So-net無料ブログ作成

八甲田ドライブ [青森の話題]

週末、青森への出張帰りの友人と秋の青森路をドライブ。

我が家を出て七戸から八甲田に上がって三内丸山遺跡を見学して新幹線の新青森駅までの行程です。
1-IMG_6375.JPG

やはり軽の排気量で登山道は厳しい[あせあせ(飛び散る汗)]
エンジン唸りぱなしでした。もうそろそろスタッドレスに履き替える時期ですね。


1-IMG_6359.JPG
八甲田周辺はすでに紅葉もピークを過ぎ”落葉”状態とのことでしたが中腹はまだ紅葉が楽しめました。
普段は山梨で山関係の仕事に携わっている友人の話によると青森の紅葉はちょっと違うらしい。
木の種類によるらしいけど地元民にとってはあまりピンとない。


1-IMG_6358-1.JPG
紅葉はあまり期待していなかったけど酸ヶ湯温泉は楽しみ・・・

ここはヒバの千人風呂という大浴場が名物、しかも混浴。
ここ数年は積雪量日本一とニュースにその名が登場する機会が増えました。
こんなところにアメダスなんて設置するなよ~とか思ってしまうほど県内でも有名な豪雪地。
秋口でも降雪があったりするのでスタッドレスを履いていないクルマはこの時期でも要注意。


いつもは混雑している印象だったけどこの日はガラガラ(当然、女湯もガラガラ)

おかげでゆったりお湯を楽しめました。

もともと連泊する湯治客が多かった山深い温泉でしたが道路も良くなったので最近は日帰り客が増えました。
日帰り入浴は大人600円なり。


酸ヶ湯(すかゆ)という字の通りここの湯は酸性が強すぎるので長湯は厳禁です。
湯治でも1日3度の入浴が限度とか・・・

ここのお湯は硫黄臭が強く、おまけに上がり湯がないのでしっかり体を拭きあげて服を着ないと臭いが移って大変です。
ここに来るときは捨てても良いようなバスタオルをいつも持参しています。
手拭いタオルは2,3回洗濯してもまだ硫黄臭がします。
[いい気分(温泉)]酸ヶ湯温泉旅館HPへ


酸ヶ湯から雲谷(もや)を通って青森市街まで下り三内丸山遺跡へ


私が青森に越してきたころはまだ遺跡が見つかって間もないころだったので展示施設もプレハブのような建物でしたが今では立派な展示施設が建ってすっかり大観光地になっていてビックリ。
数年前に来た時よりも施設の整備が進んでいていました。

1-IMG_6370.JPG
三内丸山を代表するような構図でパチリ。

1-IMG_6361.JPG
復元された竪穴式住居はちょっと見慣れた感があってあまりテンションが上がらなくなったなぁ。

茅葺き、(木の)皮葺き、土葺きと3種類ほどあるようです。
内部は十分広く、ひんやりしているので夏はここに外国人ハイカーとかが泊り込まないか心配。
(最近この手のトラブル増えています)

1-IMG_6365.JPG
高床式倉庫(住居)なんて子供の頃は弥生時代の象徴だったのですが・・・・

1-IMG_6369.JPG
遺跡の出土状況を再現(保存)している施設。
遺跡保護のため室内は高湿気状態を維持しているので真夏は厳しそう。

1-IMG_6366.JPG
これも三内丸山を象徴する建物。

直径2mの栗の木が6本立っていたと思われる跡から想像して復元。
もちろん当時の形や用途は誰にも分からないままなのですが
古代の巨大建造物ってどれもとっても魅かれるものがあります。




[新幹線]友人を送る為に今回初めて新青森駅に来ましたが
もともと住宅地だったところに突然、新幹線の駅ができてしまったので
駅周辺は雑然として雰囲気ですが人気(ひとけ)もない。
県が主導する駅前整備地区の分譲が上手くいっていないと聞いていたけど
あまり青森の表玄関としては誇れない現状です。
こんなことなら駅ビルや商業施設なんていらないから周辺を人口の森にして
ホームを降りた人に鬱蒼と茂る森を見せてあげた方が青森らしくてよかったのでは・・・
森に埋もれる駅なんて素晴らしいくないかい?



朝の八甲田 10個入【送料込】

朝の八甲田 10個入【送料込】

  • 出版社/メーカー: 郷アルパジョン
  • メディア: その他
お土産に”朝の八甲田”を買ってお渡しして別れました。
地元で有名なチーズケーキです。
気に入ってくれると嬉しいなぁ[わーい(嬉しい顔)]


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

29年度産 新米”青天の霹靂”発売初日 [青森の話題]

今年も今日(10/7)から平成29年度産 青森県産米”青天の霹靂(へきれき)”が全国一斉発売されました。

images.jpg

青森県初の特A米である青天の霹靂は厳しい産地制限、生産指導がかかったお米で県を挙げて力を注いでいるブランド米です。
生産地は主に津軽地域で生産基準に適合した土壌の圃場でしか生産が認められていません。
私の住む下北や上北、県南地域では土壌の性質が合わず生産禁止なのでコメ作り農家でも青天の霹靂は買って食べるしかありません。〔うちの地区はまっしぐらを生産しています)

ネーミングに当初は県内でも賛否が分かれていましたが本格生産から3年目を迎えすっかり県民の間でも定着しています。(とてもコメの品名とイメージしにくいのですが・・・慣れとは恐ろしい

従来は東北の中でも青森のお米は特に美味くもないと酷評され続けてきましたが品種開発が近年成功して”つがるロマン”、”まっしぐら”と少しづつですが知名度も上がってきたところでこの青天の霹靂が特A評価を獲ったことで一応の目標達成といったところでしょうか?

県内では2キロで1,080円程度とこれまで食べていた県産米に比べかなり高価なのですが人気が高く初回精米分は恐らく数日つのうちに在庫切れになりそうです。
私は発売日にスーパーで売られる塩おむすびが気に入っていて毎年買い求めるのですが今年は1日遅れの明日にでも買いに行こうと思います。
おにぎりの包装をとった直後の香りが従来の県産米とはやはり違います!
全国の皆様も店頭で見かけたら是非一度お買い求めください。
パッケージが変わっているからすぐい分かりますよ[わーい(嬉しい顔)]

青天の霹靂 青森県産初の米最高評価「特A」米 5キロ

青天の霹靂 青森県産初の米最高評価「特A」米 5キロ

  • 出版社/メーカー: 青天の霹靂
  • メディア: その他
【 追 記 】
隣町のスーパーで青天の霹靂塩むすびを買おうとしたら
コンビニおにぎりのような個別包装のものではなくパックに入ったものだったのでパス。
新米のあのいい香りは個別包装が一番感じられるのにぃ・・残念・
代わりに青天の霹靂を使ったおにぎり弁当を買って帰宅。
でもこれではおかずの匂いが混ざってしまって意味ないよなぁ[ふらふら]
それでも新米のツヤツヤご飯は美味しい[揺れるハート]
1-IMG_6299.JPG

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青森でワイドFM放送開始 [青森の話題]

こん〇〇は! いつもご訪問&アフェリエイトご利用いただきありがとうございます。


10月1日より青森県内ではRAB青森放送(RABラジオ)がこれまでのAM放送に加え新たにワイドFMによる放送を開始しました。
青森県内のラジオ放送事情はAMがNHKとRAB青森放送の2局、FMはNHK-FMとFM青森(AFB)の2局体制が続いていましたが今月からRABラジオがAM放送をワイドFM帯の91.7,927MHZを使ってFM補完放送を開始しました。

widefm_20171001.png

AM放送のワイドFM帯を使っての補完放送は災害時や都市部の難視聴解消の為に行われています。
ワイドFM帯はもともとアナログ時代のTV放送の音声が聴けた帯域です。
それがTV地上波のデジタル放送移行で空いたために使えるようになりました。
ちょっと昔のラジオ受信機ならFMに①②③とTVの音声が聴ける周波数にマークがついていましたがこのタイプのラジオならわざわざワイドFM対応ラジオを買わなくても今あるラジオがそのまま使えます。
すでに全国の放送局でFM補完放送が始まっているようですが青森でもいよいよって感じですね。
東北では山形がまだ開局していないだけで他の県ではすでに放送開始されていました。


私は家で作業しているときや車の運転中はほぼFM放送を聴いているのですがこれまで民放1局体制だったのが1ch増えたので選択の幅というか選局ができるようになったのでかなり嬉しいですね。
1-IMG_6296.JPG
私のハスラーのカーラジオもちゃんとワイドFMが選局できました。
91.7MHzはRABラジオの青森地域の電波。もう1局は八戸地域の92.7MHzとなります。
私のカーラジオは次回バージョンアップで”青森放送”と放送局名が追加されるのかなぁ?


なお青森放送のラジオはかなり地元密着型の番組が多いので県外の方が聴いても???となるようなローカル色が強い内容かも・・・

FM放送といっても主体がAM放送なので普段聞きなれたFMっぽい番組とはちょっと違う番組なのですが今後はFM向きの選曲が増えるかもしれません。
最近は曲もAM向き、FM向きってあるのだなぁと思っています。
RABラジオってAMだったので正直、ポータブルラジオでは聴きにくい(音声がクリアではない)のでFMばっかり聴いていましたがこれからはヘビーリスナーになってしまうかも[黒ハート]


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

阿光坊古墳群 [青森の話題]

こん〇〇は! いつもご訪問&アフェリエイトご利用いただきありがとうございます。


先日、おいらせ町にある”おいらせ阿光坊(あこうぼう)古墳館”に行ってきました。
青森県民の多くがその存在すら知らないであろう阿光坊古墳群。国の史跡にもなっています。
古代の遺跡といえば青森では何といっても三内丸山遺跡が超メジャーですがそれ以外でもつがる市木造の遮光器土偶(モデルは宇宙人説もあり)や八戸の是川遺跡から出土した”合掌土偶”なんかは知っている人も多いかもしれません。

歴史好きの私も青森県民になって15年経ちますが今年になって初めて阿光坊遺跡群の存在を知りました。
同じ上北郡に住んでいるのになぁ。


1-IMG_6240.JPG

そもそも私が阿光坊古墳群のことを知りきっかけになったのがこの”おいらせ阿光坊古墳館”のオープンを伝える地元局のTVニュースでした。(平成29年3月開館)
[かわいい]おいらせ阿光坊古墳館のサイト(おいらせ町HP内)はこちら


阿光坊古墳群は7世紀~9世紀後半の約300年間に造られ続けた蝦夷(えみし)の権力者たちの墳墓と推定されています。
中央では古墳時代の終わりから平安時代に当たる時代の古墳群なので末期古墳とよばれるそうです。

北海道で古墳が見つかりまでは本州北限の古墳群だったのでは?


「おいらせ阿光坊古墳館」

1-IMG_6245.JPG

まだオープンから半年も経っていないので館内は新築のいい匂いで展示コーナーもピカピカ[ぴかぴか(新しい)]

入館料は無料ですが展示室は観覧料が必要です。
実際の古墳群のある場所までは国道45号線を挟んだ反対側の丘にあるので少し距離(400m)があります。
古墳群見学をされるのであればまずはここで予備知識を頭に入れて現地に行かれるのがお勧めです。

1-IMG_6216.JPG
展示室の入口にある古墳群全体の俯瞰模型です。

阿光坊古墳群は阿光坊遺跡、天神山遺跡、十三森遺跡から構成されています。
奥が北側で手前の青い線が奥入瀬川。(十和田湖から流れ出る唯一の川。ここら辺ではもう渓流という雰囲気はありません)
ここら辺は現在・青森県上北郡おいらせ町阿光坊という地名ですが”〇〇坊”という地名はお寺に由来する地名が多いのですが現在この阿光坊地区には阿光坊という寺社は存在しません。かつて存在していたという確証もないようですが言い伝えでは存在していたという説もあるようです。(古墳館職員の方の話による)

また他にも〇〇坊という地名も近くに存在するようですが恐らく修験道に由来する地名では無いかという説です。
私の住む地域も修験道の道場だったらしい。
館内の展示品は古墳から出土した副葬品である勾玉(まがたま)、須恵器、鏃(やじり)、刀等が展示されています。
私のおススメは蕨手刀という柄の部分の末端が蕨(わらび)のようにくるっと巻かれている形状の手刀。


2Fは展望室のようになっています。

1-IMG_6217.JPG
ちらの方向に阿光坊古墳群が位置しています。
ブラタモリ風にいうところの奥入瀬川の河岸段丘にあることになります。


1-IMG_6219.JPG
南西側は奥入瀬川が流れてその上を東北新幹線の高架橋が走っています。
左が八戸方面で右側が七戸十和田方面でここら辺はトンネルの連続なので新幹線が眺められるのは珍しい。
天気が良ければ八甲田の眺望も期待できます。



「阿光坊古墳群(現地)」
古墳館から目の前の国道45号線を信号のない横断歩道を渡って丘に登ると阿光坊古墳群の現地に到着。
古墳のすぐ下に大きな駐車場も整備されています。

1-IMG_6232.JPG
古墳といっても有名な仁徳天皇陵(大仙古墳)のような強大な古墳はここにはありません。
古墳といえば大きなものとイメージしてここに来ると少々がっかりするかもしれませんが代わりに古墳がボコボコとあちこちにあります。
これはちょっと見たことのない風景でしたので私は驚きました[がく~(落胆した顔)]

1-IMG_6235.JPG

1-IMG_6220.JPG

阿光坊遺跡と天神山遺跡はほぼ同じ場所(隣接)していて阿光坊遺跡は奥入瀬川とは逆の緩やかな傾斜地に造られているようです。
平地に造られるような古墳のイメージがあったのですが古代の人たちはどうしてこの場所を墳墓として選んだのでしょうか?


1-IMG_6236.JPG

1-IMG_6233.JPG
こちらは天神山遺跡の古墳。北東北の蝦夷の墓ならこのくらいの規模なんでしょうね。

この阿光坊古墳群の発見は比較的最近で1986年(昭和61年)に勾玉が見つかったのをきっかけに本格的な調査発掘が始まったそうです。

調査の結果108基の古墳と8基の土抗墓が見つかりました。
おいらせ町は農業が盛んな土地でこの遺跡も長芋畑の下から見つかったそうです。
もともとこの辺りは十三森といって中世の武者の墓という言い伝えがあったようで昔からここらの畑では遺物がちょくちょく見つかっていたようです。
実際は中世よりももっと古い時代の古墳だったのですが畑作業でかなりの古墳が破壊されていたとか・・(長芋は植え付けや掘り起しの際にかなり深く機械で土を掘り起こします)
古墳館の展示でも”十三”という数字は古代において何かしらの暗示めいた数だったようです。
(青森には津軽の日本海側に十三湊(とさみなと)という中世の巨大港湾都市遺跡があります)

1-IMG_6221-001.JPG
古墳の脇には一般の民家が建っています。
この古墳の合った場所はこの方の畑だったのかなぁ?
住人の方もまさか家の隣がこんなことになっていたなんて思いもよらなかったのでしょうね。
自宅リビングからの眺めも気になるなぁ・・
家の下にも古墳が今でも眠っているかも?すごいロマンのある家です。
天神山、阿光坊の遺跡の奥に続く道沿いには十三森遺跡があるとのこですが現場ではあまり確認できませんでした。
ちょうど現地を訪れた時はここを遺跡公園にする造園工事の真っ最中でした。
発掘調査自体は終了しているようなのでこの古墳も特に柵で囲うこともなく登っても良いようなことも行っていましたが・・・工事が完成すればベンチや説明板が各所に造られるようなのでお弁当持参で子供を連れた散策にも良さそうです。

スクリーンショット (63) (800x490).jpg

googleEarthからのスクショ。
草に覆われていないので印象がかなり違いますね。残土置き場みたいな光景。
発掘がまだ終わっていないころなのか?



nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国民保護サイレン [青森の話題]

朝の6時にセットしたiPhoneの目覚ましアラームが鳴った直後、今度は屋外の町の防災行政無線からサイレンが鳴りだしました[演劇]
以前、訓練放送で流れたものと同じサイレンです。
Jアラートと連動した国民保護サイレンとよばれるものですがこの時、同時に配信されるもとばかり思っていたiPhoneからのアラームは鳴りませんでしたので誤報かな?と思っていたら少し経ってiPhoneでも通常の速報メールが届きました。



どうやら北海道、東北地方等が対象となっているようで海自大湊基地や空自&米軍三沢基地、原子力施設がある青森県としては敵側からは攻撃対象豊富なのでかなり不安でした。(もう少し対象地域を絞れないものか?)
動画は私が寝ている2Fのロフト(実質3F相当)かわ陸奥湾越しに大湊基地方面を撮影。
鳴っているサイレンの音はお化けが出てくる時の効果音みたいな感じ。
ネットではファミスタのフライの上がる音という意見もあって合点がいきました。


ミサイルが飛んだコースは我が家から近いといえば近いコースなのですが避難場所もないしなぁ。
田舎では地下街も無いしシェルターになりそうな丈夫な建物といったら何処なんだろう?

IMG_6201.PNG


逃げ場がなく注意喚起だけされてもなぁ
有事の際は死ぬ覚悟も無いままに死んじゃうかも[がく~(落胆した顔)]



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー