So-net無料ブログ作成
検索選択
自動車&カーモデル ブログトップ
前の5件 | 次の5件

【タミヤ】 モーリス・ミニクーパー1275Sラリー (完成写真) [自動車&カーモデル]

タミヤのロングセラー人気キットの1/24、モーリス・ミニクーパー1275Sラリーが完成したので撮影ブースをセットして[カメラ]撮ってみました。

DSC00013.JPG
前回画像UP時のものが上手く撮れていなかったので撮影モードを変えて再UPしました。


DSC00003.JPG
カーモデルは前回製作したキットが何なのか記憶がサッパリないほど久しぶりの製作でした。

クラシックラリーカーで単色塗装、デカールも少な目、タミヤ品質ということで意外とブランクを感じずに製作できました。


ベテランモデラーの方には鼻で笑われそうですが少しカーモデルの醍醐味に惹かれるものを感じることができた良キットでした。


課題は色々とありますがカーモデルの特徴の一つであるボディの光沢(質感)の再現を勉強する必要がありますねぇ。


鏡面仕上げ、研ぎ出し、ウレタンコーティング等々挑戦してみたいことばっかりあります。


DSC00011.JPG


DSC00006.JPG

DSC00005.JPG
ドライバーやナビゲーターのフィギュアがあればレースシーンの再現とかできたのに・・ということで今回は汚し表現は一切なしです。(製作汚れは多数)



Mini-Cooper-S-Rauno-Aaltonen-1967-Monte-Carlo-Rally-winner-art-poster-print-2.jpg

DSCF0072.JPG
【キットについて】
アマゾンの商品説明によるとこのキットの発売日は1984年とのことです。


私が高校1年生のころですね(当時はガンプラをたまに作る程度の高校生活)

発売からもう30年以上経過していることになりますが今でも流通在庫が僅少となるとアマゾンでも驚くような価格で販売されていたりするほどの人気キットです。

実店舗で購入する際は定価(1900円程度)ですがネットで高値で買うとその倍ほどの価格で買っちゃたりするので注意


それほど人気のキットだけあって最新キットと比べても遜色ない優秀なキットだと思います。


タミヤってすごいなぁ~と改めて実感。


ラリーカーキットなので多くの補助ライト類や予備タイヤを載せたルーフキャリアといった外見に注目しがちですがこのキットは他のミニクーパーシリーズと同じくエンジン(本体、補器類)やサスペンション等を再現して楽しめる精密キットです。


実車に詳しい方なら細部をさらにディテールアップして楽しめそうです。


大雑把にいえばミニが動く仕組みがわかるようなキット。


実際には細部まで精密に再現してもほとんどが完成後には見えなくなってしまうのですが・・・



本気で作り込もうとすると大変なキットなのかもしれませんが私のようなカーモデル初心者でもタミヤ品質のおかげでそこそこの完成品を手にすることができます。


出来上がったものを私のように100均のケースに入れて部屋の片隅にでも置いておけばちょっとおしゃれな空間を演出・・・なんてたいそうなものでもないかぁ



でも小さな車体にラリー装備をまとった雄姿は”頑張ってる感”があって好きです

タミヤ 1/24 スポーツカー No.48 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S ラリー 24048 -


タミヤ 1/24 スポーツカー No.48 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S ラリー 24048 -




【実車について】


mini-rauno-aaltonen-03.jpg

1964~66年の冬のモンテカルロで優勝したミニクーパーですが66年の優勝は規定違反で失格となってしまいます。
翌年の1967年の同大会では再び優勝を飾ったのがこのキットの177号車。


AWD、ハイパワーな現在のラリーカーとは別の世界がかつてありました、クラシックラリーカーって最高[手(チョキ)]



DSCF0073-001.JPG

【タミヤ】『モーリス・ミニクーパー1275Sラリー』製作 その8 [自動車&カーモデル]

クラシックラリーカーキット タミヤの1/24スケース モーリス・ミニクーパー1275Sラリーの製作も今回で完成・終了となります。
残った小物パーツを取り付ける前にボディをできるだけピッカピカにするためにタミヤのモデリングワックスを使って磨いておきます。
タミヤ メイクアップ材シリーズ No.36 モデリングワックス 87036 -
タミヤ メイクアップ材シリーズ No.36 モデリングワックス 87036 -

1-IMG_5754.JPG

1-DSC01106.JPG
メッキパーツとなっているバンパー、フロントグリル、灯火類のカバーについてはメッキを剥がして塗装し直したりしないでそのまま使っています。
4連ランプのレンズは向かって右から3個まで曇ってしまったのでバランスをとるためクリヤーだった左端のランプのレンズをつや消しホワイトとつや消しクリヤーでワザと曇らせています

1-DSC01110.JPG
リアのコンビネーションランプの塗り分けは厳しかった
ランプの縁のシルバー、とランプ上側のクリアーオレンジ、下側のクリヤーレッドとこの小さいパーツで3色塗り分けです。


1-DSC01093.JPG
メッキパーツとフロントとリアの小物類を取り付け完了。

1-DSC01094.JPG
ルーフキャリアとプレートを取り付けて完成です

1-DSC01105.JPG
キットはルーフパーツが取り外し可能で完成後もインテアリアをじっくり見て楽しめるようになっていますが私は敢えて接着して固定しました。それほど気合を入れてインテリアは作り込んでいないので・・・
それでもこのようにウインドウ越にメーター類が確認できます。

【完 成】
1-DSC01095.JPG1-DSC01103.JPG
いろいろタッチアップ(細かい補修)をしたい箇所が散見されますがマクロ撮影で確認しないとわからないレベルの物は黙殺です。
あとで撮影ブースを出してきちんと撮影して記録に残しておきます。

ダイソーでちょうどよさそうなサイズのコレクションケースを買ってきました。
幅165mm奥行80mm高さ100mm(実測値)ほどのサイズのものです。
このサイズまでなら100円(税別)ですがこれ以上大きなものになると100円では買えません。

1-IMG_5756.JPG1-DSC01104.JPG
ミニクーパーにはぴったりのサイズでした。
台座に地面を再現すればもっとカッコよくなりそうですね。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
よろしければポチって応援お願いします

今回製作したキット自体はかなり古くから発売されていて現在でも再生産されているベストセラーキットです。
精密に再現されたエンジンルーム、当時としては実査でもまだ珍しかった4輪独立サスペンションの再現など今現在の基準でも十分ハイクオリティ―なキットです。組立説明書の通り忠実に製作しただけでも十分に満足の出来が期待できます。

タミヤではこのミニクーパーのバージョン違いが数種類あるので次回は一般仕様のものも作ってみたいです。
左右のドア、後部トランクを開閉可能にしたフルハッチオープンにも挑戦してみるのもいいかも?

タミヤ 1/24 スポーツカー No.39 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S Mk.1 24039 -
タミヤ 1/24 スポーツカー No.39 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S Mk.1 24039 -

タミヤ 1/24 スポーツカー No.130 1/24 モーリス ミニクーパー レーシング 24130 -
タミヤ 1/24 スポーツカー No.130 1/24 モーリス ミニクーパー レーシング 24130 -

タミヤ 1/24 スポーツカー No.235 1/24 オースチン ミニクーパー 1275S Mk.I 24235 -
タミヤ 1/24 スポーツカー No.235 1/24 オースチン ミニクーパー 1275S Mk.I 24235 -

【製作後記?】
今回はおそらく十数年ぶりのカーモデルの製作でした。
以前の職場が渋谷、恵比寿にあったので恵比寿駅前にあったカーモデル専門店のMr.CRAFTによく通っていたのでガンプラブーム以降はもっぱらカーモデルばかり作っていた時期がありますが青森に引っ越して十数年はまったくカーモデルは作っていなかったのでほぼ初心者からの再スタートでしたが改めてカーモデルのキモはボディの仕上がりだなぁ~と痛感しました。
ウレタンコート、やってみたいなぁ~

【タミヤ】『モーリス・ミニクーパー1275Sラリー』の製作 その7 [自動車&カーモデル]

タミヤの1/24モーリス・ミニクーパー1275Sラリーの製作の続きです。

前回は窓枠の塗り分けまででしたが今回はデカール貼り、ボディ塗装の仕上げ(クリアーコート)、窓ガラスのクリアーパーツ接着、シャーシとボディの組み合わせ、タイヤ装着と一気に進みます。

1-DSC01075.JPG
工作机の前のコルクボードにこんなイメージ画を貼ってテンションを上げています
(こういうの大切です)

1-DSC01073.JPG
前後フェンダーを取り付けサイドモールとフェンダーの縁をMrメタルカラーのアルミで塗り分けるのですがフェンダーのマスキングが大変そうなのでまたまた爪楊枝を使ってちまちまと塗料を乗せていきます。

1-DSC01074.JPG
爪楊枝のフリーハンド塗りだとだいたいこんな感じになっちゃうのではみ出し部分はセミグロスブラックのを面相筆で修正することにします(ただし限度あり)


【タミヤ】『モーリス・ミニクーパー1275Sラリー』の製作 その6 [自動車&カーモデル]

変形させてしまったルーフパーツがまだタミヤから送られてこないので今日の作業は窓ガラス枠の塗装までです
今回、タミヤには初めて郵便振替(振込)で部品請求しています。
事前に電話で確認したところ部品の在庫はあるとのことだったのですが振込日から1週間経過しましたがまだ届いていません。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
よろしければポチって応援お願いします
このキットの場合、フロント、リアガラスの窓枠はセミグロスブラック。左右のガラスの窓枠はクロームシルバーで塗り分けることになっています。

1-DSC01068.JPG
まずは左右のガラス枠のクロームシルバーをエアブラシ塗装で塗り分けるためのマスキングをして指定のクロームシルバーではなくMRメタルカラーアルミ(218)を使います。
Mrメタルカラーにもクロームシルバーもあるのですがタミヤの指定色のクロームシルバー(X-11)により近いのはMrメタルカラーのアルミの方に感じたので今回はこうしました。
左右のガラス枠は比較的モールドがしっかりしているのでモールドに合わせてデザインカッターで型通り切り抜きやすいので良かった。

1-DSC01071.JPG
Mrメタルカラーは塗装後に塗膜を
磨くことにより金属光沢を再現できる塗料です。
私の場合、綿棒を使って磨きました。

1-DSC01072.JPG
ホイールも同じMrメタルカラーのアルミで塗装しました。
アルミホイールであるなら正に”アルミ”色なので良いのですが、1967年当時のクラシックラリーカーでも現在のようにアルミホイールを履いていたのでしょうか?不明です。

1-DSC01070.JPG
一方、フロントとリアガラスの枠のモールドは甘いのでマスキングが大変そうなので筆塗りしてみました。
セミグロス(半光沢)なのに筆塗りすると私の場合どうしても光沢UPになっちゃいます。

こうしてマクロ撮影するとしっかりと塗れていない部分が多いですね(反省)
もう一度、タッチアップして綺麗に仕上げたいです。

【ウレタンクリアー】
他の方の作例記事をみてウレタンクリアー塗装の綺麗さに惚れ惚れとしているのですが臭いがかなりきつい様なので悩んでいます。
多分ウレタンクリアーで仕上げるようなキットはカーモデルしかないような気もするのでどうしようかな?
我が家の新築時に木部の一部(手の触れる場所)をウレタンクリアー塗装してもらっていますが15年経過した現在も綺麗な光沢を保っています(手入れも楽)。
ピッカピカのレースカーや市販車の綺麗なボディの光沢再現には最適ですよね~。

今回製作のこのキットでは通常のクリアコート仕上げにしますがウレタンコート導入は次回以降の検討課題ですね。
タミヤ 1/24 スポーツカー No.48 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S ラリー 24048 -
タミヤ 1/24 スポーツカー No.48 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S ラリー 24048 -

次回はボディにデカールを貼ってその上から再度クリアーを吹きます。
この作業、クリアーがデカールを侵して乾燥後にデカールがひび割れることもあるそうです。
ガンプラなんかは水転写デカールの上には水性トップコート(つや消し)を吹いて完成なのであまり気にしないのですがレースカーのボディに貼ってあるデカールって見せ場の一つだと思うので慎重に作業します。

【タミヤ】『モーリス・ミニクーパー1275Sラリー』の製作 その5 [自動車&カーモデル]

今日からボディの塗装作業開始です。
1-DSC01066.JPG
ボディカラーの赤色はMrカラーGXのハーマンレッド(GX3)を使います。

ラリーカーなのでそれほど塗装に気を使わずに済みそうなのですが
このミニクーパーにはよくあるスポンサーのデカールがほぼ皆無。
ワークスカーでBIGレースに参戦するならもっとあちこちにステッカーなど
ごちゃごちゃ貼っていてもよさそうですが・・・・
塗装の粗をデカールで隠せるのはドアに貼るゼッケン番号スペースくらい。



1-DSC01064.JPG
室内側は一部がフラットホワイトで塗り分けられています。

1-DSC01067.JPG
カーモデルのボディ塗装って光沢仕上げが基本なので神経を使うところです。
色ムラ、埃、塗料垂れなど油断大敵ですねぇ。
只今、1回目の全体塗装を終えた段階でこの後、塗料の乾燥を待って
塗装面のチェックをしたら2回目の塗装を実施します。
先日変形させてしまいタミヤに部品請求しているルーフパーツがまだ手元に届いていないのでここからは焦らずゆっくり作業を進めます。

タミヤ 1/24 スポーツカー No.48 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S ラリー 24048 -
タミヤ 1/24 スポーツカー No.48 1/24 モーリス ミニクーパー 1275S ラリー 24048 -

先日、製作の参考になる資料が掲載されていないかなぁ~と今更感を感じつつ雑誌Penのミニ特集号の古本を購入。昨日届きました。
1-IMG_5736.JPG
古いミニはBMC(ブリティッシュ・モーター・カンパニー)で新しいミニはBMW。
イギリスの国民車も今ではドイツのブランド。
EU離脱もしたくなるわけか?

1-IMG_5737.JPG
今でもラリーに出場しているクラシックミニ。

1-IMG_5739.JPG
キットのステアリングはこのタイプ?

1-IMG_5738.JPG
これこれ、探していた内装のカラー写真。
ダッシュボードの上面は赤色になっている(キットではセミグロスブラックで塗れとあります)。

模型製作の参考資料というよりはミニの素晴らしさを知らしめる特集記事構成でした。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
よろしければポチって応援お願いします

前の5件 | 次の5件 自動車&カーモデル ブログトップ