So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

35ガチャ―ネン [ガンプラ以外]

amazonのサイトを何気なく見ていて目に留まった商品を思わず即買いしました[わーい(嬉しい顔)]

1-DSC01242.JPG
フィギュアでお馴染みの海洋堂の新企画商品”カプセルキット”シリーズの第1弾。
1個500円のカプセルトイ(私としてはガチャガチャの呼称の方がしっくりきますが)がamazonでは3個セットで購入可能。
1/35スケールのプラモデルをカプセルに入れて販売する海洋堂のカプセルキットの第1弾が横山宏(コウ)氏のMa:K マシーネンクリーガー

横山宏氏はSFイラストレーターですが模型誌にも時々モデラーとして登場したりしていますね。
でもやっぱり横山宏といえばMa:Kですよね~っていっても自分もずっと興味があるけどあまり詳しくは知らないんだよね~って感じです。
ということであまりMa:Kがどんなものか・・とか説明できないので詳細はこちらをクリック[ぴかぴか(新しい)]


1-DSC01243.JPG

カプセルキットの中身はこんな感じです。
カプセル自体は中身が透けないカラーリングですがこれって本当にガチャガチャの機械に入れて販売されるのか?少なくとも青森では実現しそうにないなぁ[ふらふら]

1-DSC01244.JPG
シリーズ構成としてはメカ×3種、成型色×4色、デカール×6種の組合せとなっています。
恐らくamazonでの3個セットはメカ3種がダブらないようにセットされているのでは?


私の買ったセットのカプセル3個のうちの1つはA.F.S.MkIのクリア成型色でした。


1-IMG_5966.JPG
もう一つはS.A.F.Sのピンクの成型色。


1-IMG_5975.JPG
3個目はSNAKE-EYEのフィールドグレイの成型色でした。
成型色が4色用意されているということは無塗装でも楽しんでくださいね!って言われているみたいだけどMa:Kファンなら当然塗装するでしょう。


1-IMG_5976.JPG

一応、プラモデルキットなので当然組立が必要となり組立説明図もこの通り。
これはA.F.S.MkIなのでフィギュアの顔がちゃんと見えるようになっています。
タミヤのMMシリーズと同じ1/35スケールなのでフィギュア塗装の難易度はそれほどでもないかなぁ?

カプセルを台座にするのは横山宏氏のアイデアとか・・

海洋堂35ガチャ―ネンの商品サイトはこちら



Ma:Kのキットの塗装はちょっと独特な印象なので少し勉強しようかな?
横山宏Ma.K.モデリングブック

横山宏Ma.K.モデリングブック

  • 作者: 横山 宏
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 大型本
横山宏Ma.K.モデリングブック2

横山宏Ma.K.モデリングブック2

  • 作者: 横山 宏
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2014/10/31
  • メディア: 大型本

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0