So-net無料ブログ作成
検索選択
飛行機プラモ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

≪海外キット≫スピットファイアMk.Ⅰ【Airfix 1/72】その1 [飛行機プラモ]

前回に引き続きまたまたスピットファイアを製作します[手(チョキ)]
今回のキットは英国Airfix社製の1/72スケールです。Mk.IとMk.IIaの作り分けが可能なものですが初期の2枚プロペラと機体下面の白黒ツートンを作りたかったのでMk.I仕様で製作を進めます。

MK.IとIIaの外見上の違いは組立説明図によるとプロペラ枚数(2→3)とキャノピー形状、機体上部のアンテナ支柱の形状とかかな?

本格的に海外メーカーのキットを作るのはこれが初めてとなります。
子供の頃の経験から、海外キットはまず説明図が英語で書かれているのでチンプンカンプン(当時)、パーツのディテールが大雑把、作るのが大変・・・とマイナスイメージしかありません[バッド(下向き矢印)]
それでも英国のメーカーが作った英国を代表する戦闘機”スピットファイアー”のキットです、日本のメーカーが作る零戦キットと同じような素晴らしいキットでありますように・・とパッケージを開けてみると昔のような海外キットの印象とは違っていました[わーい(嬉しい顔)]

1-DSC00813.JPG
▲ほぼ同内容のタミヤのキットの約半分のサイズのパッケージ。国産メーカーもこのぐらいのパッケージでもいいと思います。

1-DSC00815.JPG
▲ランナー構成はこの3枚のほか透明パーツ1枚とデカール1枚。海外メーカーのキットはパーツとランナーの接続部(ゲート)が少し大きめ(パーツの接続部分の幅が広い)なのでパーツの切り離しには注意が必要。
パーツ分割はタミヤの物とほぼ同じ。モールドもいい感じです
[黒ハート]

1-DSC00816.JPG
▲組立説明図の裏にはこのように塗装図がカラー図版で書かれています。これはとっても見やすい[手(チョキ)]今回製作するMk.Iは上の方のイラストの機体下面が黒白ツートンにり分けられた方です。塗装図の指定色番号はハンブロールのものなのでタミヤなりクレオスの色に読み替えが必要。


【組 立】1/72の戦闘機キットはあっという間に組み上がります。
1-DSC00817.JPG
特に海外メーカーのキットということを気にすることもなくここまで組立はすんなりと。サフを吹いていないのに成型色がほぼサフと同色なのでなんか変な感じです。

1-DSC00820.JPG
タミヤのキットとパーツ分割が違う点はこの垂直尾翼。ラダー部分が別パーツとなっています。

1-DSC00819.JPG 
キャノピーは2種類付属していますが今回はMk.Iということでこの初期型を使用。IIa場合はマルコムキャノピーという膨らみがあるタイプを使用。タミヤのように風防とキャノピーが分割されていませんがフレームの塗装にはこっちの方が好都合?
前回製作したタミヤのキットではこのキャノピーの接着&塗り分けに大失敗したので今回はリベンジです。

1-DSC00821.JPG 
コックピットの塗装を済ませて各部の接着完了!コックピットと胴体の接着に瞬着を使ったところ胴体部を貼り合せた際に上手くハマリませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]何とか力技で組んだところ若干ですが風防前の接合部に隙間が・・・溶きパテで他の合わせ目と同様に何とか修正完了。その他の部分のパーツ同士の合いはなかなか優秀です。

1-DSC00823.JPG 
このキットにはパイロットフィギュアが付属。タミヤには無かったので一緒に並べた時の為にフィギュアを乗せないかなぁ~とも思いましたが気合で塗装してみました。
結果、1/72スケールはちょっと異次元過ぎました[ふらふら]
キャノピーが被さると見えにくくなるといいなぁ[たらーっ(汗)]

81Hk38Q7ROL._SL1500_.jpg
組立説明図での塗りわけ指示がいまいちパットしないのでレベルのキットのパッケージ写真を参考にしてみたのですが・・・・

[アート]ちなみにハンブロールのカラーとタミヤ、クレオスの対応表はこちらを参考にさせていただきました。
他に国産の同種キットの塗り分け指示も参考になるのでキット紹介のページに組立説明書の画像を掲載している通販店のサイトも参考になるのでこちらチェックをおススメ。

1-DSC00818.JPG
初期のスピットファイアはこの2枚プロペラが採用されていました。木製のプロペラでピッチ固定とのことです。タミヤのMk.Iのキットではプロペラは3枚の物のみだったので正確にはMk.IというよりはMk.Ia型ということかなぁ?キャノピーもマルコムキャノピーとその発展型のバブルキャノピーしか選べない仕様だったから初期型とはいえないのでは・・・。 


【おまけ】
1-DSC00804.JPG
前回製作したタミヤのスピットファイア(左)と私がほぼ初めて作ったタミヤのF6-Fヘルキャット(RAF仕様)。同じスケール(1/72)でもこんなに大きさに差があります。スピットファイアが”空飛ぶ軽自動車”ともいわれる所以です。液冷式エンジン(スピットファイア)と空冷式エンジン(ヘルキャット)の違いが胴体の太さの差に表れているのか?
こうして並べてみるとヘルキャットの出来もなかなかいい感じです(自画自賛)[わーい(嬉しい顔)]
アメリカ製と英国製の機体、なんとなく両国の気風の違いが見てとれます。

次回はキャノピーのマスキングとサフ吹きまでの予定。
[かわいい]クリックで当ブログを応援してください[次項有][ぴかぴか(新しい)]

1/72 スーパーマリーン スピットファイア Mk.I/Mk.Iia

1/72 スーパーマリーン スピットファイア Mk.I/Mk.Iia

  • 出版社/メーカー: エアフィックス
  • メディア: おもちゃ&ホビー

▲ただいま製作中のキット

 


スピットファイア Mk.Ⅰ【タミヤ 1/72】その5 [飛行機プラモ]

タミヤの1/72 スピットファイアMk.の完成です。 

出戻りモデラーとして戦闘機模型としては2例目のキット、眼の手術後としては最初の戦闘機キットです。
1-DSCF1331.JPG
私はラッカー塗料で塗装しても仕上げのコートは水性塗料のつや消しクリヤーを溶剤で薄めたものをエアブラシで吹くのですが今回は少し濃度のムラが出てしまいところどころ粉を噴いたような状態になってしまい修正に苦労しました[あせあせ(飛び散る汗)] 
 
1-DSCF1333.JPG 
塗装直後のようなツヤはその後の作業でかなり大人しくすることができました。
 
1-DSCF1334.JPG 
風防はやはりダメですねぇ[もうやだ~(悲しい顔)] とてもじゃないですがUPに耐えられません。

デカール&塗装はタミヤの組立説明図のAパターン:第601飛行隊 L1043号機(DW0



【張り線】
戦闘機の張り線作業はこれが初めてで素材を何ししようかかなが得た挙句、極細0.1mmの銅線を使ってみました。以前オークションで手に入れた戦闘機キットで必要な小物(カラーアクリル棒、銅線等)セットの中にあったものを利用。この張り線作業の定番技法は釣り糸を使って張った後から線香の火を近づけて弛みをとる(ピンと張る)というのらしいです。張り線専用の素材も発売されていますね。

1-DSC00812.JPG 
画像右下の銅線をまずキャノピー後方の支柱の僅か後方の胴体上部に小さな穴を開けて銅線を差し込み瞬着で固定。そこから銅線を支柱胴部に固定してさらに垂直尾翼の上部の支柱(真鍮に置き換え)まで渡してテンションが十分かかっている(ピンと張っている)状態で瞬着で固定、余分な銅線をカット。この後、銅線に着色するためにメタルプライマーを塗ってから塗装しました。
1-DSC00811.JPG1-DSCF1336.JPG
※左の画像は張り線を強調するために色調を変えています。
ディスプレイ時の取り扱いが大変ですが張り線効果は絶大[るんるん]

メタルリギング0.3号 約0.10mm (5メートル入)

メタルリギング0.3号 約0.10mm (5メートル入)

  • 出版社/メーカー: モデルカステン
  • メディア: おもちゃ&ホビー


【ドレイン&ダストキャッチャー】
今回は高温多湿時期でのエアブラシを使った塗装作業でしたが愛用のGSIクレオスのプロコンBOY WAプラチナに今回から同社の純正オプションドレイン&ダストキャッチャー (PS282)を取り付けて作業したところ以前はコンプレッサー付属のレギュレーターで取り切れなかった水滴が塗料と一緒に吹き出すことがあったのですがこれで完璧に水分を除去できるようになりました。

1-DSC00782.JPG 
このように装着後は掌にあたる面積が増えてエアブラシが持ちやすくなりました。
コンプレッサーのレギュレーターを通過してしまったホース内の水分がこのダスト&ドレインキャッチャー内のフィルターでほぼ完全に除去されているようです。効果抜群です!
 

ドレン&ダストキャッチャー PS282

ドレン&ダストキャッチャー PS282

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー

▲エア圧調整機能なし(コンプレッサーにエア圧調整機能がある場合)


ドレン&ダストキャッチャー2エア調整機能付 (エアブラシ系アクセサリー) PS288

ドレン&ダストキャッチャー2エア調整機能付 (エアブラシ系アクセサリー) PS288

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー

▲エア調整機能付きタイプ

 
1-DSCF1338-001.JPG
【製作後記】 ”汚して作った”のと”汚くできた”とはやはり違いますよねぇ。なんかパーツが取れて再接着したとかエアブラシ塗装後に筆でリタッチしたら汚くなったとかばっかり[ふらふら]これからはもっと丁寧な仕上がりを目指します。でもこればかりは性格だからなぁ[たらーっ(汗)]

1-DSC00807.JPG
風防&キャノピーはお話にならないレベル・・・やはり小スケールでもきらりと光るパーツには最大限の繊細さが必要です。

このぐらいの塗装面積ならすべて筆塗り仕上げも可能?田中式筆塗り塗装術を習得したいかも[わーい(嬉しい顔)](少なくともリタッチの参考になりそうです)
田中克自流飛行機模型筆塗り塗装術

田中克自流飛行機模型筆塗り塗装術

  • 作者: 田中 克自
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2011/01
  • メディア: 大型本
 


▲当ブログでことあるごとにちらっとご紹介している書籍。
本人はまだ未購入ですがアフェリエイトではもう何冊買ってもらったかわからないほど人気のアイテムです。 

 
[かわいい]クリックで当ブログを応援してください [次項有][ぴかぴか(新しい)]
 
 

スピットファイア Mk.Ⅰ【タミヤ 1/72】その4 [飛行機プラモ]

前回は一応、迷彩塗装まで完了したタミヤの1/72スピットファイアMk.Ⅰですが迷彩の境界戦がはっきりしているRAF機とはいえかなりメリハリの効いた塗り分けとなってしまいちょっとイメージとは違ってしまったのでまずはこの迷彩塗装の調整をしてみます。

【迷彩の調整】
 
1-DSC00789.JPG
最初の調子はくっきりし過ぎ感が否めなかった迷彩の境界線を少し暈(ぼか)そうと思います。この作業はエアブラシの圧を下げ、塗料の量をギリギリまで少なくさせての作業です。

1-DSC00791.JPG
次の調整は迷彩に使った2色を混合させた塗料を薄めに薄めて全体に吹き付けました。
効果は上の画像のように結構狙い通りになりました[手(チョキ)]

1-DSC00792.JPG
このくすんだ感じなかなか良さげです[るんるん]


【スミ入れ】
スピットファイアはこんなに小さい機体なのに細かいモールドだたくさんあります[あせあせ(飛び散る汗)]
1-DSC00794.JPG
スミ入れは画像奥に映っているタミヤのスミ入れ塗料(ブラック)を使用。


1-DSC00795.JPG
全体のスミ入れ完了!
この段階でプロペラ、アンテナ線支柱、主脚などの全てのパーツを塗装して組立。
アンテナ線支柱はこの後の作業で3回折りましたので本当は最後の最後の取り付けでもよかったなぁ[ちっ(怒った顔)]
主翼前端の機銃口を真鍮パイプに置き換えるか思案中です。
風防、見事に失敗しているのがよくわかります。

【デカール貼り&ウエザリング】
 
1-DSC00796.JPG
キット付属のデカールを貼りました。
凹モールドや機体の形状に追従するようにマークソフターを使用。

1-DSC00797.JPG
機体側面のレターコードは他社製のデカールも売られているのでこだわりのある場合は購入をおススメします。もちろん面相筆での筆塗りも味が出ていいかもしれませんね。
私はキット付属の第601飛行隊 DW◎0を選択しました。
  
1-DSC00799.JPG
仕上げのつや消しクリヤーを吹く前にパステル粉を溶剤で溶いて適当に筆塗り。こんな状態ですので風防&キャノピー周辺の撮影はあまりしたくないです[もうやだ~(悲しい顔)]戦闘機はどんなに機体が汚れていても風防&キャノピーはいつも[ぴかぴか(新しい)]ピカピカでなければなりません。

さてこの後は仕上げのつや消しクリヤーと懸念のアンテナ線の張り線対応を残すのみ。

クリックで当ブログを応援してください[次項有][ぴかぴか(新しい)]


1/72 ウォーバードコレクション WB-48 スピットファイアMk.I

1/72 ウォーバードコレクション WB-48 スピットファイアMk.I

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 ▲ただいま製作中のキット

 
 

スピットファイア Mk.Ⅰ【タミヤ 1/72】その3 [飛行機プラモ]

今回はタミヤの1/72スピットファイアMk.Ⅰ塗装作業です[手(チョキ)]・・・その前に前回、風防やキャノピーのフレームの内側を必至に面相筆で塗ったのですがネットで調べたところ、わざわざ窮屈な思いをしてキャノピーの内側から塗る必要はなく表面から最初に内部フレームの色を塗ってその後でサフ吹き→フレーム表面の塗装という手順で塗れば[ひらめき]簡単ということらしいです[ちっ(怒った顔)]
初心者なのでこの手の知識はまだまだ未熟。このようにブログで稚拙な製作記を公開している自分が本当に恥ずかしいです[ふらふら]

更に恥の上塗りがもう一つ・・・風防、キャノピーの機体への接着も流し込みタイプの接着剤を使うといいう致命的ミスもやってしまいました[がく~(落胆した顔)]
これをしちゃうとクリアパーツに接着剤が流れて不透明になってしまいます。案の定、風防は見事に流れ込んだ接着剤で汚れてしまいました[たらーっ(汗)]これを避けるためには通常粘度の接着剤の点着けあるいはゴム系ボンドの水溶液を使うのがセオリーのようです。汚れてしまった風防は色々リカバリーを試しましたが上手くいかなかったので今回は汚れたパーツをそのまま使います。(この時点で完成時のかなりのマイナスポイントは確定!凹むなぁ[バッド(下向き矢印)]

さてマイナスの記述はこれくらいにしていよいよ塗装です[わーい(嬉しい顔)]


【サーフェイサー塗装】
結局何とか無事だった後部キャノピーへの筆による塗りわけも諦め、大人しくマスキングすることにしました。(前面風防はどうせ汚れてしまったので面相筆での塗りわけを強行)1-DSC00777.JPG1-DSC00779.JPG
細かく切ったマスキングテープを貼り重ねています。他に風防やキャノピーの透明部分にマスキングゾルを塗って余分な個所をフレーム沿いにカッターで切り出すという方法もありますがキャノピーに傷がつく恐れもあるので今回は不採用(今更といった感じもしますが・・・)
キットによっては風防とキャノピーの専用マスキングシートが発売されているようなので検索してみてください。数百円程度の出費なら十分利用する価値はあります(きっと)

全体にサフをエアブラシで吹き、塗装前の下準備完了!1-DSC00778.JPG
このスピットファイアの場合、主に使う塗料は機体底面部のスカイ色、機体の迷彩に使うダークグリーン色とダークアース色の3色です。
今回はタミヤのキットですが塗料は主にMr.カラーを使用します(タミヤカラーはそれほど在庫色を持っていないので)。
タミヤの指定色では当然タミヤカラーでの調色指示となっていますが今回は調色済みのMr.カラー特色セットを使います。

※スカイとダークアースは品番CS683(上段)にダークグリーンは品番CS684(下段)と欲しい三色が別セットになっていたりします。


【機 体 塗 装】
まずは機体底面のスカイ色をぱぁ~と塗装します。1-DSC00780.JPG
零戦などは主脚格納部内側が青竹色とか機体内部色で塗られていることが多いのですがスピットファイアの場合は周囲と同じスカイ色でOKなのかなぁ?(タミヤの塗装指示には特にこの部分の記載なしでした)

次にメインイベントの塗装です。

本格的に出戻りモデラーとなって初めて製作した英軍仕様のヘルキャットも迷彩塗装でしたがその際は迷彩の塗りわけラインを極々薄く溶いた塗料を筆を使い一旦ガイドラインを描き、その後エアブラシでフリーハンドで塗装しました。
英軍の迷彩パターンは比較的境界線が”はっきり”しているのでそれほど境界を暈(ぼか)す必要がないので下手なエアブラシ使いでもあの時はなんとかなりました。
比較的大柄なヘルキャットに比べて小柄なスピットファイアで同じことをするとターゲットが小さいだけにちょっと自信がありません。よって今回はこれまたよく使われている”型紙方式”に挑戦です。

1-DSC00784.JPG
キットの組立説明書の塗装指示図を実際の模型の大きさと同じになるように拡大コピーして迷彩パターンを切り取り塗装の際の型紙(マスキング)に使います。
タミヤのこのキットの場合、実測の上計算すると約130%の拡大コピーでほぼ模型と同じ大きさになりそうです。

私の場合、先に全体をダークアースで塗装した上で、拡大コピーした塗装指示図から迷彩のダークアース部分を切り抜き、模型にこのように型紙を貼っていきます。(下の画像)
1-DSC00783.JPG
塗装指示図の三面図から切り出した型紙を立体的に 貼り合せるのは大変ですが忠実に再現する必要もないので型紙同士の接合でうまくつながらない部分はマスキングゾルなどを併用しました。 初めてやる作業はドキドキです[揺れるハート]
型紙を貼り終えたら今度はダークグリーンを型紙の真上から吹いていきます。(型紙とキットの隙間から塗料が吹き込まないようにするため)

さてダークグリーンを吹き終えたら型紙を剥がして・・・・・

1-DSC00787.JPG 
こうしてみると塗りわけ自体はまぁまぁ上手くいきましたが・・・思っていたよりも塗料が濃い[がく~(落胆した顔)]

1-DSC00788.JPG 
なんか箱絵とも雰囲気が違うし、よく見るスピットファイアーのカラー写真とも違うような気がします[バッド(下向き矢印)]
たぶん原因は・・・私が塗料を厚塗りする傾向が強く、エアブラシの塗料カップの中の塗料を使いきるまで吹き付け続ける悪癖があります[ちっ(怒った顔)]
今回も厚塗りをした結果がこれです[ふらふら]
次回からは肝に銘じて気を付けたいところです。

この後の艶のコントロールで、もう少し何とかなるとは思うのですが・・どうでしょう?
上の画像をよ~く見てみると迷彩の境界が一段濃くなっているのも判明。

さてさてどうしたものか[ふらふら]

[かわいい]今回製作中のキットはコレ 

1/72 ウォーバードコレクション WB-48 スピットファイアMk.I

1/72 ウォーバードコレクション WB-48 スピットファイアMk.I

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 

クリックで当ブログを応援してください[次項有][ぴかぴか(新しい)]


スピットファイア Mk.Ⅰ【タミヤ 1/72】その2 [飛行機プラモ]

大好きなスピットファイアの製作。
今回は”その2”ですが内容としてはたいしたことありません[たらーっ(汗)]
1-DSC00762.JPG
主要パーツを組み合わせて合わせ目が目立つ接着面は溶きパテを塗ってから耐水ペーパー等で平滑になるようにヤスリます。

1-DSC00767.JPG
さすがタミヤ製のキットだけあって大きく目立つ合わせ目は主翼端裏面のこの部分くらい。ここは合わせ目がパネルラインに見立てられるようになっているのですが若干ラインの幅が広くなるのでパテで埋めてから細目にスジ彫りを復活。
 
1-DSC00763.JPG 
キャノピーは内側のフレームゴールドリーフで筆塗り。
これはかなり[目]眼に負担がかかる作業[あせあせ(飛び散る汗)]
[サーチ(調べる)]拡大ルーペを駆使してもこの細いフレームに色を乗せるのは大変です。はみ出した部分はつまようじの先に薄め液を付けて擦り落としました。フレームは外側からも機体色で塗るのでほとんどゴールドリーフは隠れてしまうのこの段階ではこんな感じでもOKの筈です。
タミヤのこのキットはキャノピーは画像にある初期型とは別に後期型も用意されています。もし塗りわけに失敗しても安心。

ちなみにコックピット内部のイラストを見つけたので参考に・・・1-ファイル 2015-08-09 14 53 43.jpg 
キットの風防と形状がちょっと違うかな?
そういえば後方確認用のミラー(?)がキットでは再現されていないなぁ、機体内部色もなんか違う・・・・

次回は塗装さぎょうですね

クリックで当ブログを応援してください[次項有][ぴかぴか(新しい)]

スピットファイア (世界の偉大な戦闘機)

スピットファイア (世界の偉大な戦闘機)

 
 
 

 
前の5件 | 次の5件 飛行機プラモ ブログトップ



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。