So-net無料ブログ作成

【アオシマ】スカイライン2000GT-R(KPGC110)’73 製作その2 [自動車&カーモデル]

アオシマのケンメリGT-Rを作っています。

久しぶりに当ブログの趣旨通りのキット製作記事の連投です[手(チョキ)]

今回は先にこちらをぽちっとしてくれると嬉しいです。
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

人気ブログランキング 

インテリア(内装)の製作

1-IMG_7837.JPG
もともとモーターライズキットだったということもあり精密さという点ではちょっと不安が残るところですがダッシュボード周辺はけっこう彫り込みがしっかりしていて再現性はそれなりに高さそうです。


1-IMG_7838.JPG

1-IMG_7840.JPG

1-IMG_7839.JPG
各種メータ類も内部までしっかりモールドがありますね~
この画像はiPhone8に百均のクリップ式のスマホマクロレンズを使って撮影しています。
ピントは対象物との距離を自分で調整して焦点したところでシャッターを押しますがなかなかシビアな精度を要求されます[あせあせ(飛び散る汗)]
恐ろしいことに、このキットにはこれらのメーター類の再現用のデカールが一切付属していませんのでリアルに再現しようとするとこのメーター類をどう塗り分けるかがカギになりそうです。


正直なとろこれは老眼にはかなりハードルが高い作業です[ふらふら]

普通に面相筆で塗り分けなんてまず無理ですのでちょっと技を使って作業をします。
[1]ダッシュボード全体を指示通りのセミグロスブラックで塗装。
[2]メーターまりをシルバーで塗り分け(ここだけは面相筆で根気よく)
[3]メーター内のモールドに爪楊枝の先にラッカー系ホワイトを少量着けてこすりつけて色をモールドに乗せる
[4]乾燥後にメーター内に黒のエナメル塗料を垂らして白い色が乗ったモールドを浮き上がらせる(エナメルの黒は乾燥すればモールドより低い位置で定着)

こうしてできたのが下の画像です。
1-IMG_7846.JPG
各メーターをマクロ撮影で超ズームアップするととても汚いのですがこのくらい離れているとまぁまぁメーターぽ差が出ているのがわかります。
厳密にはモールドすべてに白い色が乗ているわけではありませんが細かい塗り分けをしないで簡単に済ませることができました[わーい(嬉しい顔)]

[ぴかぴか(新しい)]STEPUP[グッド(上向き矢印)]
次にこのメーター類にあたかもレンズカバーがついているように見せるために前から気になっていたこいつを使ってみます。
1-IMG_7841.JPG

100均で買ったクリアUVレジン(セリエで購入)
手作りアクセサリーなどを製作する際の素材のようですがUVライトで硬化したとはクリアパーツのようになります。
モリモリもりちゃんさんのブログでメーターのディテールアップによく使われているのを見て今回初挑戦です。
使い方はメータ内に容器のノズルからレジンを垂らした後にUVライトあるいは日光下にさらして硬化させます。
レジン液は思ったよりも粘性が高くて慣れないと扱いが難しく感じましたがこのキットのメーターは深さがあるので適量を垂らせば綺麗に流せそうです…といいながら小さいメーターの方はレジン液があふれてしまいました。(下の画像)
1-IMG_7847.JPG
硬化が始まるとレンズのような状態になって心なしかメーターの文字盤が浮きだつような感じになっています。
これは慣れればいろいろと応用が利くかもしれないですね

失敗したメーター部分のレジンを爪楊枝で刺して抜くとたこ焼きのようにレジンが抜けました。

しっかりした型を作れればクリアパーツの自作が楽になりそうです。
他にもたくさん売り場にはレジンの色があったので研究してみたい。
1-IMG_7863.JPG
1/24スケールのドアが開かないカーキットでここまで手を加える必要があるのか?といわれるかもしれませんが他人が見るときに結構ダッシュボード周辺の再現具合とかチェックされがちなのでここは身の丈に合わない技術で応戦です。
1-IMG_7854.JPG

ダッシュボードのメーターパネルが私が想定したこのキットの難所の一つでしたが可もなく不可もなくといった程度の汚さで収まりました。
一安心です。

上の画像ではダッシュボードの取り付け角が上向きすぎているので実際にはもっと水平にダッシュボードがつきます。
完成後にのぞき込んでもここまではっきりとはメーターパネルは見えることはないと思います。


1-IMG_7855.JPG
このアオシマのキットの塗装指示は酷いもので当時のカタログを参考にしながら塗り分けることにしました。
ステアリングのスポーク部は本当は真ん中が抜けているのですがスミを流してお茶を濁す。

ドライバー側のフットペダル付近のフロアが一部抜けているのはここにモーターライスキット時代にスライドスイッチがあったためなのか?

面倒なのでそのままにしています(どうせ目立たないし)[たらーっ(汗)]

1-IMG_7864.JPG
これでシャーシ側の工作&塗装は終了なのでボディを被せてチェック。

フロント側のストロークがが深すぎなのかちょっと沈みがち?

今回は簡素なキット構成なのでかなりのペースで製作が進んでいます。

nice!(28)  コメント(12) 

nice! 28

コメント 12

middrinn

メーター、お見事ですね(〃'∇'〃)
by middrinn (2019-02-16 12:15) 

青い森のヨッチン

middrinnさん
お恥ずかしい限りですが下手なりにいろいろ考えてみました。
by 青い森のヨッチン (2019-02-16 12:49) 

YUTAじい

おはようございます。
細かい作業流石です。
インターホン更新は修繕積立金からですねぇ・・・
by YUTAじい (2019-02-17 05:36) 

ぽちの輔

UVレジンは簡単に剥がせるんですね。
100均で売ってるとは知りませんでした^^;
by ぽちの輔 (2019-02-17 06:42) 

hanamura

自家用車をプラモデルで作り倒す! VWゴルフⅡに乗っていた時代、新婚から単身赴任まで、あれは人生で一番幸せな時期でした。 このスカイラインと時代が重なって、オロロ~ン涙!
by hanamura (2019-02-17 11:04) 

モリモリもりちゃん

こんにちは(^^♪
UVレジンで以前からメーターのガラス部分制作していましたが、なかなかイイ感じになりますよね。
この頃の丸いテールランプがかっこよかったですね。
by モリモリもりちゃん (2019-02-17 16:06) 

青い森のヨッチン

YUTAじい様
ナノブロックよりは自信があります(笑)
by 青い森のヨッチン (2019-02-17 18:13) 

青い森のヨッチン

ぽちの輔さん
100均のUVレジンはかなり種類がありましたよ。
今使っているUVライトは光硬化接着剤のおまけのようなものなのでライトも100均にあるか今度見に行ってみます。
硬化にはLED蛍光灯ではだめなので自然光に頼れない夜間作業にUVライトは必須です。
by 青い森のヨッチン (2019-02-17 18:16) 

青い森のヨッチン

hanamuraさん
私の場合これまで乗った自家用車で模型キットが売られていないのは2台目に乗ったホンダのHR-Vですねぇ~
1台目の日産プリメーラ、現在乗っているハスラーは模型化されています。
by 青い森のヨッチン (2019-02-17 18:18) 

青い森のヨッチン

モリモリもりちゃんさん
UVレジンを使う工作はモリモリもりちゃんさんのブログ記事を見てやってみようと思いました。
まだレジンの粘度に慣れなくて今回は失敗でしたが他にもいろいろ応用が利きそうなのでこれからも研究してみます。
by 青い森のヨッチン (2019-02-17 18:22) 

Ulitzen

こんばんは~。

我々が子供のころ作ってた車プラモは走ってナンボでしたからね~。その割にはラジオやメーターパネルなど車内は精密にできてたんですね。

by Ulitzen (2019-02-17 21:35) 

tarou

こんばんは、松本城(公園)にコメント
を有難うございました。
小さなお城で、階段はきついですね。

細かいところまで、塗装するんですね、
素晴らしいです。
by tarou (2019-02-17 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。