So-net無料ブログ作成

クレオスのラインチゼル(替刃)とユニホルダーの組合せ [模型製作アイテム]

落として刃先を折ってしまったBMCタガネの代わりに注文した
新しいスジ彫りアイテムが届きました[わーい(嬉しい顔)]
1-IMG_5861.JPG
一見シャープペン?にしか見えないかもしれませんが三菱鉛筆のユニホルダーにエンピツ芯の代わりにクレオスのラインチゼル替刃(2.0mm)をセットしたところです。
現在、スジ彫りに使うポピュラーなアイテムはスジボリ堂のBMCタガネとクレオスのラインチゼルが検索でも多くヒットするので多分この2点がスジ彫りアイテムの双璧といってもいいのかも?
 
1-IMG_5862.JPG 
シャープペンの芯を出すようにユニホルダーのお尻をプッシュするとこのようにホルダー部分が飛び出します。
ここにラインチゼルの替刃を差し込みます。 
 
1-IMG_5864.JPG 
ラインチゼルの替刃をホルダーにセットしたところです。
自分の使いやすい長さにセットできます。
軸を挟んでいるホルダーはかなりしっかり固定してくれるので軸を眺めに出して使ってもぶれることなく使えました。
私はこのくらい(上の画像)長めの方がしっくりきます。 
 
ユニホルダーのエンピツ芯とラインチゼルの軸の太さがちょうどよい太さなのでこのような使い方ができます。
これを発見した人に感謝ですね!
専用ホルダーと刃がセットになったラインチゼルはセットされている刃が3mmの1種類のみなので他の刃のサイズを使いたい場合は別途替刃を買うことになるので少し余計な出費になります。
1/144のガンプラでは3mmのラインチゼルを使う機会は滅多にないと思われます。
2mmか1.5mmサイズが適当かと思うのですが・・・
 
1-IMG_5846.JPG
ラインチゼルの刃先は上の画像のようなカギヅメ型となっています。
BMCタガネの刃先(下の画像)とは形状がだいぶ異なっています。
これが実際の使い方に違いを生むのでBMCタガネに慣れている人はちょっと慣れるまで練習が必要です。
私もまだしっくりきません(慣れていない)
ただしこの形状ならBMCタガネでは御法度の少し押し戻して引いて彫るということもできるかも?
c24a9862df.jpg
▲BMCタガネの刃先(拡大)

【BMCタガネとの刃先の形状の違いを理解した使い方】
ラインチゼルの刃先は丸い軸の先端に刃が付いている形状でしかも刃の部分が極端に短くなっています。
直角の角にあるよな部分のスジ彫りをする際は角に対して垂直にスジ彫りをしようとすると丸い軸部分が当たってしまうので角に対して少し角度を付ける必要があります。
刃の最先端部分(内側に曲がっている先)が実際の作業をする際に刃先が当たっている部分を目視しにくいのでうっかりズレてスジ彫りしたりしそう(ラインチゼルを寝かし気味に使えば問題なし?)

これらの点は刃先が薄く細長いBMCタガネとは構造的に違うのでBMCタガネからの乗り換え組の人にとっては使い方に注意する点です。
逆にラインチゼルユーザーがBMCタガネに乗り換えるとその価格差に納得するのかも?

私の場合、今のところ使い始めて間もないので正直な感想としてはBMCタガネの方が少し素材も含めて優れている印象です。
ただし交換用刃先が安価なラインチゼルも魅力的で様々なサイズの刃先を揃えるのであればこのコスパは圧倒的です。 
※ユニホルダーはエンピツと同じ形状の六角形なので刃先をセットする際にホルダーの刻印がある面を基準に刃先が垂直になるようにセットすると使いやすいかもしれません。


 
Gツール GT65 Mr.ラインチゼル

Gツール GT65 Mr.ラインチゼル

 
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0