So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

そろそろ製作再開です [飛行機プラモ]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。
先日、フィルム時代の写真を整理していたらこんなものが出てきました。1-IMG_7128-001.JPG
J
ALと経営統合する前のJAS(日本エアシステム)の搭乗券の半券ですね。
今更ながら名前が思いっきり間違って入力されていました。(まぁよく間違われるけど)

ハイジャックや万が一の時にはテレビのテロップには違う人の名前で流れていたかも・・・

さて搭乗時期はたぶんまだ20代のころに関空から羽田へ戻ってきたときのものだと思われますが搭乗券って搭乗月日は記載されるけど年は記載されないんですね~
当時は京都旅行からの帰途に利用したのを覚えています。

なんで新幹線を使わずに京都から関空特急”はるか”に乗ってJASのこの便に乗りたかったのかというとちょうどJASでMD90の黒澤明によるデザインのスペシャルマーキング機が就航していたからでした。
当時、JASのMD90には7つのカラバリがあって各地の空港を彩ってくれていたのですが果たして私の搭乗した機種のカラーリングの記憶は夜間便ということもあり全く記憶に残っていません。
通路が一つのいわゆるナローサイズの機体に乗るのは初めてだったのでこれまでに乗ったジャンボ(B744)やA300-600Rと比べてちょっと心細い感じがしたのを覚えています。
JALUX 1 / 200 JAS md-90 5ユニットレインボーカラー











さてさて本題。
かなり放置したままになっていたハセガワの海上自衛隊のSH-60Jですが製作再開しました。

1-IMG_7130-001.JPG

前回までに内部のインテリア(操縦席やコックピット回り)は塗装を済ませていました。
作業が中断したのは仕事の超繁忙期に差し掛かったのとちょっとキットのままでは現状の海自で活躍しているSH-60Jにはならないことが判明したため行き詰った感が・・・


まずキットでは下の画像にあるように25門のソノブイ投射器をオミットします。
画像のように投射器が装備されている機体もありますが圧倒的に通常はオミットされているのでパテで埋めちゃいます。
また画像にある通りバブルウインドウはキットでは再現されていないのでこれも何とかしないと・・

1-20160816232801.jpg


1-IMG_7126.JPG


1-img_0.jpg

▲このようにSH-60Jの画像を調べてもキット通りにソノブイ投射器がそのまま装備されているものはなさそう・・・
バブルウインドウはこうのように上下左右の視界確保に効果的。


1-IMG_7131-001.JPG
▲ソノブイ投射器を埋めた状態。ホワイトサフ塗装後。
投射器の外枠まで埋まってしまったので後でスジボリしなおします[あせあせ(飛び散る汗)]


1-sh60j_43.jpg

前述のバブルウインドウは透明プラバンを熱加工(変成)させて作るしかないかなぁ~
まぁぼちぼち進めます。

ハセガワ 1/72 海上自衛隊 SH-60J シーホーク プラモデル D13

ハセガワ 1/72 海上自衛隊 SH-60J シーホーク プラモデル D13

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
 よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー