So-net無料ブログ作成
自動車&カーモデル ブログトップ
前の5件 | 次の5件

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作 その6 [自動車&カーモデル]

大人になって(?)2作目のカーモデルキットとなるタミヤのFORD FOCUS WRCを製作中です。
現在はボディの塗装の真っ最中で前回までにボディカラーの2トーンのうち、ホワイトの塗装まで終了しています。

今回は2トーンのもう一方のカラーである赤の塗装です。
1-DSC01422.JPG
前回、エンジンフードの左右にある赤いラインをそのままキット付属のデカールで再現するか塗装で再現するか悩んでいましたが結局、塗装で再現することにしました。
この赤色はガイアカラーのブライトレッドを前回製作した英国空軍のレッドアローに続いて使用してみました。

ガイアカラー003・ブライトレッド

ガイアカラー003・ブライトレッド

  • 出版社/メーカー: ガイアノーツ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
レッドアローズの時と同じように下地にピンクを塗装した上から塗っていますが思いのほか発色が弱いような気がします。もう少し明るくまさに”ブライト”な感じになって欲しかったけど・・・
1-DSC01423.JPG
2トーンの境界には青いラインのデカールを貼るのではっきりとした塗り分けはしていません。
境界の目安としては上の画像のように付属デカールをカラーコピーしたものを切り出して貼ってマスキング(ガイド)しています。
1-DSC01428.JPG
ブライトレッドを吹いてマスキングを剥がしたところです。
新たに境界の確認用にコピーしたデカールを切り出して水に濡らして仮止め。
どうやらこの部分の塗り分けは成功のようです[わーい(嬉しい顔)]

ただし懸念していたリア側のこの富士山模様については何回か塗り直しが必要でした。
1-DSC01426.JPG
この部分は細かい段差があってコピーしたデカールが上手く密着せず隙間から塗料の吹込みを起こしたり、そもそもラインデカールの位置が微妙に左右でずれてしまいかなりてこずりました[あせあせ(飛び散る汗)]
実際にデカールを貼る段階でもしかしたら白か赤どちらか微妙にずれるかもしれませんがタッチアップで済ませるつもりです。
1-DSC01424.JPG
窓枠の一部塗り分け(セミグロスブラック)などを済ませて一応ボディ塗装の完成。
これまでMrカラーにはセミグロスブラックが無いものと思い込んでいましたがちゃんとありました。
しかも手元の在庫にもあった[あせあせ(飛び散る汗)]
タミヤのアクリルカラーで塗った後に気が付きましたのでこの部分は塗膜が一段弱い筈なのでクリヤーを吹く前の磨き作業はしません。
Mr.カラー C92 セミグロスブラック タミヤカラー アクリルミニ X-18 セミグロスブラック 光沢 ガイアノーツ ガイアカラー セミグロスブラック










どうしてMrカラーにセミグロスブラックが無いと思い込んでいたのか不思議です。
カーモデルにはセミグロスブラックってかなり頻繁に使うのです。

1-DSC01427.JPG
2トーンの境界がきっちり赤白で分かれていない部分は下塗りのピンク色が露出していますが割と幅のある青いラインデカールが上にかかるので問題なしです。

画像で見るとホワイト部分が少しピンクがかっているような・・・
ホワイトバランスが狂っているだけだったら良いのですが・・
実際に肉眼で見る分には綺麗に白く発色しているのですが本当は下地が透けているのかなぁ?

あまり細部部こだわってリタッチや追加塗装したりすると収拾がつかなくなりそうなので適当なところで切り上げ。

デカールを貼る前に耐水ペーパーの#1500~2000で塗装面を少し磨きます。

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
よろしければポチっとお願いします。
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作 その5 [自動車&カーモデル]

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作です。
前回まででシャーシ側の組立工作と塗装がほぼ終わり今回からはボディ側の組立と塗装となります。


【サーフェイサー】
塗装前のボディの下地をサーフェイサーで処理します。

1-DSC01415.JPG
今回は出来るだけ”光沢のある塗装仕上げ”にしたいのでまずはこのサーフェイサー吹きの段階からツルツルの下地を作りたいと思います。(本当は研ぎ出し仕上げ宣言をしたいけど自信がありません[あせあせ(飛び散る汗)]

サーフェイサー自体は塗料の食いつきをよくするために表面がザラザラした仕上がりになりますが今回はこのザラザラを耐水ペーパー掛けで少し滑らかな表面にしてみました。
耐水ペーパーをかけることによってサフの粒子がつぶれて滑らかになります。
ただしサフ本来の目的である塗料の食いつき促進の効果は薄れるのではないかなぁ?
普段はサフを研いだりはしないのですがカーモデルはこうした方が良いのかなぁ(間違っているのかも?)

1-DSC01416.JPG
水をかけてもかけた水が玉になる程度になったら作業終了。(表面の均一化・平滑化)
サーフェイサーで光沢を出してもしょうがないのですがこうすることによってこの後の本塗装での塗料の光沢感に影響が出るそうです(もちろん良い方向に)多分・・・。

本塗装の塗料を綺麗に塗装すれば良いということではなくこの平滑な下地作りが大切なんだそうです。
少なくとも私が最近読んだ工作技法の本にはそんな風に書いてあったような・・・(ちょっと自信ないなぁ)



【発色をよくするための下塗り】
この工程が必要かどうかは本塗装後の仕上がりを見てみないと・・・


キットはお馴染みマルティニカラーの赤白ツートーンの境界に青のラインというカラーリングです。
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217










下塗りにピンクを吹けば赤も白も発色が良くなりそうな気がしますが赤の発色が良くなるのは経験済みですがピンクの下塗りが白にも効果ってあったのか不安です。

1-DSC01417.JPG
ボディ全体をガイアカラーのファンデーションピンクで塗って赤白ツートーンの境界(青のライン)部分のデカールをコピーしたものを切り出してマスキングガイドにしました。

フィニッシャーズカラー・ファンデーションピンク

フィニッシャーズカラー・ファンデーションピンク

  • 出版社/メーカー: フィニッシャーズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
なるべく赤白の境界が青いラインの下に隠れるようにしています。
青のラインデカールの下地が2色に分かれてしまうのでデカールの発色が異なる下地の色の影響で不安定になりそうですが気にしないことにします[ふらふら]


【本塗装①ホワイト】

1-DSC01418.JPG
まずはホワイトの塗装から


いつもは”光沢のある白”ならMrカラーGXのクールホワイトを使う機会が多いのですが今回はガイアカラーのEx-ホワイト(Ex-01)の50ml瓶を購入していたので今回はこれを使ってみます。

ガイアカラー Ex-01 Ex-ホワイト[ガイアノーツ]《発売済・在庫品》
自分はMrカラー派(?)なのですが最近はガイアカラーをちょくちょく使うようになりました。
溶剤の臭いがMrカラーとちょっと違っていて新鮮な感じになります[わーい(嬉しい顔)]
1-DSC01420.JPG
マスキングの下のファンデーションピンクの部分は次に赤を吹く場所です。
※Bピラーはセミグロスブラック
サイドの境界部分はまぁまぁ上手くいった感じです[黒ハート]
1-DSC01419.JPG
デカールをカラーコピーして青いライン(ツートーンの境界)を当ててマスキングガイドにしたのですがハッチドア部分の段差あたりが少し怪しい[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
赤の塗装をする際に再度修正の必要アリですね[あせあせ(飛び散る汗)]
多分このリアサイドの塗り分けが一番の関門かもしれません。

1-DSC01421.JPG
エンジンフードの赤いラインはこのようにデカールで再現できるようになっています。
上の画像では前述のデカールのコピーを切り出して水で濡らして雰囲気を確認したところです。
こうして見ると青のラインの位置取りは比較的簡単そうなので赤い部分はデカールを使わず塗装仕上げにしようかと思案中です。(青いラインはデカールを切り出して貼る)
こうすれば塗装での赤色とデカールの赤色との差が無くなって綺麗に仕上がりそうです。
カーモデルはこのキットが2例目なのでもしかしたらあまりよろしくない塗装方法をしているのかも?と不安だらけですがとりあえず目の前の2トーンの2色目である赤色の塗装が上手くいきますように・・(祈)

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
▲製作中のキットはこれです[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
よろしければポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作 その4 [自動車&カーモデル]

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作記としては前回(その3)から少し間が開いてしまいましたが遅れ気味ながらちゃんと作業は進んでいます。


【インテリアの製作】

今回はインテリア(内装)をなんとか完成させる予定です。

1-DSC01396.JPG
ダッシュボードは半艶(セミグロス)黒とつや消し黒の塗り分け。
各種スイッチ(ランプ)については組立説明書では2か所だけ赤く塗ると指示があっただけでちょっと寂しい気がするけど詳細資料がないので指示通りに進めました[あせあせ(飛び散る汗)]


1-DSC01394.JPG1-DSC01393.JPG
バケットシートは背面のみファブリックの再現用デカールを貼るのですがやはり古いキットなのでデカールの質がちょっと怪しいです。
曲面にデカールを馴染ませるためにマークソフターを使ったら一部デカールが熔けた?
うまく失敗した場所が目立ちにくいように左右のシートを選択。
(シート自体は左右、ドライバー側、ナビ側とも同じものです)

1-DSC01392.JPG
シートを接着固定したところです。
カーモデルを中心に作っている方ならシートベルトは別パーツを使ってディテールアップするところですが今回はキット付属のデカールによる再現のまま。
シート側に特にシートベルト部分のモールドも無いので立体感の乏しいものになっています。


【タイヤマーク、失敗する(1本分)】
1-DSC01399.JPG
この段階で車内に搭載するスペアタイヤを組立ててホイールにデカールを貼ったところです。


このキットには製造メイカーのロゴ再現用のタイヤマークが付属していますが見事に失敗したのでスペアタイヤはロゴなしです[ふらふら]

タミヤのタイヤマークは以前(20年以上前)にF1キットを作った際に確かGoodyearのタイヤマークを貼った時以来なのですっかりコツを忘れてしまっていました。

私はてっきりインレタだと思い込み一生懸命転マークの上から楊枝の先で擦って転写させようとしていましたがこれではダメです。

少し擦った上から水で濡らさないと転写されません。

ちゃんと説明書にも書いてあったのに・・・思い込みで作業して結局、マークを台無しにしてしまいました。

残り4本分は同じ轍を踏まないようにしないと・・(もう予備はないのでプレッシャーです)


1-DSC01395.JPG
前回貼り忘れていたブレーキキャリパーにbremboのロゴデカールを貼りました。
ちゃんと文字の判別もできますね。
ホイールを嵌めてもスポークの隙間から覗けるかもしれません。


1-DSC01397.JPG
ロールゲージにダッシュボードを取り付けたところです。


1-DSC01400.JPG
そしてロールゲージをシャーシに取り付け。


タミヤから発売されているフォーカスのキットは他に2キットあるのですがドライバーとナビのフィギュアが付属しないのは最初に発売されたこのキットだけのようです。

どうやら下記2点のキットにはフィギュアが付属しているようです。
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.241 フォードフォーカスRS WRC 01 プラモデル 24241

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.241 フォードフォーカスRS WRC 01 プラモデル 24241

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
【インテリアの完成】
1-DSC01401.JPG
左右ドア等の内張をロールゲージに固定。

これでインテリア(内装)は完成です。
ロールゲージが張り巡らされているのでボディを載せたらクリアランスがギリギリになりそうなのでボディを被せてみたい衝動を抑えて今日の作業はここまでです。

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
【次回からはいよいよボディの製作】

当初へ移行作業をするといっていたボディ側パーツですがサフを吹いてペーパーをかけたところで一時中断中です。

最近は湿度がすごいことになっていてボディの本塗装をするのを少し躊躇しています。

二重の水取り機構をもかいくぐってエアブラシから水滴が吹き飛ぶようになっているので本塗装はしばらく様子見です。


最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
よろしければポチっとお願いします[わーい(嬉しい顔)]
↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作 その3 [自動車&カーモデル]

タミヤ 1/24スケール FORD FOCUS WRC(1999年仕様)の製作その3です。
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
今回の作業はシャーシ底側、前後サスペンションの塗り分けと組立です。

前回、このサスペンションの塗り分けが難儀だなぁ~と書き込みましたが一応指示通りの塗り分けを筆塗りで再現しました。
1-DSC01380.JPG
ショックとスプリングの塗り分けが厳しそう・・・[バッド(下向き矢印)]

【サスペンションの取付】
1-DSC01382.JPG
なんとか塗り分け完了です[あせあせ(飛び散る汗)]
肉眼で見ると”そこそこ”塗り分けられたかなぁ~[黒ハート]と思っていましたがマクロ撮影の画像を見てみると案の定”いい加減”レベルでしたね[バッド(下向き矢印)]

1-DSC01385.JPG
サスペンションをシャーシに取り付けてみると予想通りショックとスプリングの塗り分けなんて全然見えていませんね[あせあせ(飛び散る汗)]

1-DSC01386.JPG
更にタイヤとホイールを仮付けしてみれば・・・サスペンションは全然隠れて見えなくなりました。
もはやわざわざ塗り分けなくても問題なさそうです。
ただしブレーキディスクとキャリパーはしっかり見えますね
キャリパーにはキット添付のbrembo(ブレンボ)のデカールを貼ることになっています。


1-DSC01383.JPG
リア側のサスペンションを取り付けた様子。
チタンシルバーで塗る部分の一部を筆でタッチアップしたので綺麗な金属の質感が筆ムラで台無しになってしまいました。
他の部分もエアブラシでちょっとタッチアップして修正しないといけないようです。

1回でスパッと塗り分けできないからこういう修正が何回も入ります[もうやだ~(悲しい顔)]


1-DSC01387.JPG
こちらはフロント側サスペンション。


1-DSC01388.JPG
前後サスペンションを取り付け終わったところです。

1-DSC01390.JPG
そして、リタッチで筆ムラが目立つ部分をエアブラシの超極細吹きにて再リタッチしたところです。

これ以上修正するとエンドレスになりそうなのでここで打ち止め[るんるん]


ここまでほぼ指示通りのタミヤカラーでの塗装です。
X-18セミグロスブラックは他のタミヤアクリルカラーと比べても塗膜が弱い印象(簡単に擦れてしまう)ので早めにつや消しクリヤーで保護してしまいます。

ここまでの作業は通常カーモデルなら隠れて見えなくなる部分でした。
次回はインテリア(内装)部分の製作となります。

同時進行で進める予定だったボディ側は季節的にかなり湿度が高い状態が続いていてちょっとエアブラシで広い面の塗装をするのが怖いのでしばし様子見です。

最後までお読みいただきありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

人気ブログランキングに参加していますので

 よろしければポチっとお願いします。

[ぴかぴか(新しい)]↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)]

タグ:タミヤ WRC FOCUS

タミヤ FORD FOCUS WRCの製作 その2 [自動車&カーモデル]

タミヤのFORD FOCUS WRCの製作 今回は進捗状況としては全然進んでいませんが作業量はそれなりにあったような気になっています。
ただ一発で塗り分けが決まらなかったのが主な原因です[ふらふら]
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.217 フォード フォーカス WRC プラモデル 24217

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー




    ▲製作中のキットはこれ[グッド(上向き矢印)]

今回はシャーシ裏の駆動系がメインの作業です。


【フロント側エンジン&ミッション。】
1-DSC01378.JPG
初期のFOCUSの特徴の一つである横置きエンジンに縦型トランスミッションという組み合わせがこれ。
キットではエンジンの下半分のみの再現となっています。
塗り分け作業がし易いようにとシャーシから切り離したエンジンも定位置に再固定。


【リア側】

1-DSC01375.JPG
写真右側に写っている燃料タンクのセミグロスブラック、タッチアップの跡が目立ち過ぎなのでマスキングして再度エアブラシで拭き直す予定です。
どうせ飾れば見えなくなってしまう部分だけど・・・


1-DSC01373.JPG
ここまででまだ組立説明書の①段階目です。
先は長そうです[あせあせ(飛び散る汗)]


1-DSC01376.JPG
ボディ側はサフを吹いた上から紙ヤスリで水研ぎ。#1000→#1200→#1500まで終わったところで待ちきれずにシャーシと合体。
ボディは残り#2000番で下地の最終磨き(ヤスリ)をして一旦ピンクを吹いて白と赤のボディカラーの発色を引き立たせる予定です。
前に製作したモーリスミニクーパーはここまで下地を綺麗には作りませんでしたが完成後はラリーカーとはいえグロス仕様なので丁寧な下地を作ってみようとしています。
どうせならピンクサフを使うという手もありました。
(塗装膜が1層分薄くできますね)


難関かな?これ

1-DSC01380.JPG
シャーシ側の組立の次段階はサスペンションの塗り分けがあります。

特にスプリングとショックの塗り分けは綺麗に塗装する自信がありません。
たぶん飾っていてもタイヤの陰からちらっと見えると思うので以外に侮れないパーツです。
ショック部分を金属パイプに置き換えても良さそう(見栄えも良いし塗り分けも不要)
ただ1回このまま素直に塗り分けてみようと思います。
メタリックブルーやメタリックレッドではなくチタンシルバー(ショック部分)とスプリング(セミグロスブラック)という地味な塗り分けなのが多少は救い?


[かわいい]最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキングに参加していますので

 よろしければポチっとお願いします。

       ↓↓↓↓↓↓↓↓[左斜め下]


前の5件 | 次の5件 自動車&カーモデル ブログトップ