So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【バンダイ】ARX-7アーバレスト [ガンプラ以外]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

フルメタル・パニック!のTVアニメ最新作(シリーズ4作目)のInVisible Victory(略:IV)も先日放送終了を迎えました。

私はきちんと同シリーズを見ていなかったのでamazonビデオでシリーズ1作目~3作目を追っかけ視聴して何とかオンタイムでIV版の最終話を見ることができました。

ということで以前予告していた通り(?)バンダイから発売されているこれを購入。

1-IMG_7066.JPG
バンダイのASキット 1/60スケールのARX-7アーバレスト(Ver.IV)です。

初回生産分があっという間に売り切れて高値の市場在庫品を掴むことなく今回の再生産を待ちました。
ガンダムでのMSに相当するのがこのアーバレストのようなAS(ARM SLAVE)アームスレイブです。

全長は8.5m(アーバレストの場合)程しかなく18mあるMSと比べるとかなり小柄。
小型MSのF91(15m )に比べてもまだ半分ちょっとという大きさです。

ガンプラのHGやRGの1/144スケールに対してバンダイのASキットは1/60スケールで展開されていますがキットを組むとガンプラと同じくらいの大きさになりそうです。
私はフルメタルパニック!のASキットを作ったことはないので今後バンダイでもシリーズ展開されるこのシリーズに期待しちゃいます。



ASのキットではバンダイは最後発のメーカーということで既存の他メーカーのキットよりも当然出来が良いようです。
キット価格はガンプラのRGシリーズ並みの価格なのですが部品点数も多く、成型色での色分け再現もほぼ完ぺきということで無塗装の簡単フィニッシュ製作法でもクオリティーの高い完成品が手に入りそうです。
ここら辺は安心のバンダイ製品といったところですね。

1-IMG_7068.JPG
▲キットのランナー構成
前述の通り見事に完成時の塗装を再現している色分けされたランナーはちょっと多めかな?
価格相応といったところでしょうか?(良い意味で)
1つだけアンダーゲートのパーツがあります。メッキやクリアーパーツではないのですがちょっとこの段階ではアンダーゲートにした理由がわかりませんがちゃんと理由あってのことでしょう。
今回は仮組をする前の記事投稿なので全塗装する場合の後ハメ加工の必要性とかの判断はできないのですが流石にここ案で色分け再現が完璧に近いともう無塗装で組みたい!という欲求が湧いてきます・・でもちょっとせっかくの地上近接戦闘主体のASキットなのでAFV的な要素を取り入れた塗装表現もしてみたいですね。


1-IMG_7070.JPG
▲キット付属のデカールはこれだけです。
一部塗り分け再現用のものとMSでいうカメラアイ部分の再現用?
頭部のカメラユニット部の再現にはクリアパーツは使われていないようです。

1-IMG_7074.JPG
▲パッケージアートから
フルメタの世界はガンダムとは違い宇宙空間が戦場になることはなく戦場は地上。
ジャングルや荒野での戦いや市街戦なんかもありますのでASの機体の外装はこんな感じに汚れや傷で覆われているはず。
昔ガンプラで流行った”ハゲチョロ”なんて技法だけでも何となくそれらしくなりそうです。
最近じゃ”ピグメント”とか使って再現するのが主流?


すぐにでも取り掛かりたいのですがまずは製作途中で放置しているキットを最優先で・・・
フルメタル・パニック! レーバテイン Ver.IV 1/60スケール 色分け済みプラモデル

フルメタル・パニック! レーバテイン Ver.IV 1/60スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
▲戦闘で大破したアーバレストの後継機もキット化される予定です。
IV版終盤では無双状態の大活躍
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので  
よろしければポチっとお願いします。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓


nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 29

コメント 6

ぽちの輔

こういうのが実際に兵器として使われる時代が来るんですかね?^^
by ぽちの輔 (2018-08-01 06:10) 

ロートレー

次々と創作意欲をくすぐる新作が発表されると無視することはできませんね
映像による興奮も重ね合わせてお買い上げ~^^
by ロートレー (2018-08-01 06:11) 

青い森のヨッチン

ぽちの輔さん
人型のロボット兵器というのは実現性は低そうですが単純な殺戮ロボット(非人型)とかならすぐにでも出来そうですが人道的にかなり使用には非難を受けそうですね。
by 青い森のヨッチン (2018-08-01 08:17) 

青い森のヨッチン

ロートレーさん
バイクとかクルマのプラモデルって実物を頑張れば買うことができますが絶対買えないものを所有するのってやっぱり模型の醍醐味です。まぁそれでも作らず箱の中なら何の意味もないのですが・・・
by 青い森のヨッチン (2018-08-01 08:20) 

モリモリもりちゃん

こんにちは(^^♪
ガンプラは基本的には接着剤使用するのですかね。
それにしてもキットのパーツ数かなり多いいですね。
by モリモリもりちゃん (2018-08-01 11:46) 

青い森のヨッチン

モリモリもりちゃんさん
ガンプラは伝統的に接着剤を使わないスナップオンキットなんですが”大きなお友達”は接着剤をわざとはみ出させて合わせ目消しとかやっちゃいます。
そういえば昔のキットって小さなチューブ式接着剤が同梱されていましたねぇ~(ほとんどセメダイン社のもので接着剤を今でもセメダインとかいっちゃいます)
パーツ点数が多いと嬉しいですよ、ガンプラってスケールモデルに比べて価格の割にパーツが多い傾向にあります。
by 青い森のヨッチン (2018-08-01 13:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。