So-net無料ブログ作成
読書録 ブログトップ

『劇場』又吉直樹 著 [読書録]

こん〇〇は! いつもご訪問いただきありがとうございます。


先日ようやく読むことができました。
直木賞作家・又吉直樹の2作目『劇場』です。

1-IMG_6479.JPG

図書館だ貸出予約のリクエストをして何ヶ月経ったのだろう?
先日ようやく借りることができました。
本当はまだまだ先の順番だったのですが図書館で蔵書を増やしてくれたようです。


直木賞受賞作となった処女作『火花』も読んだのですがどうも私の中の評価はよろしくなかった。
ラストシーンがどうしても受け入れられない”生理的にダメ”でしたが


本作は個人的には『火花』よりも面白さ200%UP[グッド(上向き矢印)]って印象。


プレッシャーのかかる2作目で恋愛小説という普遍的題材を選んだというのは作家としての力量が試されるところ・・・と思ったら『火花』よりも先に書き始めていたのをしばらく放置していた作品らしいです。

NHKスペシャルで放送された「又吉直樹 第二作への苦闘」というドキュメンタリーを録画していたのを思い出して独後に改めて視聴してみたらそのような言及がありました。
また同番組内で編集者の方が作中の印象的なシーンが取り上げていたのですが私も気になっていたシーとも重なっていてなんだか嬉しかった。


『火花』の評価があまりにも高く衝撃的だったのですがもし私のように「『火花』はそれほどでも・・・」という感想を持った方はこの2作目を読んでみてください。


『火花』ではどうしても芸人さんで読書好きの作家さんが書いた”もの”という先入観が邪魔をしていたのは否めませんが本作では”普通に直木賞作家の新作”として安心して読めます。
いや安心ではなく既に安定した文章力は流石に天才といわれる所以か?

前作同様に本作も映像化は必至だとおもいますがどのように映像化されるの楽しみ[黒ハート]
劇場

劇場

  • 作者: 又吉 直樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/05/11
  • メディア: 単行本
火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

  • 作者: 又吉 直樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/10
  • メディア: 文庫

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『カレイドスコープの箱庭』海堂尊 著 [読書録]

こん〇〇は[手(パー)]
ここ数日はずっと雨降りで関東北部・東北南部では河川氾濫で甚大が被害が出ましたが私の住む地域はそれほどでもなくただただ被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
1-IMG_4741.JPG

この間、こちらでも風雨が強く湿度も高止まりなので模型の塗装作業は中断しています。
屋外での作業もできない状態が続いたので久しぶりに集中して読書。”晴耕雨読”といったところです。
昨年の2度にわたる網膜症の手術後は医師からは止められていたわけでもない読書ですがやはり術前と同様にとまではいかずしばらく自主的に遠ざけて来たのですが模型製作と合わせてリハビリを兼ねて本当に久しぶりに海堂尊氏の作品を手にしました。
 
1-IMG_4740.JPG 
「カレイドスコープの箱庭」
お馴染みチームバチスタの田口・白鳥コンビが活躍する医療ミステリーです。最近の氏の作品は同じ世界設定のなかでも医療をめぐる(とくにAi)壮大なドラマが多かったのですが本作は原点に帰って大学病院内での事件(医療事故)を解決。派手さはありませんがこっちの方がどちらかというと私が好きな方向です[黒ハート]

海堂尊作品ファンとしては巻末の付録である海堂ワールドの作品世界の整理(相関図、人物図鑑等)にうってつけの資料もあります。作品相関図をみるとほぼすべての作品を読破しているのがわかりました[わーい(嬉しい顔)]

目のリハビリとしては術前よりも読むペースは遅くなり、ところどころ字が消えて見えたり[あせあせ(飛び散る汗)]もしましたがあっという間に読破できたのでまずまずといったところでしょうか[手(チョキ)]
カレイドスコープの箱庭

カレイドスコープの箱庭

 

読書録 ブログトップ