So-net無料ブログ作成
鉄道&Nゲージ ブログトップ
前の5件 | -

アニメと鉄道 [鉄道&Nゲージ]

こん〇〇は! いつもご訪問いただきありがとうございます。


たまに買うことがある鉄道雑誌”旅と鉄道”
その名の通り鉄道旅を紹介している雑誌ですが

今回の臨時増刊号は”アニメと鉄道”と題してアニメ作品に登場する鉄道シーンの特集号となっています。

1-IMG_6392.JPG
最近のアニメ(特に深夜アニメ)では作品の舞台を現実にある地域に設定しているケースが多くなってきました。

そのためそこを走る鉄道も実際に存在する路線が描かれることが多く車両、駅舎、風景と共に作品中に精密な描写で登場しています。

そこに行けば何時でも大好きな作品の世界に浸ることができる。
”聖地巡礼”21世紀の現在その言葉の本来の意味が変わってしまうほど日本のあちらこちらにアニメの”聖地”が生まれてたくさんのファンが集まっています。
過疎に悩む地方にとっては思わぬ経済効果で地域おこしに一役かっている状況です。
作品中に登場する鉄道にもせっかくだから乗ろう!とか記念きっぷを買ったりグッズを買ったりと・・・
何の予備知識もない人が偶然立ち寄った旅先でやたらとアニメキャラの看板やポスターが並ぶ光景を見たらビックリするくらい盛り上がっている例もあるようです。


アニメ×鉄道…というオタク文化の双璧を集めたこの雑誌、この臨時増刊の前に通常特集として記事が組まれていたようです。
旅と鉄道 2017年5月号 [雑誌]

旅と鉄道 2017年5月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 天夢人
  • 発売日: 2017/03/21
  • メディア: Kindle版
おそらく売り上げもよかったのでしょう。
半年後にこの臨時増刊号の発刊です。

アニメと鉄道 「鉄道を美しく描くアニメ監督の世界へ」 旅と鉄道2017年増刊12月号

アニメと鉄道 「鉄道を美しく描くアニメ監督の世界へ」 旅と鉄道2017年増刊12月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 天夢人
  • 発売日: 2017/10/28
  • メディア: 雑誌
今回の臨時増刊号の表紙に描かれているのは新海誠監督の「秒速5センチメートル(桜花抄)」の一場面。
私の大好きな作品ということで一目で分りました!(そして衝動買い)
本の内容としては
人気アニメ監督の作品にみる鉄道として新海誠(君の名は。他)、片淵須直(この世界の片隅で他、細田守(サマーウォーズ)監督作品を
作品別ではジブリの「おもいでぽろぽろ」、京アニの京阪電車が登場するあの2作品
秩父線沿線が舞台の「あの花」&「ここさけ」。
「ラブライブサンシャイン」、「ガールズ&パンサー」ここら辺は鉄道どうこうというより聖地巡礼による地域おこしの成功例紹介かなぁ。
そして「銀河鉄道999」(これはおまけか?)
他にも注目のアに鉄として36作品が紹介されています。
概ねアニメも鉄道もどっちも好き!というライトなファン向けでちょっとコアなマニアの方には物足りない内容かもしれません。
あの作品が載っていない!この車両のここが描ききれていない!とかの批判がたくさん出て来そうですが・・・
どちらも”そこそこ”の私にとっては十分楽しめる1冊です。
1-IMG_6394.JPG
京アニの人気作「響け!ユーフォニアム」では京都・宇治市が舞台ということで京阪宇治船が登場。
京アニ(京都アニメーション)のように東京に拠点を置かず地方で活動しているアニメ制作会社の作品は地元の風景が良く舞台化されていますね。
劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ [Blu-ray]

劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


1-IMG_6397.JPG
近くの弘前市が舞台だった「ふらいんぐういっち」も初回冒頭に確かに奥羽線が登場していました。
でも鉄道が登場するのは極わずかだったのに・・・
作品中に鉄道が印象的に使われているかどうかよりも鉄道がリアルにえがかれているかという視点で編集されている企画というのがわかります。
私自身奥羽線よりも主人公たちが空飛ぶ箒(竹ぼうき)を買いに行った店が実在する県合大手ホームセンターで売り場の雰囲気とか価格POPとか”そうそう”とにやけるシーンが多かったなぁ
ふらいんぐうぃっち Vol.1 [Blu-ray]

ふらいんぐうぃっち Vol.1 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray
そういえば・・・・
私の家の最寄り駅や町もアニメの聖地らしいです。
1-CLANNAD After Story 第18回 大地の果て.mp4_000340547.jpg
2000年代後半に京アニが制作した「CLANNAD AfterStory」に最寄り駅のJR大湊線陸奥横浜駅が登場しています。(18話と最終話)

私はこの作品は見ていないのですがいとこの高校生の息子に聞いたらよく知っていました。
作品中に地元が出ているよと教えてあげたら喜んでいました(本人も気づかなかったようです)
私もネット上でこの町が聖地になっていることを知ったので大きなことは言えません。

作品中では町の名前も駅の名前も出てきませんが東北新幹線の八戸駅(らしき)で在来線に乗り換え。
1-CLANNAD After Story 第18回 大地の果て.mp4_000197945.jpg
八戸-野辺地間は当時はまだ東北本線で新幹線接続特急「スーパー白鳥」号が走っていました。
1-CLANNAD After Story 良画質 最終回 小さな手のひら.mp4_000713215.jpg
単行のキハ100越しに見えるのは陸奥湾越しのむつ市街。
手前の鋼鉄製の防風雪柵は夏なので折り畳んで描かれているのも細部までリアル。

1-CLANNAD After Story 良画質 最終回 小さな手のひら.mp4_000731986.jpg
野辺地で大湊線に乗り換え日本一の菜の花畑がある横浜町の最寄り駅・陸奥横浜で下車。

1-CLANNAD After Story 第18回 大地の果て.mp4_000344788.jpg1-CLANNAD After Story 第18回 大地の果て.mp4_000363829.jpg
見事に何もない駅前風景。
駅正面に個人宅の玄関があるというのもシュールな世界(現実世界でも全く同じなんです)
このあとシーン展開としては満開の菜の花畑のシーンが登場します。
結構感動するシーンが展開されるようなのですが・・・・
町の観光協会もいまのところ聖地巡礼に便乗したイベント企画などは全く考えていない様子。
作品中に実名表記がないというのがネックなのかなぁ
それでも毎年菜の花の時期になると”聖地巡礼”としてブログに菜の花畑を見に来た様子がUPされ続けているのでちょっともったいないような気もします。
巡礼者たちもちょっと気が抜けるのではないでしょうか?
CLANNAD AFTER STORY コンパクト・コレクション Blu-ray (初回限定生産)

CLANNAD AFTER STORY コンパクト・コレクション Blu-ray (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東急 ステンレスカー555両突破記念乗車券 [鉄道&Nゲージ]

JR浜松さんのブログの記事(東急7000系の模型)に触発されて保管してあった懐かしい記念きっぷを探し出しました。

1-DSC01454.JPG
これは昭和55年当時(私が小6のころ?)、東急電鉄が保有するステンレス車両が555両を突破した記念の乗車券で5枚で1セット。


1-IMG_6144.JPG
▲記念乗車券が入っていた封筒の裏面より


東急は国内初のステンレス車両(5200系)を導入するなど早くから車両のステンレス化を進めてきた鉄道会社です。
上の画像左から8000系、6000系、7200系、5200系、7000系がデザインされています。

素材は紙の類ではなくアルミシートのようなフィルムのような極薄素材でできています。


それぞれの券面を見ると運賃の合計が¥500なのでこれが購入価格だった模様。
当時はまだ大人70円区間もあったのですねぇ。

また券面には”二子玉川園”の表記がありますがこれを買ったのも確か家族で当時東急系列で運営していた遊園地であった”二子玉川園”内で開催されていたサーカスを見に行った帰りに買った記憶がかすかにあります。
二子玉川園もとうの昔に廃園となり駅名から”園”の文字が消えて久しいのですが今はおしゃれな街として人気の”ニコタマ”もまだ当時はそれほど賑やかだったという印象はありません。


1-IMG_6145.JPG

素材が素材なだけに撮影するのにも一苦労です。
スキャンして画像化しようとしたら真っ黒になってしまったのでこんな感じの画像で申し訳ありません。
(少しエンボスの入ったクリヤーファイルに挟んで撮影)

1-IMG_6143.JPG
この記念乗車券発行時の東急におけるステンレス車両の総数の内訳。


素材がペラペラなフィルムのような乗車券なので保存状態が良くないのですが興味本位でヤフオクで検索してみたら今でも購入時の価格とほぼ変わらない価格で出品されていました。(それ以下での出品もあり)
ちょっと残念。


私はそれほどきっぷの収集癖はないのですがこの記念乗車券と一緒に他の記念きっぷも出てきたのでおいおいUしてみたいと思います。

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KATO クモハ12-50鶴見線(4964) 大川支線の17m級旧国 [鉄道&Nゲージ]

KATO製 Nゲージ クモハ12-50鶴見線を入手しました。

自分は蒸気機関車には未だに乗ったことはないのですが旧型国電には子供の頃よく乗っていました。

DSC00978.JPG
首都圏最後の旧型国電となったのがこのクモハ12-50です。

両運転台の17m級旧型国電は小さなレイアウトにぴったりということもあって

初回生産分はあっという間に入手困難となったようです。

かなり前にアマゾンで再生産分の予約注文をしていた物が先日ついに届きました。

【子供の頃の思い出】

IMG_5285.JPG
実車は鶴見線の武蔵白石-大川間の1kmにも満たない区間を走行していました。

[かわいい]クモハ12-50(KATO製品ページ)
[かわいい]クモハ12-50説明書(PDF)

私が生まれ育ったのは京浜工業地帯の中心部・神奈川県川崎市の川崎区。

普段は滅多に利用しなかったのですが最寄り駅は南武支線と鶴見線の浜川崎駅でした。

小学生のころ放課後に鶴見線のフリー切符を買って乗りまくるという遊びが流行りました。

当時子供料金でフリー切符は100円で鶴見線が乗り放題!

鶴見線自体は総延長も大した距離もなくほとんどの駅が無人駅。

おまけに沿線風景はほぼ100% 殺風景な工場や倉庫だけ・・

しかもなんか工場からの変な臭いでいっぱい[あせあせ(飛び散る汗)]

我々の学区から産業道路、首都高横羽線を海側に越えたところを鶴見線が走っていました。

当時は産業道路を超えた先は一大工場地帯で人なんか住んでいないと思っていましたがちゃんと駅周辺は小さな個人商店が営業していたりして少なからず驚いたりした記憶も・・

そもそも利用客はほぼ工場に通う通勤客のみで朝夕はそれなりに利用客もあるのですが日中や休日はほぼ閑古鳥が啼くような状況でしたので我々がフリー切符を使って今で云う”乗り鉄”を楽しんでいる時間帯は数名の小学生の貸し切り状態とかになっていました(懐かしい)。

鶴見線は当時から海芝浦駅のようにホームの横が岸壁で改札抜けたら工場にしか行けない駅とか昭和レトロな国道駅とか浜川崎駅のように同じ駅なのに南武支線と鶴見線のホームが道路で隔てられていたりとちょっと変わった駅が多く面白い路線でした。
その中でもこのクモハ12-50が単行運転されていた大川支線は乗ったと思ったらあっという間に終点という超盲腸線。

子供の身としては遊園地の遊具のような感覚だったのかなぁ

旧型国電自体は当時の南武支線でも運行されていたので南武支線がすぐ学校の横を通っていた小学校に通っていた我々としては特別に珍しいという車両ではありませんでした。

それにしても当時の国鉄職員にとってはいくら切符を持っているといえども子供が遊び場のように利用するのは面白くなかったのか?危険を周知させようとしたのか?当時の我々は駅員によく理由もなく怒られたり追いかけられたりしたよなぁ(だから国鉄は潰れたんだよ)

[かわいい]JR東日本・鶴見線について(Wikipedia)

今にして思えば南武支線(我々は浜川崎線とか浜線とか呼んでいた)とこの鶴見線は懐かしい思い出でいっぱいな故郷の路線です。(今年になって南武支線に小田栄駅という新駅が誕生したそうです。今も住んでいたらここが最寄り駅になっていた)


JR東日本 南武支線 「小田栄」 キーホルダー

JR東日本 南武支線 「小田栄」 キーホルダー

  • 出版社/メーカー: 赤い電車
  • メディア: おもちゃ&ホビー


普段、Nゲージの車両なんて新品を滅多に買わないのですがこちらの車両についてはオークションで安く手に入る可能性もこの先期待できないので思いっきって新品購入してしまいました。


【細かい作業】

シールは前面サボ (2種あり)か窓内表示前面サボのどちらかを選択して貼りますが小さいのできれいにカッターで切り出すのは至難の業でした・・・
IMG_5299.JPG
≪貫通扉側≫ちょっと非貫通扉側の前面サボの切り出しに失敗。予備もどこかに飛んで行っちゃった[たらーっ(汗)]
最近は細かいデカール貼りにも難儀しています。

IMG_5301.JPG
≪非貫通側≫こちらはある程度見られるくらいにはきれいに貼れました。

いずれにしても老眼の身にはかなり、かなり厳しい細かい作業です。


さらに厳しかったのがこの別パーツとなっている2本のジャンパ栓の取り付けでした。
IMG_5304.JPG
ピンセットを使ってジャンパ栓を所定の位置の取り付け穴に嵌めようとちょっと力が加わるとピンセットの先からパーツが飛んで行ってしまい何度も目を凝らして探す羽目に・・・・

IMG_5282.JPG
神経をピンセットの先に集中させても何度となく失敗[ちっ(怒った顔)]

何度も小休止して気を取り直したりしてもダメで結局この取り付け作業に1時間近くもかかってしまいました。

それでも無事に取り付けられたのはピンセットを使うのをやめてジャンパ栓のホース部分にマスキングテープを張り合わせてテープの持ち手を作り取り付け穴の位置に栓を合わせ上から指でむぎゅっと押し込んだら簡単に嵌りました[わーい(嬉しい顔)]

こうしてみるとやはりホースは黒く塗ったほうがいいですね!



この車両はモーター付きで前照灯も点灯するようですが実際に走行させるのはまた後日になります。
線路とコントローラーを引っ張り出してこないと・・・・

DSC00981.JPG
とりあえずダイソーのコレクションケースに入れておきましたが簡単なヴィネットでも作ろうかなぁ

そういえば南武支線の旧国2両セットのキットも持っていたなぁ(未着手だけど・・) 

 


 


RM MODELS (アールエムモデルス) 2016年2月号 Vol.246

RM MODELS (アールエムモデルス) 2016年2月号 Vol.246

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/12/21
  • メディア: 雑誌

▲旧型国電特集で鶴見線の記事も掲載されています。

【サボコレ】 急行アルプス [鉄道&Nゲージ]

鉄道ファンの間でも人気の高いアイテムが車輌の側面やドア付近に掲げられるサボです。

比較的旧式の車輌にしか使われていないので最近はあまり実物を目にする機会が少ないのですが・・

近所を走っている大湊線では今でもキハ40系などで使用されています。

実際に使われていた放出品などを即売会やオークションで手に入れることができますがこれが結構な値段です。

オークションでも高値での取引が行われています。
 [次項有]Yahoo!オークション”サボ”

[手(パー)]ちょっと手が出せません[ふらふら]

そんなマニア心をくすぐるのがトミーテックのサボコレクションです。

実物の1/10サイズのサボのミニチュアですが

精巧にできていてステンレス板に焼付け塗装といった本物志向。

1個に1枚のミニチュアサボが入っていますが

例の通りブラインド販売方式なので何が入っているかは開けてからのお楽しみです。

・・といっても好みのものを確実に手に入れるのならやはりオークション利用が一番。

私は第7弾〔中央線編!〕の急行アルプスをオークションで落札しました。DSCN0952.JPGDSCN0951-1.JPG
実際のサボと同じように裏表に印刷されていています。

中央本線の急行アルプスといえば首都圏の登山愛好家には懐かしい列車です。

今でも通常ダイヤに名前が残っているかと思ったらありませんでした。
(2002年12月のダイヤ改正で夜行快速のムーンライト信州に格下げになったようです)

私は高校時代にワンダーフォーゲル部の夏合宿の帰りに南小谷から立川まで乗車しました。

登山客の多い新宿発の夜行急行アルプスと違い

昼間の登り(新宿行)の急行アルプスはごく普通の急行列車で登山客の数もまばらで

汚い格好で山から下りて来た高校生は一般乗客からはちょっと浮いていたかも・・

DSCN0953.JPG

サボコレは現在第7弾まで発売されています。

※N、HOゲージの車輌に貼れるサボシールも付属。

次は第3弾の  青 森 行 (表) 仙 台 行 (裏)が欲しいなぁ[わーい(嬉しい顔)]

[ぴかぴか(新しい)]こちらも応援宜しくお願いします[次項有]人気ブログランキングへ[ぴかぴか(新しい)]

 


 

急行アルプス&165系急行形電車 (イカロスMOOK―名列車列伝シリーズ)

急行アルプス&165系急行形電車 (イカロスMOOK―名列車列伝シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: ムック
【MICRO ACE・マイクロエース】鉄道模型Nゲージ国鉄 165系 急行『アルプス』(A0900)

【MICRO ACE・マイクロエース】鉄道模型Nゲージ国鉄 165系 急行『アルプス』(A0900)

  • 出版社/メーカー: マイクロエース
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 



THEトラックコレクション 第5弾 馬匹輸送車(日本馬匹) [鉄道&Nゲージ]

Nゲージの情景小物として最適なトミーテックのTHEトラックコレクション。

久しぶりに購入してみたのが第5弾シリーズでした。

現在(2010/8)は第7弾まで展開中ですのでちょっと古いシリーズになりますねぇ。

[次項有]トミーテックのジオコレ”THEトラックコレクションのサイト

ブラインド販売方式の中身はこれ日野の馬匹(ばひつ)輸送車。

馬運車(ばうんしゃ)とか馬バスとも呼ぶらしいです。

そして今回引き当てたのは日本馬匹のものです。

トラックコレクションでは他に同じ車体で日通と鷹野運送のものがあります。

DSCN0905.JPGDSCN0904.JPG
よく高速道路などで見かけますよね!

厩舎やトレセン、競馬場間の競走馬の輸送に使われるトラック(バス)でエアサス、冷暖房完備。

この日本馬匹の場合各車輌に名馬の名前がつけられているそうです。

模型では省略されていますが車輌前方の2つ窓の下に表示されているようですね。

[次項有]日本馬匹の馬名入り馬運車を集めたブログ「馬運車ファン」サイトへ

DSCN0909.JPG
▲JRAのロゴもキレイに再現

DSCN0906.JPG
実写同様に車輌後部が馬の搬入ゲートになります。

説明書などにはこのギミックの表示はなかったなぁ。

何も知らずに偶然このギミックを見つけました。

DSCN0907.JPG

こうなると馬のフィギュアを載せたいなぁ~

情景コレクション ザ・動物001 馬

情景コレクション ザ・動物001 馬

  • 出版社/メーカー: トミーテック
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
 
 
 
 
 
 
介助する人間のフィギュアも必要ですね。
 
でも実際にこのように競走馬の積み下ろし風景があるようなジオラマを作るのが大変そう[がく~(落胆した顔)]
 
競馬場や育成牧場、厩舎なんか大きなレイアウトじゃなきゃ再現できないよね?
 
さてNゲージのMYレイアウトはいったい何時になったらできるのかなぁ[たらーっ(汗)]
 
最後までお付き合いいただきありがとうございます。
 
最後にポチッとお願いです[次項有] 人気ブログランキングへ[ぴかぴか(新しい)]

前の5件 | - 鉄道&Nゲージ ブログトップ