So-net無料ブログ作成

祝・優勝 やったぜ!川崎フロンターレ [日記]

ついに待っていた日が来たぁぁぁーーーーー[exclamation×2]

1-kft124-jpp025621889.jpg

2017明治安田生命J1リーグ 川崎フロンターレ 最終節での逆転優勝です[わーい(嬉しい顔)]

私はこの日を20年待ちました[たらーっ(汗)](1998年からのサポです)

生まれ育った地元。
川崎のサッカープロチーム。
川崎を離れた今も遠く青森の地から応援しています。


これで呪縛がとれて勝ち進む常勝軍団となって欲しい[黒ハート]

1-IMG_6496.JPG
やはりこのシーンは何度見ても泣ける[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]
[1][4]ケンゴに優勝を味あわせてあげたいは全川崎サポの想いでした。

1-IMG_6503.JPG

しかし本物のシャーレは鹿島の試合会場で代わりにボードとは・・・・
川崎サポ以外ほとんどの人が鹿島の優勝を疑っていなかったのはしょうがないかなぁ
そんな私も”まぁ鹿島かなぁ”と思っていました。
ここんところがサポ経験が長いと疑心暗鬼になりがちあるある。
この日の夜のNHK・BSのJリーグタイムは等々力から生放送でしたがちゃんとシャーレの本物が届いていました。

ここで私のレプリカユニコーナーです。
1-IMG_6570.JPG


私のレプリカユニコレクション。
ほとんど2000年以前のもの(その後青森に引っ越したため)

1-IMG_6525.JPG
これは私が試合をスタジアムで観戦し始めたころのもの。
20番のゼッケンは当時は長橋(ヤス)選手。
ちなみに現監督の鬼木さんもこのころは鹿島から移籍で中盤を構成。

このユニデザインは当時業務提携していた南米の名門グレミオと同じもの。
海外サッカーファンがみると余計に強そうにみえるらしい。
もちろん相手チームにも・・・
当時はJ2が無かったのでJFLからJへ直接昇格ができました。

1-IMG_6545.JPG
これはレプリカでなく本物のプラクティスジャージ。
等々力スタジアムの売店で福引で引き当てたもの

袖の番号が半分見えないけど19番は伊藤彰選手。

今シーズン途中・大宮の監督をやっていましたね。
会社の先輩の息子さんが通っていたサッカースクールが伊藤選手のお父さんが監督されていたっけ。

どこかで伊藤選手に会えればサインを入れて欲しいなぁ。
ヴァンラーレン八戸の監督になって欲しい。

1-IMG_6529.JPG
こちらは当時このような分割パターンは珍しかったユニ。
JFLからJ2にチームはカテゴリーが変わって(昇格ではない)袖にJのマークが・・
これはサポにとても嬉しかった。

確か会社の棚卸し作業で配送センターでこのユニを着て作業をした経験あり。
2018年シーズンはこのパターンのユニが復活するらしい。
個人的には一番フロンターレらしいと思うパターン。


1-top.jpg

最後に選手の皆さん、毎試合スタジアムで応戦してくれているサポの皆さん
スタジアムには行けないけど
TV中継の無い時はネットのスコアボードで熱心に観戦している地方のサポの分まで
これからも頑張てください。

nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。