So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『メンフィス・ベル』 [飛行機プラモ]

先日、BSで映画『メンフィス・ベル』を観ました。面白かった[わーい(嬉しい顔)]

メンフィス・ベル [DVD]

[映画]第二次大戦中の 西部戦線1943年。米軍のB-17F爆撃機”メンフィス・ベル”号の25回目の出撃を描いた作品で、この25回目の出撃というのがポイント。

帝国陸海軍では考えられないのですが25回出撃した爆撃機の搭乗員はアメリカへ帰還できるということになっていてメンフィス・ベルのクルーにとってはこの25回目の出撃が最後の戦闘ということになります。当時、連合国の爆撃目標は次第にドイツ本土への空爆に移行、それに伴いドイツ軍の激しい抵抗により作戦参加機の帰還率が低下していく中での24回の帰還というのはまさに英雄的存在。是が非でも25回目の出撃も無事帰還してもらい国威発揚のシンボルにしたいという軍の思惑も・・(作品中に多くの国債を国民に買ってもらうためというセリフもあります)そしてメンフィス・ベルは25回目の爆撃地であるドイツのブレーメンへ10人のクルーを乗せ飛び立った・・・。

私が観た作品は1990年公開のイギリス映画ですが実は同名のドキュメンタリー映画が戦時中の1944年に公開されています。ということでこの作品は完全なノンフィクションではない実話を基にした作品ということです。

メンフィス・ベル (戦略爆撃機B-17) CCP-189 [DVD]

メンフィス・ベル (戦略爆撃機B-17) CCP-189 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 株式会社コスミック出版
  • 発売日: 2008/11/07
  • メディア: DVD
 
 
 ▲こちらがもとになったドキュメンタリー映画。  

モデラーとしてのみどころはズバリ!米軍爆撃機B-17Fフライング・フォートレス(撮影に使用された機体はB-17G)

機体内部の構造や乗員の配置、所作が良く描かれていて模型製作の資料としても一級。
個人的には上空を飛ぶ機体に及ぼす高射砲の与える影響というのが直撃しなくてもこんなに凄いのかと認識を一変させられました。弾の炸裂の衝撃でまるで荒れ地を走行する地上車両のように機体がバウンドしています。 

見たものに簡単に影響されやすい自分としては早速1/72スケールのキットが欲しい!となるのも当然・・・・なのですがこの手の爆撃機、1/72スケールといってもFlyingFortress=”空飛ぶ要塞”完成するとかなりの大きさになってしまいます。そうなると完成品を飾るスペースがなかなか見つかりません。我が積プラコレクションのAirfixの1/72ランカスター(ダムバスター)もこれが理由で積プラとなっています。

天井から吊るして飾るかなぁ~ちょっと考え直そうかというか当面我慢、我慢。
某ショップの通販サイトでドイツレベルの1/72キットが税送料込みで3150円で売っているんだけどなぁ[るんるん]

1/72 B-17F フライングフォートレス ノックアウト ドロッパー

1/72 B-17F フライングフォートレス ノックアウト ドロッパー

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

ACADEMY 1/72 B-17F メンフィスベル AM12495

ACADEMY 1/72 B-17F メンフィスベル AM12495

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー
1/72 B-17F メンフィスベル 04279

1/72 B-17F メンフィスベル 04279

  • 出版社/メーカー: ドイツレベル
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0