So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

FSX OOM対策(効果なし?) [FSX(SteamEdition)]

こん〇〇は!いつもご訪問いただきありがとうございます。

今回もFSX(フライトシュミレータ―)の話題となります。
興味のない方にはまったく意味の無い内容で申し訳ありません。

前回はFSXのグラフィック性能を向上させるためにグラボ(中古品)を増設(結局、電源も新調)したということを書きましたが今回はちょっと深刻な問題についてです。

その前にFSXはフライト・シュミレーターソフトなのでメインの遊び方は自分で飛行機を操縦して仮想空間で楽しむことだと思うのですが私は最近、ほとんど操縦することはなくもっぱらAi機とよばれる自機以外に登場する機体の再現に夢中になっています。

空港に実在するエアラインの機体が駐機していたり離発着している姿を見るのは本当に楽しくて時間が経つのも忘れるほどです。(実際の空港の送迎デッキで飛行機を見ているのも大好きです)

FSXではデフォルトで登場する機体(操縦できる自機とAi機)は架空のエアラインのカラーリングのものばかりですが設定ファイルを書き換えたり追加したりすれば下の画像のような空港の風景も再現できるようになります。
bandicam 2018-05-10 12-52-38-427.jpg

成田空港の第1ターミナルの南ウイングにANA機が並んで手前の第2ターミナルのサテライトにはJAL機が・・

こうしてみると壮観ですね、ちゃんと各飛行機は時間が来れば滑走路へ向かい離陸していきます。


bandicam 2018-05-10 12-53-49-941.jpg
実際に存在するエアラインのこうしたAi機を登場させるにはtraffic.bglというファイルを作る必要があります。
traffic.bglは使用する機体、空港、運航スケジュールの3つのファイルを統合したものでファイル内容の設定にはFSXとは別にフリーウエアを使います。

基本的に各航空会社ごとにtraffic.bglファイルをつくることになるのですがとりあえず日本に就航しているエアラインを網羅しようとここ数か月少しづつファイルを作ってきました。(詳しいtraffic.bglファイルの作り方は別の機会に)

国内の航空会社のファイル制作を終えて海外の航空会社のファイルを作てFSXに読み込ませていると次第にメモリー不足で読み込み停止になることが頻発するようになりました。

スクリーンショット (103).png
FSXを起動させて任意の空港へ・・・とここで読み込みが停止するようになりました。
航空、地上、海上交通を読み込み中...で停止しているところを見るとAi機(航空)の設定ファイル(traffic.bgl)の読み込み時にメモリー不足(Out Of Memory),OOMエラーになっていると思われます。

メモリーが足りないのなら増設すれば・・・とは行かない問題がFSXにはあります。

FSXというソフトはMS(マイクロソフト)が開発・販売していた世界的ベストセラーソフトなのですが開発自体は今からもう10年ほど前に終了しています。
基本設計がよいのか長らく唯一無二のベストセラー・フライトシュミレーターだったからか今でも私のような愛好者が世界中にたくさんいます。
最近はSteamEditionというDL型の安価版もありますがこれも中身は昔のFSXのままです。
10年ほど前の技術がベースになっているために最新のPCで使う際には当時の技術がボトルネックになりいろいろと支障が出ているのも事実。

特に現在主流の64ビットには非対応で32ビットのまま[ちっ(怒った顔)](62ビットかなんてもうないでしょう)
これが標準で使えるメモリーの上限2GBという制限になっています。
2GBで高解像度のゲームをというのは流石に厳しいです。

10年ほど前にFSXが登場した当初は要求スペックが高すぎると購入を躊躇した身としてはこの10年という歳月のPC性能の向上は感慨深いものです。

このFSXが使えるメモリー制限がネックでいくら高性能なPCで動かしてもソフト側の制限で頻繁にOOM(アウト・オブ・メモリー)でFSXが停止してしまいます。

いくらPCのメモリー容量を増やしてもソフト側の仕様なのでどうにもなりません[たらーっ(汗)]

bandicam 2018-05-23 10-04-29-233.jpg

一般的に高精細な市販シーナリーを多くインストr-るしたりすると頻発するエラーのようですが私の場合、特に高精細な市販のシーナリーをインストしているわけでもなのにこのOOMが頻発するのはAi機を多く設定しているせいなのかも?
traffic.bglはテキストベースファイルなので大きなファイルでも7000KB程度だからメモリーに負荷がかかるほどでもないとおもうのですが・・・traffic.bglファイルの数を減らすと起動時にOOMエラーが発生せずにすんなり起動したりするのでやはりこれが原因か?

なんか他に問題があるのかと思い
・2GBのメモリー制限を4GBまで拡張するパッチファイルを当てたり
・マルチコアに対応していない初期設定をマルチコア対応に設定ファイルを書き換え
・仮想メモリ―(HDDに設定する仮想RAM領域)を増やす
以上のような対策をネットを通じて知り講じましたが解決には至りません。
(1GBのVRAM搭載のビデオカードも増設)

前述のtraffic.bglファイルの数を減らして更にFSXの設定画面でグラフィック設定を低く目にそれぞれ設定するとまぁまぁエラーがなく起動しますが納得いかないなぁ[もうやだ~(悲しい顔)]

テクノブレイン FSアドオンコレクション 東京国際空港2

テクノブレイン FSアドオンコレクション 東京国際空港2

  • 出版社/メーカー: テクノブレイン
  • メディア: CD-ROM
最近になって高精細な市販の羽田空港シーナリーが欲しくなっているのですが現状では起動しない恐れがあるので様子見です。

タグ:メモリ FSX
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -