So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

精密ピンセット他を買いました。ついでにアレも・・・ [模型製作アイテム]

こん〇〇は[手(パー)]
いつもご訪問&アフェリエイトご利用いただきありがとうございます。

先日、突然、私のTポイントにYahoo!から期間限定ポイントで4,000円近く付与されました。
ヤフオクの代理落札した分のキャンペーンポイントか何からしいのですが(よくわかっていない)ポイントは期限内に消費しないと失効してしまうので買おう買おうと以前から思っていた精密ピンセットを1本買うことにしました。(期間限定ポイントってもう少し有効期限が長いといいのに)


1-DSC01525.JPG
購入したのはごく一般的なタミヤ製の精密ピンセットのツル首タイプです。

それほど高価なものではなく千円ちょっとで買えてしまうものですがこれまで100円ショップで買ったものを使い続けてきた私にとってはちょっとグレードアップです[黒ハート]
1-DSC01527.JPG

画像上側のピンセットが100円ショップで購入したツル首タイプのピンセットで下側が今回購入したタミヤの精密ピンセット。
この100円ショップのピンセットもそこそこ使える優れモノでしたがやはり先端の合いの精度が高くないのかよく挟んだパーツを飛ばしてしまうことがありました。
やはりこうして拡大してみると違いがはっきり判ります。
持った感触もタミヤの物は力の入れ加減がダイレクトに伝わる感じです(100円以上の価格の物はみんなこんな感じかも・・)

1/700スケールの護衛艦や駆逐艦を作る際に大活躍しそうです[わーい(嬉しい顔)]

今回のポイントを使った買い物はピンセット1本だけ買ったわけではありません。
利用したヤフーショッピングのお店では5000円以上購入で送料無料となるので期間限定ポイントに少し足していろいろ買いました。

私はフィギュア塗装をするわけでもないのに面相筆を使う場面が多いのですが今使っているお気に入りの筆が1本しかないので同価格帯の違うメーカーの物をお試しで買ってみました。
1-DSC01531.JPG
GSIクレオスのMr.ブラシ・面相筆(極細)です。

1-DSC01535.JPG
軸が”世界初のシリコングリップ”ということです。
持った感じは今まで使っていた木軸の物より少々重く感じます。

1-DSC01533.JPG
上側が今まで使っていたお気に入りの1本である精雲堂のコリンスキー毛の5/0 KSという品番のものです。
筆自体の長さはこれまで使ってきた精雲堂のものの方が長いようです。

穂先はクレオスの物が精雲堂のものの半分ほどの長さです。
クレオスの毛はPBTという化学繊維でコシが強いそうです。※パッケージ説明より
こうして見るとクレオスのものは筆というよりもペンに近い筆先なのでちょっと慣れが必要かも?
お次は最近話題のクレオスのMrセメントSP(スーパーパワー)です。
1-DSC01530.JPG
発売延期となっていたのですがつい最近出荷となりました。
あまりの人気で予約が殺到して急遽生産数を増やしていたとか・・・
この接着剤はこれまでも人気だった流し込みタイプの速乾型(MrセメントS)をさらに超速乾(SP)にしたものでこれを使えば超速乾という特徴を活かして合わせ目消し作業の時短になるそうです。
私も最近はタミヤの流し込み接着剤(速乾)ばっかり使って製作しているのでこれはかなり重宝しそうな一品です。

さてこれまでは模型製作アイテムが続きましたが

やはり衝動を抑えきれずに買っちゃいました・・・


1-DSC01529.JPG
RG ユニコーンガンダムです。
積みプラの中にHGUCユニコーンガンダムのユニコーンモードをすでに持っているのですがデストロイモードに変形できるギミックを搭載したキットが発売されないかなぁ~と思っていたらなんと製品化されました。
1/144というサイズで変形する(差し替えなしで)キットはこれが初だそうです。

RG(リアルグレード)+完全変形ギミックという価格に上乗せ全開モードというほどの価格ではないのも驚きです。(実売価格で3千円ちょっと)
これを作っちゃえばシナンジュも欲しくなっちゃうんだろうなぁとは容易に想像できます。

1-IMG_6265.JPG
デストロイモード時に使うのがこのクリアピンク(レッド)のパーツ。
紫外線ライトを照射すると発光するとか・・・(未確認)

1-IMG_6266.JPG
流石にRGキット。通常のRGキットのボリュームに加えて変形ギミック分のパーツも合わさりこれだけのランナー枚数。
今回は変形ギミック関連のパーツはABS樹脂が使われています。
最近とんと姿を見せなかったABSパーツも今回ばかりは使わざるを得なかったようです。
こうなると塗装をどうするか悩みどころ・・ABSパーツは基本塗装出来ないことになっています。
バンダイさんも無塗装で水性トップコート仕上げの簡単フィニッシュ製作法をパッケージでも推していますね。

現在、し掛かり中のキットが2つあるのでそちらを完成させてからですね。

[かわいい]最後までお読みいただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますので
よろしければポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

nice!(13)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -