヘッドフォンをいくつか使っていましたが連続使用時間が短かったり、耳から外れやすかったりとここ何年かはすっかり使うことも無くなってしまいました(引き出しの隅にでも放置してあるかも)
今回購入したSoundPEATSのQ30(Plus)という製品は冒頭でも触れた通りネットでの評価が高い製品で私自身はYoutubeで紹介されていた動画を見て知りました。

アマゾンでベストセラー第1位を何周にもわたって獲得!という触れ込みに惹かれました。
キャプチャ.JPG
誰でも知っているような有名音響メーカーの製品を抑えてのランキングトップ。

しかも購入時はちょうどタイムセール祭り期間中だったので3000円以下というぎりぎり私の即決価格レンジに収まっています。

ちょうどアマゾンで同価格帯のメーカー品を買おうか迷っていたのですが音質にこだわりがないというのは音の善し悪しが良くわかっていないということでもあるので迷った時の他力ということでポチリました。

ただSoundPEATSというブランド(メーカー名?)は今まで全く聞いたことのないもの
恐らく中国のメーカーのものだと思われますが中華製品に普段は厳しい評価のネットユーザーがここまで支持しているのだからと自分に納得させての購入でした。

もう何年もBluetoothのヘッドフォンを購入していなかったのでちょっとワクワクしながら商品到着を待つこと2日。
アマゾンから届いた商品パッケージはなかなかいい感じです(冒頭の画像)
早速開封してちょっと小さくてわかりにくい取説を見ることもなく通常のiPhoneとBluetooth機器とのペアリングを実施。
あっという間に接続完了です。


1-IMG_6954.JPG
耳の穴に差し込むパーツ:イヤーピースが5サイズ(XS,S,M,L,XL)
耳のくぼみに引っ掛けて脱落を防止するパーツ:イヤーフックが3サイズ(S,M,L)同梱されています。

標準ではそれぞれMサイズが装着済なのでとりあえずこれで装着してみます。

以前使っていたBluetoothヘッドフォンはイヤーフックがなかったりプラスチック製のイヤーフックを耳の付け根に引っ掛けるタイプだったりで装着感は最悪でしたがこちらの製品は本当にやさしくフィットしています。

コードが垂れ下がっていてもなかなか耳から外れ落ちそうな気配がありません。

肝心の音質は正直、良いのか悪いのか全く判断が付きませんが”悪い””あまりよくない”といった評価はつけるようなものではないようです。
ノイズキャンセル機能もついているとのことですがよくわかりません。

ただし装着すると思ったより外の音が入ってきません。
静かな病院の待合室で名前を呼ばれても気づきませんでした。
イヤーピースの密着性が高いのかノイズキャンセリングがしっかり働いているのか分かりませんが私にとっては歩行時には注意した方がよいような気がするレベルです。

私がiPhoneでこのBluetoothヘッドフォンを使う場面は散歩の時か病院での長い待ち時間での暇つぶし時ですね。

1-IMG_0005.JPG
製品にはこのような小さな樹脂製のポーチが付属(カラビナ付)


1-IMG_0006.JPG
ポーチの中は本体と充電用のUSBケーブルが付属。

1-IMG_0008.JPG
ヘッドフォンにはマグネットが内蔵されていてこのようにマグネット同士をくっつければカバンの中でもコードの絡みが少なくなりそうです。


1-IMG_6955.JPG
個人的にはあまり使わなけどiPhoneにかかってきた電話にも対応できます。
電話がかかってきたらコントローラーのボタンを押せば通話が始まるのですがついついiPhone本体を取り出してヘッドフォンを外して応対しちゃいます。


この製品名のQ30Plusの”Plus"はコントローラー部の防水化を意味しているようでIP6X(耐水)規格。
アマゾンの商品説明には”防水防塵IP66”とうたっていますが商品詳細には”防水IP6X”とだけ大きく打ち出しています。
IPX6のXの部分(IPに続く1桁目)は防塵性能レベルを表す数字なのでXとあると防塵性能は0なのでは?
(防水防塵機能があるのなら確かにIP66の表示でかまわないのですが・・・防塵は6が最高レベル)


※高速充電器の使用は要注意[ひらめき]

ネットでの書き込みでも多く見られるのが充電器に高速充電できる2Aタイプのものを使うと本体が壊れるといういう記載。
iPhoneに標準添付されている充電器なら問題ありませんがタブレット用だとか高速充電をうたったものは本機に対しては容量(A)オーバーなので使えないというか使ったらダメになります。

最近よく聞く”買ったらすぐ壊れた”系のトラブルはこんなことが原因なのかもしれません。

まだ数回しか使っていないのですがなかなか良さそうなヘッドフォンですよ。
当面は連続使用時間8時間を信じて使ってみます。


ちなみに購入に際し比較検討したほかの製品はこちら



最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
  [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - ガジェット ブログトップ