So-net無料ブログ作成
FSX(SteamEdition) ブログトップ
前の5件 | -

FSX OOM対策(効果なし?) [FSX(SteamEdition)]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

今回もFSX(フライトシュミレータ―)の話題となります。
興味のない方にはまったく意味の無い内容で申し訳ありません。

前回はFSXのグラフィック性能を向上させるためにグラボ(中古品)を増設(結局、電源も新調)したということを書きましたが今回はちょっと深刻な問題についてです。

その前にFSXはフライト・シュミレーターソフトなのでメインの遊び方は自分で飛行機を操縦して仮想空間で楽しむことだと思うのですが私は最近、ほとんど操縦することはなくもっぱらAi機とよばれる自機以外に登場する機体の再現に夢中になっています。

空港に実在するエアラインの機体が駐機していたり離発着している姿を見るのは本当に楽しくて時間が経つのも忘れるほどです。(実際の空港の送迎デッキで飛行機を見ているのも大好きです)

FSXではデフォルトで登場する機体(操縦できる自機とAi機)は架空のエアラインのカラーリングのものばかりですが設定ファイルを書き換えたり追加したりすれば下の画像のような空港の風景も再現できるようになります。
bandicam 2018-05-10 12-52-38-427.jpg

成田空港の第1ターミナルの南ウイングにANA機が並んで手前の第2ターミナルのサテライトにはJAL機が・・

こうしてみると壮観ですね、ちゃんと各飛行機は時間が来れば滑走路へ向かい離陸していきます。


bandicam 2018-05-10 12-53-49-941.jpg
実際に存在するエアラインのこうしたAi機を登場させるにはtraffic.bglというファイルを作る必要があります。
traffic.bglは使用する機体、空港、運航スケジュールの3つのファイルを統合したものでファイル内容の設定にはFSXとは別にフリーウエアを使います。

基本的に各航空会社ごとにtraffic.bglファイルをつくることになるのですがとりあえず日本に就航しているエアラインを網羅しようとここ数か月少しづつファイルを作ってきました。(詳しいtraffic.bglファイルの作り方は別の機会に)

国内の航空会社のファイル制作を終えて海外の航空会社のファイルを作てFSXに読み込ませていると次第にメモリー不足で読み込み停止になることが頻発するようになりました。

スクリーンショット (103).png
FSXを起動させて任意の空港へ・・・とここで読み込みが停止するようになりました。
航空、地上、海上交通を読み込み中...で停止しているところを見るとAi機(航空)の設定ファイル(traffic.bgl)の読み込み時にメモリー不足(Out Of Memory),OOMエラーになっていると思われます。

メモリーが足りないのなら増設すれば・・・とは行かない問題がFSXにはあります。

FSXというソフトはMS(マイクロソフト)が開発・販売していた世界的ベストセラーソフトなのですが開発自体は今からもう10年ほど前に終了しています。
基本設計がよいのか長らく唯一無二のベストセラー・フライトシュミレーターだったからか今でも私のような愛好者が世界中にたくさんいます。
最近はSteamEditionというDL型の安価版もありますがこれも中身は昔のFSXのままです。
10年ほど前の技術がベースになっているために最新のPCで使う際には当時の技術がボトルネックになりいろいろと支障が出ているのも事実。

特に現在主流の64ビットには非対応で32ビットのまま[ちっ(怒った顔)](62ビットかなんてもうないでしょう)
これが標準で使えるメモリーの上限2GBという制限になっています。
2GBで高解像度のゲームをというのは流石に厳しいです。

10年ほど前にFSXが登場した当初は要求スペックが高すぎると購入を躊躇した身としてはこの10年という歳月のPC性能の向上は感慨深いものです。

このFSXが使えるメモリー制限がネックでいくら高性能なPCで動かしてもソフト側の制限で頻繁にOOM(アウト・オブ・メモリー)でFSXが停止してしまいます。

いくらPCのメモリー容量を増やしてもソフト側の仕様なのでどうにもなりません[たらーっ(汗)]

bandicam 2018-05-23 10-04-29-233.jpg

一般的に高精細な市販シーナリーを多くインストr-るしたりすると頻発するエラーのようですが私の場合、特に高精細な市販のシーナリーをインストしているわけでもなのにこのOOMが頻発するのはAi機を多く設定しているせいなのかも?
traffic.bglはテキストベースファイルなので大きなファイルでも7000KB程度だからメモリーに負荷がかかるほどでもないとおもうのですが・・・traffic.bglファイルの数を減らすと起動時にOOMエラーが発生せずにすんなり起動したりするのでやはりこれが原因か?

なんか他に問題があるのかと思い
・2GBのメモリー制限を4GBまで拡張するパッチファイルを当てたり
・マルチコアに対応していない初期設定をマルチコア対応に設定ファイルを書き換え
・仮想メモリ―(HDDに設定する仮想RAM領域)を増やす
以上のような対策をネットを通じて知り講じましたが解決には至りません。
(1GBのVRAM搭載のビデオカードも増設)

前述のtraffic.bglファイルの数を減らして更にFSXの設定画面でグラフィック設定を低く目にそれぞれ設定するとまぁまぁエラーがなく起動しますが納得いかないなぁ[もうやだ~(悲しい顔)]

テクノブレイン FSアドオンコレクション 東京国際空港2

テクノブレイン FSアドオンコレクション 東京国際空港2

  • 出版社/メーカー: テクノブレイン
  • メディア: CD-ROM
最近になって高精細な市販の羽田空港シーナリーが欲しくなっているのですが現状では起動しない恐れがあるので様子見です。

タグ:メモリ FSX
nice!(17)  コメント(0) 

FSXのためにPCを少しアップグレード [FSX(SteamEdition)]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。


FSXのためにグラフィック・カード(ボード)をPCに取り付けてみました。
・・・といっても高性能な最新型は高価すぎるのでヤフオクで10年ほど前の”最新”グラボを購入[わーい(嬉しい顔)]

1-IMG_6802.JPG

RADEONのHD5870搭載のグラボです。ヤフオクで送料込みで二千円ちょっと[あせあせ(飛び散る汗)]
これまではマザーボードに搭載のIntel HDGraphics4000というオンボードグラフィックチップでFSXを楽しんでいたのですがメモリーをグラボ側にも持たせたいと思い今回1GBのグラフィックメモリー搭載のものを選びました。
こちらのグラボですが登場時にはかなりの高性能を誇っていたようです。
サイズもでかい!PCケースにぎりぎり収まりましたがケースによっては取り付け不能になりそう。
スロットも2スロット占有(出力も2系統ありますのでモニター2台接続できます)
冷却ファンもしっかり唸っています(ファンレスではない)
そして補助電源が必要です・・・が私は完全に失念していました。
私のケースの電源にはPCI-E用の電源コネクタがそもそもありません。
そして200w近く消費するグラボに対して容量が250wの電源では完全にアウトっぽいです。


仕方がないので急遽、電源を購入しました。
1-IMG_6807.JPG

玄人志向のATX電源ユニットです。一気に500w電源へと倍増!

FSXには課金(有料シーナリーとかの導入)しない予定でしたがグラボと合わせて6千円ちょっとの出費[ふらふら]

玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 500W ATX電源 KRPW-L5-500W/80+

玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 500W ATX電源 KRPW-L5-500W/80+

  • 出版社/メーカー: 玄人志向
  • メディア: Personal Computers
グラボも電源ユニットもFSXだけでなくPCの通常性能を少しUPさせるものなので無駄にはならないです。

さっそくグラボを取り付けてFSXを起動させてみましたが格段のグラフィック描画の性能アップは感じられず・・・
今回グラボを導入したのは下の画像のような不具合を改善できるかと期待したものだったのですが・・・
bandicam 2018-05-04 20-13-43-912.jpg
描画性能が限界になると上の画像の奥に見えている機体のように真っ黒になったり中央のようにそもそも機体自体が出現しなくなる(影だけみえていますね)ことがあるようです。
グラボ側にあるビデオメモリー(今回は1GB)もつかえるようになれば少しは描画にかかわる部分の負荷が減ると思ってのですが・・・

また画面も綺麗になるかなぁ~とちょっと期待したのにあまり変化が感じられません、というか変化していないのでは?
グラフィックのチップセットではintel HD graphics4000<RADEON 5850のはずなのですが・・・
ということで簡単にオンボードグラフィックスとグラボの性能テストをしてみました。
テストに使ったのはフリーウエアの”ExperienceIndexOK”というものです。

まずはオンボードのグラフィック性能から・・・
ExperienceIndexOK  グラボなし.png
大事なのは右の最低スコアの6.1ではなく中段の”グラフィックス”項目の6.1です。
これをグラボ装備で再テストすると・・ExperienceIndexOK  グラボ.png
グラフィックス項目のスコアが8.5に上昇しているので多少は効果があるようなのですが・・・
ということでグラボはこのまま使い続けることにします。
消費電力がどのくらい上がるのか不安ですが・・

さてここで前述の真っ黒なAi機の問題ですがどうもグラボとは関係なく使っているAi機のテクスチャーが高精細すぎることに問題があるようで他のものに置き換えたらほとんど再現されなくなりました(それでも完全に出現しなくなったわけではないのですが)。
透明な機体の件については未解決なので使用するAi機の種類を変えて解決(もとのテクスチャに欠陥?)
こうなるとPCをアップグレードした意味が薄れましたが
この後更なる問題が発生することに・・・・[がく~(落胆した顔)]

nice!(12)  コメント(0) 

FSX JALのAI機の新塗装更新完了。 [FSX(SteamEdition)]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。


懸案だったFSXのJALのAI機をすべて現行塗装の鶴丸カラーにすることがようやくできました。

B777-300型(300ERではない)のリペイント&機体がなかなか見つからずに苦心しましたがAI専用機ではない機体にリペイントでなんとか完了。

JAL.JPG

羽田の第1ターミナルに並んだJAL機も全て”鶴丸”になったのでかなり現在の空港の雰囲気に近くなったと思います。


nrt.JPG

成田空港もこんな感じ[黒ハート]


キャプチャ.JPG

大阪ベースのJACのDH8-Q400はまだ”太陽のアーク”のままでした[あせあせ(飛び散る汗)]

グループ会社の旧塗装の更新はもう少し時間が掛かります。

pic.jpg


Microsoft Flight Simulator X Steam Edition (PC CODE) (輸入版)

Microsoft Flight Simulator X Steam Edition (PC CODE) (輸入版)

  • 出版社/メーカー: Dovetail Games
  • メディア: Video Game

タグ:JAL AI 新塗装 FSX
nice!(27)  コメント(4) 

FSXにAI機をたくさん導入してみた。 [FSX(SteamEdition)]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。


フライトシュミレーションソフトのFSXに自機の他に実在するエアラインの機体を登場させてみました。




自分で操作する機体(自機)以外にFSXの中で動き回る機体のことをAI(エーアイ)機と呼びます。
機体と運航スケジュールを設定してやるとコンピュータが指示通りにそのAI機を運行してくれます。
FSXのデフォルトのままでもAI機は登場しますが自機として選択可能な機体に限られてしまうししかも架空のエアラインだけ。
これでも十分という人もいるかと思いますがやはり現実に存在するエアラインや機体をたくさんAI機として設定すればかなりリアルに近づけそうです[るんるん]


FSXではAI機の出現率を設定で簡単に変えることができます。
下の画像はAI機の出現率を0%に設定した羽田空港の第1ターミナルエプロン。

自機(この場合スカイマークB737-800)のみの世界。

1-キャプチャ150.JPG

A
I機の設定を済ませて出現率を高めると・・・


1-キャプチャ152.JPG
ターミナルのゲートにJAL(旧塗装)の各種機材が並びました。
各AI機に設定した運航スケジュール(フライトプラン)に従ってタキシングして離陸していったり着陸してゲートにやってきたりします。

最新の技術を使うともっとリアルな風景になるのかもしれませんが私はこのくらいでちょうどいい感じです。


AI機が登場すると一気に雰囲気が変わります。
PCのマシンスペックを考慮しながら多くのAI機を導入してみたい衝動に駆られます。
ただしこのAI機の設定は本当に大変でした[たらーっ(汗)]

AI機はtraffic.bglファイルという・・・あっこの先は専門的な話になるので別の機会にします。
要はAI機に使う機材データと航空会社の塗装データを集めてそれを使ってフライトプランを設定します。
どんな機体を使って出発空港を何時に出発して何時に目的地の空港へ到着というようなスケジュールを組みむとFSXでそのデータファイルを読み取って運行してくれます。

ちょっとしたデータの設定ミス、もともとのデータの不整合などでなかなか思うようになりません。


AIDO失敗.JPG

このように塗装(texture)のデータ記述ミスで真っ黒になる機体も続出・・・


この作業に取り掛かってから夕食後から就寝時間までほぼ毎日かかりっきりになってしまいました。
オフの日にはもう朝から晩までって感じです。
殆ど知識がないのでネットで他の方の事例を参考にして自分なりの解釈でなんとかエラーを潰してチェックを繰り返してもうほとんど最近は空を飛んでいません[あせあせ(飛び散る汗)]


そして苦労の末にやっとここまでAI機を増やすことができました。


1-ANA(HND).JPG
まずは羽田の第2ターミナルに並ぶANA機。


1-SFJとソラシド(HND).JPG

そして第1ターミナル側にはソラシドエア、スターフライヤーそしてたくさんのJAL機。
JAL機については旧塗装と新塗装のものが混在していて塗装変更の過渡期のシーンのようになっていますが今後、新塗装に切り替えていきます。


1-キャプチャjal.JPG

羽田空港については一気にAI機が増えてかなり活気がでています。
離発着も頻繁で見ているだけで楽しいです。
でも混雑が激しい時間帯になるとなかなか離陸の順番が回ってこなかったり着陸直後の機体がまだ滑降路にいて次の着陸機がゴーアラウンドして行ったりとちょっとAI機を増やし過ぎている感じです。


1-キャプチャ10.JPG

第1ターミナル北側の一角は実際と同じようにスカイマークの機体がずらり。

ウイングレットのマークがそれぞれ異なっています。


1-NARITA.JPG

成田空港です。
各国のエアラインが集結。

私の好きなカンタス航空も・・


1-台湾桃園国際空港.JPG

こちらは台湾の桃園国際空港の様子です。

現在設定しているAI機は日本就航路線があるエアラインを中心にしています。

ネット上のデータではかなりマイナーなLCCとかもあって楽しそうです。


1-離陸.JPG

AI機なので運航スケジュールの沿って勝手に離発着してくれます。

羽田の36Lは現在では離陸には使われていないそうですがFSXの航空管制ではそこまで設定できないかも・・・


国内主要大手ばかりでなくLCCもちゃんと設定しました。

1-バニラ.JPG
成田をハブ空港にしているバニラ・エア。
ちゃんと成田の新設の第3ターミナル(LCC専用)に集結しています。

AI機がゲートに止まるのかランプに駐機となるのかは設定できることがわかりましたがゲート一の指定はどのようになっているのか?については今後の研究課題です。(ちゃんと設定できるようです)

こちらの機体と塗装データをちゃんと反映できるようになるまで1日かかりました[ふらふら]
FSXの世界ではAIに嵌ると大変なことになるようです。


こちらもなかなか設定に時間がかかったピーチエア。
こちらは関空(RJBB)がハブ空港になっています。
1-PeachKIX.JPG

1-ピーチ(朝のKIX).JPG
夜朝の関空に勢ぞろいのピーチの機材たち。ちょっと多すぎ[あせあせ(飛び散る汗)]


これらのAI機のデータは航空会社を選んでDLしたファイルをFSXで読み込めば設定が簡単にできあがる便利な物があるのですが元データ自体が古いものが多く前出のJALの様に旧塗装のままとか引退したB747-400とかMD-80,90シリーズが飛んでいたりとかちょっと最新の空港の様子を再現しているとは言いずらいものも多くこの後はこれらのデータ変更などでブラッシュアップを進める予定です。
ピーチエア、バニラエア、ソラシドエア、AIRDOなども現行の塗装ではなかったので自分で塗装データをDLして設定を変えています。
この作業が結構大変だったので自分の備忘録を兼ねて記事にいつかする予定です。

タグ:AI FSX
nice!(16)  コメント(1) 

FSXで自機を実在エアラインの塗装へ変更してみる。 [FSX(SteamEdition)]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。


今回もフライトシュミレータFSXの記事となります。
興味のない方にはまったく面白みのない話なので申し訳ありません[たらーっ(汗)]

自分の備忘録も兼ねての記事なのでちょっと細かい話です(最近物忘れが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

ちょっと専門的な話なので詳しくは”続きを読む”をクリック。
1-キャプチャ9.JPG
▲FSXのデフォルトにはないスカイマークのB737-800がここ最近のマイシップです。
今回はデフォルト機体のリペイントの話です。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
前の5件 | - FSX(SteamEdition) ブログトップ